2000年代

なかむらみなみ(ラッパー)…衝撃的な過去から現在まで




 

2015年に結成され、メンバーの脱退を経て2017年に再始動したヒップホップユニット「TENG GANG STARR」のMC「なかむらみなみ」さん。
彼女はラッパーとしてだけでなく、過去にはホームレスを経験するなど、驚くべき人生経験を持っていることでも知られています。

神奈川県藤沢市の辻堂をレペゼン(代表)するヒップホップ歌手(ラッパー)のなかむらみなみさん。
下の名前を「美波(みなみ)」であることは公言しており、本名は中村美波になるかと思います。

祖父は太宰治の門弟として知られる小山清に師事し、第67回芥川賞受賞作家でもある宮原昭夫さん。
祖母は美術教師をしていました。

そんな祖父母の間に生まれたのがみなみさんの母親です。
みなみさんの一族は数世帯の親戚が集まって暮らしていました。

母親は親戚中から将来を期待されていたと言います。
しかし、高校生の時に学校で大麻を売ったことが発覚します。
この事件がきっかけともなり、母親は親戚から冷遇されるようになりました。

その後、走り屋のチームに属し、そこのメンバーであった男性と結婚。
20歳の時にみなみさん、その2年後に息子(みなみさんの弟)が生まれるも、みなみさんが3歳の時に夫婦は離婚してしまいます。

離婚前から両親は自宅で大麻を栽培していましたが、その部屋を綺麗に片づけて、母親は2人の子どもと一緒に辻堂よりも山寄りの町にアパートを借りました。
そうして母親は昼間は家で睡眠を取り、夜遅くにまた別の男性と帰宅する生活を続けたのです。

そんな状況を知っていた近所の住人たちは、みなみの様子を見に来たリ、時には食事も用意してくれたと言います。
みなみさんが4歳の時には母親はみなみさんを連れて、クラブやホストクラブに通っていました。
みなみさんもクラブで母親と一緒に踊り、ホストのド派手な出迎えを楽しんでいたと言います。

ただ、このような生活をずっと続けられるわけではなく…
みなみさんが小学校に入るまでは、家族3人で住まいを転々としていました。
アパートに住めるのは良い方で、お金がなくなると車中泊だったと言います。

母親は昼の仕事を終えると、夜は娘と息子を連れてキャバクラに出勤。
同時にこの店のオーナーが薬物取引の元締めでもあったことから、母親は薬物売買にも力を入れていました。

そのため家の電話の横にはカラフルな錠剤がたくさんあったと言うみなみさん。
錠剤に関して母親は「元気が出るお薬だよ」と言っていたとか…

また、母親はみなみさんにお酒を飲ませたり、煙草を吸わせたりして、それを携帯電話で写真に撮って友達に見せびらかしてました。
時には薬もあったそうです。
この時の母親はすごく楽しそうで、みなみさんも同じように楽しんでいました。

一方、弟は生まれた時に肺炎をこじらせて、片方の肺を切除していたこともあり、そのようなことを母親はさせませんでした。
離婚前に夫婦で大麻を育てたのも、一人で薬を売り始めたのも、元はと言えば弟の医療費を稼ぐためだったのです。

しかし、そんな天真爛漫な母親が徐々に変化がしていきました。
あれだけお酒に強かった母親が一杯でろれつが回らなくなり、誰かれかまわず喧嘩腰で歯向かうようになったのです。
母親は酒と薬、そして男性にどんどん溺れていきました。

気付いたら、カッコいいお母さんが消えてました。みるみる痩せて変わっていった。なんか老化とは違って、体は萎んでるのに妙なエネルギーが暴発しまくる感じで。これは違うなって、子どもながらに思いました。

と語るみなみさん。

そうして母親が薬物の使用と売買で逮捕されるようになると、当時、親戚の家に住んでいたみなみさんは家を追い出されてしまいます。
そのため施設や道路で寝るなどホームレス生活を送っていたこともありました。

そのような中、みなみさんは小学3年生の時に、ひょんなことから辻堂で太鼓を習い始めることになります。
それから太鼓にのめり込んでいったみなみさんは、ほぼ毎日神社に通い詰め、太鼓以外の祭り文化にも造詣を深めて、今では子供たちに太鼓を教えるまでになりました。

この時の経験が生き、今でもみなみさんはお囃子(おはやし)の太鼓を叩いたり、リリックにも書いていると言います。
また、首に下げているこの木札は、所属している會長のもので裏に會長のお名前が彫られ、お守りにしています。

こうして周りの助けや自分がのめり込むものを見つけたみなみさんは徐々に環境も変わっていきました。
今ではkamui(3-i)さんと「TENG GANG STARR」の一員として活動しています。

みなみさんのラップには、ホームレスであったことや自分の母親のことなど過去の経験が語られていることもあり、「TENG GANG STARR」は必見です。
ちなみにみなみさんの母親は、薬物など依存症の回復支援施設(ダルク)に入所しており、この10年ほど会っていないと言います。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 如月琉(38歳)…高校は「弘前高校」と発覚!本名は卒業アルバムに…
  2. 森進一…緑内障を患い失明の危機に陥ったことがあった?!
  3. ナオミ・グレース…夫・松下進と福生市に住み続ける理由とは?
  4. 古尾谷雅人の息子・高藤疾土は父親の名前で再び役者を志す?!
  5. 奥野敦子(イリア)と山崎大輔の馴れ初めと結婚

関連記事

  1. 2000年代

    田村ゆかりの引退はなぜ…理由は心の問題だった?!

    愛称は「ゆかりん」、「ゆかり姫」…声優や歌手、ラジオパーソナリティ…

  2. 2000年代

    水嶋ヒロ…小説の裏話と現在の活動はどうなってる?

    2004年にモデルとして芸能界デビュー…

  3. 2000年代

    中村ゆうじ…大食い王の実況を引退した理由とは? !

    お笑いタレントでコメディアン、俳優に司…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    佳那晃子…借金4億の原因と返済までの日々を振り返る
  2. 1980年代

    美空ひばり…死因は癌(がん)ではなく間質性肺炎と肝硬変?!
  3. 2000年代

    桜田ひより…高校は東京だけど中学は横浜の鶴見中学だった?!
  4. 2000年代

    下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
  5. 1980年代

    中野浩一…嫁・小久保尚美との意外な馴れ初めとは?!
PAGE TOP