1980年代

宮川大助・花子の闘病の日々





夫婦漫才の大御所といえば、「宮川大助・花子」さん…
芸歴30年を超える長い活動の中で夫婦それぞれが重い病に倒れる試練がありました。

コンビ名:宮川大助・花子(みやがわだいすけ・はなこ)
メンバー:宮川大助(1950年10月3日)、宮川花子(1955年8月28日)
職業:漫才コンビ
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
結成年:1979年
在住:奈良県生駒市



Sponsored Links
 

1988年10月末、大助さん(当時38歳)の体調が悪かったのを心配したマネジャーが、病院に健康診断に連れていきました。
花子さん(33歳)は付き添いのつもりでついていったのですが、「ついでに検査を受けていきませんか?」と医師に言われ、バリウムを飲んで検査を受けたところ、胃にピンポン玉大の腫瘍が見つかったのです。
胃がんでした。

医者は大助さんに診察結果を告げます。
このとき大助さんは「しまった」と思わず叫んだといいます。

それまで10年近く多忙な漫才師として売れっ子の生活…
妻に無理をさせていなかったかと大助さんは自力を責めたのです。

大助さんと医師は「手術で取らなければならないポリープがある」とだけ告げることにしました。
ちょうど11月は年末年始番組の撮影ラッシュ…
まとめて収録をすませましたが、告知されていない花子さんは「ポリープなら正月明けに手術すればいいのに」といぶかったといいます。

花子さんが入院したのは11月21日…
手術は翌週の28日でした。
花子さんはラジオの収録を休めないという大助さんに「目が覚めたらあなたにそばにいて欲しい」とファクスを送っていました。

手術は成功…
目が覚めるとベッドの傍ら大助さんが見守っていたといいます。
病理検査の結果も良好で「99%転移の可能性なし」と診断されました。

しかし、手術はつらかったといいます。
花子さんは後に「痛い思い出しかない」と語っていました。

花子さんは1カ月入院…
その後、2カ目の寮養生活を経て復帰しました。

しかし、ここで夫婦の間に危機が訪れます。
うすうす病気に感づいた花子さんはヤケっぱちな気分になり、夜遅くまで飲み歩くこともしばしば…
この時の気持ちを花子さんは「生きてるうちに、やりたいことやったるってなってしまった」と語っています。

注意をする大助さんとの喧嘩が絶えなくなりました。
つかみ合いの喧嘩は日常茶飯事…
家の中は荒れに荒れたのです。

ついには花子さんが離婚届を突きつけるところまで行ったのですが、長女(漫才コンピ「さゆみ・ひかり」の宮川さゆみ)の涙を見た2人は我に返り、夫婦関係を修復しました。

そして手術から5年経過後の1993年、定期検査で転移は確認されず、「これでもう再発の可能はない」と花子さんには正式な病名が告げられました。
マスコミにがんだったことが正式に明かされたのは翌年2月になりました。

2007年2月、今度は大助さんに危機が訪れます。
大助さんは突然「頭の線がぶちっと切れた」ような感覚に襲われ、その次の瞬間に体がしびれ始めたのです。

病院に行くと脳出血との診断…
症状はどんどん悪化しました。

「今晩がヤマ」との医師の話を聞いた花子さんは、さゆみさんに「棺桶を2つ用意して」と言います。
大助さんが死んだら本気で後追い心中をするつもりだったそうです。

幸い翌日、大助さんの意識が戻り、夫婦の二人三脚でのリハビリの末、同年5月24日には舞台復帰を遂げました。
復帰後、大助さんは「病気のおかげで嫁さんに惚れ直し、新婚時代のような気分に戻れた」と語っています。
2017年には2人そろって紫綬褒章を受章し、ますます円熟の極みにある夫婦漫才を見せてくれています。



ピックアップ記事

  1. 斎藤ちはるの父親…アメフト選手の「斎藤伸明」はレジェンド!
  2. 瞳リョウ…今は六本木のキャバクラで働いている?!
  3. なべやかん…替え玉受験の真相と現在
  4. 広末涼子…早稲田大学入学で大騒ぎ!
  5. 中井美穂と古田敦也の馴れ初めと結婚まで

関連記事

  1. 1980年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1986年度)

    世界選手権自転車競技大会プロ・スプリントで、中…

  2. 1980年代

    永井真理子は現在もずっとミュージシャンとして活動中!

    1980年代後半から1990年代前半にかけて活…

  3. 1980年代

    和泉雅子…南極から北極に向けての冒険

    「愛称は珍獣ハンター・イモト」ことイモトアヤコ…

  4. 1980年代

    高部知子…元彼の写真流出から衝撃の展開を迎えていた件

    1983年には、穂積隆信の家族で実際に起きた非…

  5. 1980年代

    白石ひとみ…業界引退後は脚本家として活躍中?!

    宇宙企画の独擅場だった「美少女路線」に対抗して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 池田一真(しずる)の結婚相手は彼女と言われていた「大久保愛海…
  2. 賀来賢人と賀来千香子の関係図を書くとこんな感じになった件
  3. 牧瀬里穂…旦那・NIGOとの馴れ初めから結婚まで
  4. 可愛かずみ…プロ野球選手・川崎憲次郎のマンションで自殺する!…
  5. 松野大介…現在の活動と中山秀征との関係は?!
  6. 加賀まりこ…子供の死因は「前置胎盤」だった?!
  7. 伊丹十三…死因の真相は本当に写真週刊誌が原因だったのか?!
  8. 宅麻伸…賀来千香子との結婚で愛人(元カノ)の存在が発覚する?…
  9. 日高富明(TOMMY)…自殺(転落死)の真相とは?!
  10. 三宅健…モデルのプリシラをWiki風にプロフィール紹介してみ…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    加島祥造…妻と息子を捨てお手伝いさんと伊那谷で暮らす日々
  2. 1970年代

    さだまさし…相方の吉田正美と「グレープ」を解散する
  3. 2000年代

    堺正章と岡田美里…離婚の理由と会見内容
  4. 2000年代

    葵わかな…高校は「日出学園」ではなく「二階堂高校」だった?!
  5. 1990年代

    横山ノック…女子大生セクハラ事件の経緯と結末
PAGE TOP