1970年代

八代英太…転落事故と畠山みどりの関係とは一体?!





本名は前島英三郎…
元は歌謡ショーの司会者として活躍し、第65・66代の郵政大臣を務めたのが「八代英太」さんです。

今回は1973年に下半身不随となった八代英太さんの転落事故の経緯と、畠山みどりとの関係についてご紹介したいと思います。




Sponsored Links

名前:八代英太(やしろえいた)
本名:前島英三郎(まえじまえいざぶろう)
生年月日:1937年6月2日(81歳)
職業:政治家、アナウンサー、タレント、大学教授
学歴:山梨県立石和高等学校

1975年8月6日午後6時、演歌歌手である畠山みどり(本名:千秋みどり、当時36歳)さんの自宅で突如、記者会見が開かれました。
畠山さんは「裁判で争うことになるなんて残念です」といって唇を噛みしめたのです。

その5日前、畠山さんはタレントの八代英太さん(本名:前島英三郎、当時38歳)から訴訟を起こされていました。

事件は2年前に起こった1973年6月3日のこと…
八代さんは愛知県刈谷市民会館で開かれていた畠山みどりショーに前座として出演していました。

畠山さんの衣装替えの間、八代さんは5人の有名歌手のモノマネをやることになっていました。
そして予定通り、1曲目のぴんからトリオの「女のみち」の伴奏が始まり、マイクから2、3歩下がった途端…
八代さんの姿は舞台から消えてしまったのです。

実はこのとき、舞台のセリが4.7メートルほど下げてあり、奈落に真っ逆さまに落ちてしまったのです。
畠山さんは次の出番で、そのセリに乗って舞台に登場する予定でした。

八代さんは胸椎骨折と脊髄損傷の重傷…
下半身不随となり、排泄も自分の意思ではままならない状態になりました。

そして事故から2年が経過した8月1日…
刈谷市、畠山さん、ショーを企画した子安興行社の3者を相手取り、八代さん側は1億4720万円の損賠償請求訴訟を起こしたのです。

2年待ってから裁判に踏み切ったのは体がどうなるかを見極めていたのと、刈谷市や畠山さんらから誠意ある対応がなかったというのが八代さん側の説明でした。

1974年3月、八代さんの代理人が畠山さんらに話し合いを求める内容証明を送りましたが、応じる姿勢を見せず、裁判を起こすしか方法がなかったというのです。

一方、被告となった畠山さんは自身に責任がないことを強調…
記者会見に同席した弁護士は「畠山さんはタクシーの客の立場」と説明しました。

つまり、畠山さんの乗っているクルマが八代さんをひいたとすると…
これが畠山さんの自家用車ならともかく、タクシーが起こした事故なら、その客にすぎない畠山さんには責任はないというものです。
責任はタクシーの立場に当たる会場側(刈谷市)にあるというのが畠山さん側の主張でした。

では、なぜ八代さんは畠山みどりさんを被告に加えたのでしょうか?
訴状には次のようにあります。

刈谷市民会館事務局次長が八代の出演中にセリを下げるのは危険と注意したのに、畠山は八代はプロだから大丈夫といった。
八代との十分な打ち合わせも怠っていた。

八代さんがセリを使うことを知らされたのは当日会場に着いてから…
しかも、モノマネの後半にセリが下げられると聞いていたのに、実際には1曲目から下げられていたのです。

裁判は長期に及びました。
双方の主張が食い違った上に、被告3者が責任のなすり合いをしたからです。

ようやく判決が出たのは1985年10月…
東京地裁は3者に7380万円の支払いを命じました。

被告側は控訴しましたが、東京高裁は和解を勧告し、1988年5月、刈谷市が7000万円、畠山さんが2500万円、子安興行社が500万円を八代さんに支払うことで決着したのです。
判決は、すでに事故から15年が経過していました。

車椅子の生活を余儀なくされた八代さんは、「お昼のワイドショー」に復帰…
「車椅子の司会者」として、1976年9月まで務めました。

その後は福祉の充実を訴え1977年7月、政治家に転身…
参議院議員3期、衆議院議員3期を歴任し、自民党政権下で第65・66代・郵政大臣を務めることとなります。

また、現在の八代さんですが、2014年には東南アジアの障がい者スポーツ振興に取り組む中で、日本財団駅伝準備室の室長に就任しています。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 川口浩…何度もがんに立ち向かうも「探検隊シリーズ」が終了する
  2. 大谷隆三・松竹社長が起こした放火事件の真相とは?
  3. 小林さやか(ビリギャル)の高校が名古屋の「愛知淑徳学園」で確定!?
  4. 木之内みどり…不倫・引退騒動から現在まで
  5. 富田靖子…自動車事故で筧利夫との熱愛が発覚する?!

関連記事

  1. 1970年代

    今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで

    日本のボサ・ノヴァバンド…女性1人に男性4…

  2. 1970年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1975年)

    大相撲では大関貴ノ花初優勝し、史上初の兄弟優勝…

  3. 1970年代

    さだまさし…相方の吉田正美と「グレープ」を解散する

    さだまさしさんがバイオリン、と吉田正美(現・吉…

  4. 1970年代

    島倉千代子…男に騙されて「人生いろいろ」だった件

    1977年2月24日に「守屋友健商事」という会…

  5. 1970年代

    平尾昌晃…幼妻(小沢深雪)との結婚から離婚まで

    布施明さんの「霧の摩周湖」や小柳ルミ子さん「瀬…

  6. 1970年代

    乙羽信子…映画監督・新藤兼人との結婚秘話

    愛称は「オカジ」…1978年1月に映画監督…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    安達祐実と井戸田潤…馴れ初めから結婚・離婚までの経緯
  2. 2000年代

    島田紳助の復帰は1000%あり得ない!?
  3. 1990年代

    ビートたけし…事故の会見でも語らなかった真相とは?!
  4. 1980年代

    永井真理子は現在もずっとミュージシャンとして活動中!
  5. 1980年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1988年度)
PAGE TOP