1970年代

梅宮辰夫…クラウディア夫人と意外な馴れ初めとは?

今や俳優というより料理好きのバラエティータレントとして活躍する「梅宮辰夫」さん。
クラウディア夫人とは結婚して40年以上になりますが、2人がバツイチ同士で“でき婚”だったことを知る人はどれだけいるでしょうか。

名前:梅宮辰夫(うめみやたつお)
生年月日:1938年3月11日(81歳)
職業:俳優、タレント、実業家
所属:株式会社ピックルズ
出生地:ハルビン市
学歴:日本大学法学部(中退)




Sponsored Links
 

梅宮辰夫さん(当時34歳)とクラウディアさんがハワイ・カウアイ島の教会で結婚式を挙げたのは1972年3月20日のことです。
その日はクラウディアさんの28回目の誕生日でした。
その時すでにお腹に子どもを宿しており、5カ月目に入っていたのです。

東映のドル箱スターだった梅宮さんのプレイボーイ振りは有名で、当時は“夜の帝王”と言われていました。
何人もの女優と浮名を流し、夜の銀座を毎晩のように飲み歩いて、ホステスたちの間でも大変な人気だったのです。
時には、バーのマダムから婚約不履行で訴えられたこともあるほどでした。

1968年12月には銀座のクラブ「姫」のナンバーワンホステスDと結婚…
翌年2月、Dが流産すると夫婦関係は急速に冷えていき、同年5月に離婚します。
わずか半年の結婚生活でした。

梅宮さんはDと別れた後も銀座に通いつめ、高級クラブでホステスをしていたクラウディアさんと出会います。
これが2人の馴れ初めでした。
クラウディアさんはアメリカ人の母は幼い頃に亡くなり、ドイツ人の父の仕事の関係で来日していたのです。

ミッションスクールを卒業後、ファッションモデルをしている時に日本人男性と結婚しましたが、まもなく離婚して生活のために銀座で働くようになりました。
梅宮さんはそんなクラウディアさんの孤独な影に次第に惹かれていきます。

週の半分は彼女が住む六本木のマンションで過ごすようになり、結婚は時間の問題と思われました。
しかし、そうすんなりとはいかなかったのです。

理由は、梅宮さんの母親が猛烈に反対したからでした。
梅宮さんは、Dとの結婚を母親の反対を振り切って一緒になりました。
しかし、すぐ別れることになり、“言わないこっちゃない”という結果になったのです。

そのため、クラウディアさんの時は母親の承諾を得ないと結婚しないと決めていました。
実は梅宮さんは、母親にはなかなか逆らえなかったのです。

梅宮さんの父親は開業医(梅宮医院)…
母としては長男の梅宮さんが女医と結婚し、家業を継いでくれることを望んでいました。
しかし、クラウディアさんの妊娠が判明して母親も折れるしかなかったのです。

1972年8月20日出産…
逆子だったため、帝王切開を余儀なくされましたが、3460グラムの丸々とした元気な女の子でした。
ご存知のようにこの時に生まれたのが、現在タレントとして活躍する「梅宮アンナ」さんです。

出産を待つ梅宮さんはオロオロと落ち着かず、見かねた医者から精神安定剤を与えられたほどだったと言います。
娘が生まれると梅宮さんの生活は一変しました。

銀座に顔を出すことはほとんどなくなり、仕事が終わると自宅にまっしぐら…
牙を抜かれた梅宮さんは“夜の帝王”の称号を返上して“満点パパ”への道を歩んでいくのでした。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 野坂なつみ…おなじみの「インテリメガネ」は伊達だった?!
  2. 長者番付からわかるスポーツ選手の年収(2002年度)
  3. グループサウンズ「オックス」の失神パフォーマンスとは何だったのか?
  4. 生方恵一…紅白での「ミソラ発言」で豪邸を建てる?!
  5. 河合奈保子の現在と転落事故のいきさつを振り返る

関連記事

  1. 1970年代

    アグネス・ラムは現在もしっかりと稼いでいる?!

    2000年以降で話題を呼んだ黒船グラビアアイド…

  2. 1970年代

    加藤登紀子…夫は革命家・藤本敏夫で2人は獄中婚だった?!

    「おときさん」の愛称で親しまれているシ…

  3. 1970年代

    海原小浜の半生と孫のやすよ・ともこ

    上方漫才界の生き字引…1975年に「上方お…

  4. 1970年代

    田淵幸一…前夫人・谷口博子との馴れ初めから結婚披露宴

    “3代目ミスタータイガース”とも称され…

  5. 1970年代

    加賀まりこ…子供の死因は「前置胎盤」だった?!

    フランス・パリ15区出身の女優ブリジット・バル…

  6. 1970年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1979年度)

    インベーダーゲーム大流行し、SONYのウォーク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    黒田有と国生さゆりの破局は「犬と猫」が原因?!
  2. 1990年代

    豊川悦司と小島聖の結婚が破局した経緯を振り返る
  3. 2000年代

    ゆう姫(松田タ姫)…松田優作の娘はエレクトロニック・ミュージシャン?!
  4. 2000年代

    水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!
  5. 2000年代

    若村麻由美…元旦那・小野兼弘(宗教家)の死因が衝撃?!
PAGE TOP