1980年代

宮川大助・花子の闘病の日々





夫婦漫才の大御所といえば、「宮川大助・花子」さん…
芸歴30年を超える長い活動の中で夫婦それぞれが重い病に倒れる試練がありました。

コンビ名:宮川大助・花子(みやがわだいすけ・はなこ)
メンバー:宮川大助(1950年10月3日)、宮川花子(1955年8月28日)
職業:漫才コンビ
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
結成年:1979年
在住:奈良県生駒市



Sponsored Links
 

1988年10月末、大助さん(当時38歳)の体調が悪かったのを心配したマネジャーが、病院に健康診断に連れていきました。
花子さん(33歳)は付き添いのつもりでついていったのですが、「ついでに検査を受けていきませんか?」と医師に言われ、バリウムを飲んで検査を受けたところ、胃にピンポン玉大の腫瘍が見つかったのです。
胃がんでした。

医者は大助さんに診察結果を告げます。
このとき大助さんは「しまった」と思わず叫んだといいます。

それまで10年近く多忙な漫才師として売れっ子の生活…
妻に無理をさせていなかったかと大助さんは自力を責めたのです。

大助さんと医師は「手術で取らなければならないポリープがある」とだけ告げることにしました。
ちょうど11月は年末年始番組の撮影ラッシュ…
まとめて収録をすませましたが、告知されていない花子さんは「ポリープなら正月明けに手術すればいいのに」といぶかったといいます。

花子さんが入院したのは11月21日…
手術は翌週の28日でした。
花子さんはラジオの収録を休めないという大助さんに「目が覚めたらあなたにそばにいて欲しい」とファクスを送っていました。

手術は成功…
目が覚めるとベッドの傍ら大助さんが見守っていたといいます。
病理検査の結果も良好で「99%転移の可能性なし」と診断されました。

しかし、手術はつらかったといいます。
花子さんは後に「痛い思い出しかない」と語っていました。

花子さんは1カ月入院…
その後、2カ目の寮養生活を経て復帰しました。

しかし、ここで夫婦の間に危機が訪れます。
うすうす病気に感づいた花子さんはヤケっぱちな気分になり、夜遅くまで飲み歩くこともしばしば…
この時の気持ちを花子さんは「生きてるうちに、やりたいことやったるってなってしまった」と語っています。

注意をする大助さんとの喧嘩が絶えなくなりました。
つかみ合いの喧嘩は日常茶飯事…
家の中は荒れに荒れたのです。

ついには花子さんが離婚届を突きつけるところまで行ったのですが、長女(漫才コンピ「さゆみ・ひかり」の宮川さゆみ)の涙を見た2人は我に返り、夫婦関係を修復しました。

そして手術から5年経過後の1993年、定期検査で転移は確認されず、「これでもう再発の可能はない」と花子さんには正式な病名が告げられました。
マスコミにがんだったことが正式に明かされたのは翌年2月になりました。

2007年2月、今度は大助さんに危機が訪れます。
大助さんは突然「頭の線がぶちっと切れた」ような感覚に襲われ、その次の瞬間に体がしびれ始めたのです。

病院に行くと脳出血との診断…
症状はどんどん悪化しました。

「今晩がヤマ」との医師の話を聞いた花子さんは、さゆみさんに「棺桶を2つ用意して」と言います。
大助さんが死んだら本気で後追い心中をするつもりだったそうです。

幸い翌日、大助さんの意識が戻り、夫婦の二人三脚でのリハビリの末、同年5月24日には舞台復帰を遂げました。
復帰後、大助さんは「病気のおかげで嫁さんに惚れ直し、新婚時代のような気分に戻れた」と語っています。
2017年には2人そろって紫綬褒章を受章し、ますます円熟の極みにある夫婦漫才を見せてくれています。



ピックアップ記事

  1. LIBERA株式会社(社長・羽布津康史)とローラと契約書に衝撃?!
  2. 辻岡義堂の実家はこのお寺だった?!その理由とは…
  3. 前田けゑ…遺産相続が理由で年収は6000万円に?!
  4. 白石ひとみ…業界引退後は脚本家として活躍中?!
  5. 渡辺謙…白血病の闘病と克服までの道のり

関連記事

  1. 1980年代

    初代・林家三平は死に際に「謎の輪っか」を握っていた?!

    テレビ時代の申し子と謳われ、テレビが生んだ…

  2. 1980年代

    内田裕也と樹木希林…馴れ初めから「なぜ離婚しない」がわかる?!

    芸能界きっての不思議な夫婦…なおかつ別居夫…

  3. 1980年代

    夏樹陽子…反対を押し切った結婚から泥沼離婚へ

    1984年1月26日…トップモデル出身の美…

  4. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1987年度)

    マイケル・ジャクソンが後楽園球場で来日コンサー…

  5. 1980年代

    竹下景子…旦那・関口照生との結婚までの馴れ初め

    女優でありながら、TBS系「クイズダー…

  6. 1980年代

    美空ひばり…死因は癌(がん)ではなく間質性肺炎と肝硬変?!

    愛称は御嬢(おじょう)…戦後の歌謡界を代表…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. misonoの旦那Nosukeの「精巣がんによる胚細胞腫瘍」…
  2. 北村匠海…父親が北村一輝っていうのは完全にガセ?!
  3. 小宮孝泰…病気説が出ている理由は何なのか?!
  4. 宮尾俊太郎を検索するとなぜ「真矢みき」の名前が挙がるのか?
  5. 飯田覚士…星野敬太郎の元妻・美紀と不倫関係がヤバい?!
  6. 飯田覚士…現在はボクシング塾を経宮している?!
  7. 石田たくみの実家「メロン農家」は茨城のここ!?
  8. 竹内まなぶの実家「スーパータケウチ」は茨城のここ!?
  9. 小園凌央の弟・隼輝は成城大学卒業後は芸能界デビューする?!
  10. 辻岡義堂の実家はこのお寺だった?!その理由とは…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    水嶋ヒロ…小説の裏話と現在の活動はどうなってる?
  2. 1970年代

    大信田礼子…都倉俊一との馴れ初めから結婚・離婚まで
  3. 2000年代

    清水宏保の再婚相手は苫小牧の看護師はガセ?!
  4. 2000年代

    田島寧子…水泳選手から女優に転身して現在は「派遣社員」?!
  5. 1970年代

    前田武彦のバンザイ事件と共産党の関係とは?
PAGE TOP