1980年代

宮川大助・花子の闘病の日々

夫婦漫才の大御所といえば、「宮川大助・花子」さん…
芸歴30年を超える長い活動の中で夫婦それぞれが重い病に倒れる試練がありました。

コンビ名:宮川大助・花子(みやがわだいすけ・はなこ)
メンバー:宮川大助(1950年10月3日)、宮川花子(1955年8月28日)
職業:漫才コンビ
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
結成年:1979年
在住:奈良県生駒市



Sponsored Links
 

1988年10月末、大助さん(当時38歳)の体調が悪かったのを心配したマネジャーが、病院に健康診断に連れていきました。
花子さん(33歳)は付き添いのつもりでついていったのですが、「ついでに検査を受けていきませんか?」と医師に言われ、バリウムを飲んで検査を受けたところ、胃にピンポン玉大の腫瘍が見つかったのです。
胃がんでした。

医者は大助さんに診察結果を告げます。
このとき大助さんは「しまった」と思わず叫んだといいます。

それまで10年近く多忙な漫才師として売れっ子の生活…
妻に無理をさせていなかったかと大助さんは自力を責めたのです。

大助さんと医師は「手術で取らなければならないポリープがある」とだけ告げることにしました。
ちょうど11月は年末年始番組の撮影ラッシュ…
まとめて収録をすませましたが、告知されていない花子さんは「ポリープなら正月明けに手術すればいいのに」といぶかったといいます。

花子さんが入院したのは11月21日…
手術は翌週の28日でした。
花子さんはラジオの収録を休めないという大助さんに「目が覚めたらあなたにそばにいて欲しい」とファクスを送っていました。

手術は成功…
目が覚めるとベッドの傍ら大助さんが見守っていたといいます。
病理検査の結果も良好で「99%転移の可能性なし」と診断されました。

しかし、手術はつらかったといいます。
花子さんは後に「痛い思い出しかない」と語っていました。

花子さんは1カ月入院…
その後、2カ目の寮養生活を経て復帰しました。

しかし、ここで夫婦の間に危機が訪れます。
うすうす病気に感づいた花子さんはヤケっぱちな気分になり、夜遅くまで飲み歩くこともしばしば…
この時の気持ちを花子さんは「生きてるうちに、やりたいことやったるってなってしまった」と語っています。

注意をする大助さんとの喧嘩が絶えなくなりました。
つかみ合いの喧嘩は日常茶飯事…
家の中は荒れに荒れたのです。

ついには花子さんが離婚届を突きつけるところまで行ったのですが、長女(漫才コンピ「さゆみ・ひかり」の宮川さゆみ)の涙を見た2人は我に返り、夫婦関係を修復しました。

そして手術から5年経過後の1993年、定期検査で転移は確認されず、「これでもう再発の可能はない」と花子さんには正式な病名が告げられました。
マスコミにがんだったことが正式に明かされたのは翌年2月になりました。

2007年2月、今度は大助さんに危機が訪れます。
大助さんは突然「頭の線がぶちっと切れた」ような感覚に襲われ、その次の瞬間に体がしびれ始めたのです。

病院に行くと脳出血との診断…
症状はどんどん悪化しました。

「今晩がヤマ」との医師の話を聞いた花子さんは、さゆみさんに「棺桶を2つ用意して」と言います。
大助さんが死んだら本気で後追い心中をするつもりだったそうです。

幸い翌日、大助さんの意識が戻り、夫婦の二人三脚でのリハビリの末、同年5月24日には舞台復帰を遂げました。
復帰後、大助さんは「病気のおかげで嫁さんに惚れ直し、新婚時代のような気分に戻れた」と語っています。
2017年には2人そろって紫綬褒章を受章し、ますます円熟の極みにある夫婦漫才を見せてくれています。



ピックアップ記事

  1. 長者番付からわかる芸能人の年収(1984年度)
  2. 飯島愛…死の真相は未だ明らかにならず
  3. 堺正章と岡田美里…離婚の理由と会見内容
  4. 林由美香…急逝の原因は何だったのか?!
  5. 前田真希…吉田裕との馴れ初めと二股疑惑も?!

関連記事

  1. 1980年代

    石原真理子のプッツン女優から現在まで…

    1980年の映画「翔んだカップル」(東宝)で準主役としてデビュー……

  2. 1980年代

    マリアン…現在は娘「ERICA」と「AMI」の裏方として活動している?!

    1980年代に人形のような可愛らしい外見にと、訛(なま)りと舌足らずな…

  3. 1980年代

    間寛平…アメマ裁判でも笑いをとる?!

    お笑いだけではなく、マラソンランナーとしても大気の間寛平さん。…

  4. 1980年代

    小柳ルミ子と大澄賢也…結婚式でダンスと濃厚キスを披露?!

    2007年に話題となった藤原紀香さんと陣内智則さんの「格差婚」…妻…

  5. 1980年代

    寺山修司はサイコパス?!明らかになった奇行の数々…

    1960年代から70年代にかけて劇団主宰者、映画監督、歌人、競馬評論家…

  6. 1980年代

    浅香唯…旦那・西川貴博との交際発覚から結婚まで

    3代目スケバン刑事といえば、ご存知「浅香唯」さんです。大西結花…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 三浦洋一…死因の「食道がん」を明かさずに舞台に挑んでいた?!…
  2. 金原あすか…現在は「愛内りりあ」に名前を変えて活動中?!
  3. 沖田浩之…自殺(死因)の理由は家系が関係していたのか?!
  4. 河相我聞…現在はラーメン屋を廃業して息子たちが活躍中?!
  5. 尾崎亜衣…彼氏との関係と今後の姉妹の活動について
  6. 工藤兄弟…今現在の姿は体操教室やサマーキャンプを主催している…
  7. 田村英里子…降りかかった事件の数々を振り返る
  8. 松田聖子…コンサート中に暴漢に襲われ怪我をする?!
  9. 今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで
  10. 野坂昭如と大島渚の殴り合いの原因は何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    隆大介…暴行事件は韓国でどのように報道されたのか?!
  2. 1990年代

    美川憲一…90年代に起きた度重なる盗難被害の内訳
  3. 2000年代

    秋吉久美子の息子(遊)の転落死から…
  4. 2000年代

    小林悠アナのセレブ男性はリカオンの河村蒼憧でほぼ確!?
  5. 1990年代

    三浦知良とりさ子…馴れ初めと田中律子との関係とは?
PAGE TOP