1990年代

加納典明が写真集「きクぜ!2」で逮捕された真相は如何に?!




 

1990年代に過激なグラビアで時代をリードした写真家の「加納典明」さん。
実は1995年2月に、名前を冠した月刊誌「THE TENMEI」の総集編「きクぜ!2」が、わいせつ図画に当たるとして逮捕されたことがあるのです。
さて、加納典明さんが写真集「きクぜ!2」で逮捕された真相とはどのようなものだったのでしょうか?

名前:加納典明(かのうてんめい)
生年月日:1942年2月22日(76歳)
職業:写真家、タレント、俳優、コメンテーター
所属:株式会社イシ
出身:愛知県名古屋市
学歴:名古屋市立工芸高等学校




Sponsored Links
 

1993年2月創刊の「テンメイ」は全ページ加納典明さん撮り下ろしのグラビアで構成したヌード雑誌でした。
「社会の中で去勢されてしまった」若者に対し、「俺の写真を通じて”精神的劣情”を取り戻してもらいたい」、「美しさより衝撃というものを表現していく」として刊行されました。

ヘア論争もありましたが、「毛という問題はいまさら眼中にない」というのが加納さんのポリシー…
創刊3号までは通常のヘアヌードと変わらない内容だったのですが、4号目から徐々に過激な内容となり、誌上にはひも状に食い込む水着や大股開きのアングルで撮られた写真が注目を集めたのです。

創刊の翌年である1994年7月11日…
警視庁は「テンメイ」に対してわいせつ図画販売の疑いで警告を発しました。
理由は、Tバックの水着を後ろ前にはいて食い込ませるなどの性的な刺激を強めているというような趣旨でした。

ところがこの警告は受けた加納さんは「青少年を勃起させるのが俺の仕事」と闘う姿勢を見せたのです。
「出版社の姿勢が後退したら仕事を降りる」、「警視庁が”加納も引っくくる”となったら裁判でトコトン闘う」とも語っていました。

しかし、警告から半年後の1995年1月24日…
警視庁は「テンメイ」の未公開カットも掲載された総集編「きクぜ!2」を摘発します。

加納さんの事務所と版元を家宅捜索、出回っている同誌の回収を指示しました。
これを受けて加納さんは「わいせつという概念で何かを守ろうとすることがわいせつなんだ。オレはそういう社会にケンカを売っていたい」と徹底抗戦を宣言したのです。

しかし、20日後の2月13日、台東区の略上で逮捕され、加納さんの強気は一転します。
逮捕された瞬間、「すいませんでした」とつぶやき、12日間の取り調べの後には「反省している。今後こういうことはしない」と謝罪したのです。

そうして略式起訴、罰金50万円で釈放されました。
加納さんはこのとき、「意気地なしとか何を言われてもしょうがない。逮捕された時、すぐ“謝っちゃおう”と決めてた」と釈明したのです。

釈放後は毒舌が復活し、取り調べの際、検事と「性器の範囲」について議論になって、医学書のコピーにマーカーで楕円を描いた図を見ながら笑い合った裏話も披露していました。

雑誌は休刊となったのですが、釈放当日には次のヘア写真集「前夜」の仕事を決めてもいました。
その後も写真家、タレントとして活躍し、2012年1月には40年前に撮影された原点とも言える写真を集めた写真集が発売されて話題にもなりました。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. Faylan(飛蘭)の自己免疫疾患ってどんな病気なの!?
  2. 佐良直美…現在は認知症を患っているという話は完全にガセ?!
  3. 華原朋美…ガス中毒騒動は自殺未遂だったのか?!
  4. 有安杏果…医師Kの名前は「児島直樹」(あんずクリニック院長)?!
  5. 猿岩石…ヒッチハイクは「ヤラセ」か「ガチ」か?!

関連記事

  1. 1990年代

    IZAM(シャズナ)…吉川ひなのとのスピード離婚

    吉岡美穂さんの夫で、恐妻家として再ブレークした…

  2. 1990年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1991年度)

    若貴・外人力士の進出で大相撲ブームが起き、写真…

  3. 1990年代

    高知東生は薬物で逮捕される前に東急に訴えられていた?!

    2016年6月24日に覚せい剤取締法違反(所持…

  4. 1990年代

    森本毅郎…「8日で4人と密会」のスキャンダルにも動じず

    ニュースキャスターの「森本毅郎」さん…テレ…

  5. 1990年代

    城達也…ジェットストリームの最終回で語った言葉とは?

    甘い声が魅力で「プラチナの低音」と呼ば…

  6. 1990年代

    舘ひろし…幸子夫人と結婚と子供に関して

    「西部警察」(1979年)や「あぶない刑事」(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 佐々木太一が合格したウィスキー最難度の試験MWとは?!
  2. 式守与之吉…休場の原因となった「ギラン・バレー症候群」とは?…
  3. 柴俊夫…嫁の真野響子との馴れ初めや結婚会見のサプライズとは?…
  4. 水原茂(元監督)…弟子・長嶋茂雄に見送られこの世を去る
  5. シャネルズ(CHANELS)改名の理由にシャネルは関係なかっ…
  6. 岡田彰布…嫁の大関陽子とは知り合って2ヵ月で結婚していた?!…
  7. 大林宣彦…肺がんをオプジーボで治療して効果テキメン?!
  8. さいたまんぞう…現在やっている野球審判のギャラっていくらなの…
  9. なかむらみなみ(ラッパー)…衝撃的な過去から現在まで
  10. 藤村有弘…天涯孤独の中、死去する?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    尾崎豊…死因の真相は何だったのか?!
  2. 1970年代

    倍賞千恵子…小宮氏とは格差婚が離婚の原因?!
  3. 2000年代

    吉澤ひとみ…現在の精神状態と経済状況は如何に?!
  4. 1970年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1975年)
  5. 2000年代

    ムーディ勝山…現在はイクメンしつつ再ブレイクの期待アリ?!
PAGE TOP