1980年代

志穂美悦子…長渕剛との馴れ初め・結婚から現在





千葉真一さんが率いるJAC初の女優…
「女ブルース・リー」といわれ、アクションスターとして活躍した「志穂美悦子」さん。
彼女は1987年8月に1歳年下の長渕剛さんと結婚し、31歳で芸能界から引退しました。

名前:志穂美悦子(しほみえつこ)
本名:長渕悦子(ながぶちえつこ)
生年月日:1955年10月29日(62歳)
職業:女優・歌手・フラワーアーティスト
出身:岡山県西大寺市
学歴:中延学園高等学校



Sponsored Links
 

きっかけはTBSのドラマ「親子ゲーム」でラーメン屋の夫婦を演じたことでした。
ドラマでは2人の演じる壮絶な夫婦ゲンカが売り物となっていたのですが、1986年6月、撮影中に志穂美さんが骨折するアクシデントが起きます。

2人が口論からもみ合いとなるシーンで志穂美さんの手がテーブルにぶつかり、左手小指の付け根が真っ二つに折れてしまったのです。
そして、病院に向かう志穂美さんに長渕さんが付き添ったことが、付き合うきっかけになったというのですから、何が幸いするか分かりません。

事故から3カ月後の9月16日…
長渕さんのマンションから朝帰りする志穂美さんの姿が写真誌にキャッチされました。
この時は「熱が38度も出ちゃって、彼女は僕を必死に看病してくれました」と長渕さんは親密交際を否定したのです。

しかし、その1ヵ月後には共演する映画「男はつらいよ・幸福の青い鳥」の製作発表会見で、長渕さんは「盛り上がれば結婚ということになるだろうし」と一転、交際を認める発言をしたのです
志穂美さんも「私たちの交際は、みなさんに隠れてコソコソするようなものではありませんし、いつも堂々と付き合っていたいと思っています」と答えました。

結婚秒読みとみられていた2人の入籍は1987年8月29日…
仕事の都合で会見は別々だったのですが、入籍2日前の27日に会見した長渕さんは「3日前に婚姻届を“出しといてくれ”とスタッフに渡しました」と間もなくの入籍をぶっきらぼうな調子で報告、5分ほどで終了したのです。

一方、志穂美さんは翌28日の会見で「昨日の彼は…悪気じゃないのでどうか誤解しないように」とフォロー…
「彼のステージを早く彼の子供にも見せてあげたい。だから早く子供を産みたい」とのろけ、「クセのある男なので専業主婦したい」と仕事を大幅にセーブする意向も示しました。

当初、挙式を考えていなかった長渕さんですが、初婚である本穂美さんの希望で式だけは挙げることにしたのです。
志穂美さんは「芸能人としてでなく、普通の人としてひっそりと行いたい」と9月17日、千葉真一さんが修行した寺の近くにある奈良県天川村の天河大弁財天社で極秘挙式しました。

天河弁天は勝新太郎さんや沢田研二さんもお参りにいったという芸能の神様…
大阪からは3時間、最寄り駅からもタクシーで40分もかかる標高620メートルの山奥にあります。

早朝7時から始まった式に参列したのは、双方の両親と親しい知人だけ…
地元の人たちからも気付かれないまま式は1時間ほどで終わったといいます。

入籍時に志穂美さんの妊娠もウワサされましたが、マスコミの予想通り、翌1988年3月、志穂美さんは長女を授かりました。
その後、長男、次男と出産した志穂美さんは、惜しまれながら芸能活動を休止…
今はフラワーアーティストとして活動しています。

2017年1月10日にはテレビ朝日「徹子の部屋」に31年振りに出演…
番組では花活動家として活躍している志穂美さん自らが活けた“再会”と題した作品を使用しました。

また現在、長女の文音さんと長男のWA航RUさんは芸能界に…
次男の長渕蓮さんはレーシングドライバーして活動しています。



ピックアップ記事

  1. 若人あきらの失踪事件の真相は「シマ性健忘症」なのか?!
  2. 酒井法子…元夫と共に逮捕されるまでの一部始終
  3. 堀江しのぶ…死因の「スキルス性胃がん」を知らずにこの世を去る
  4. 宮沢りえの自殺未遂騒動に中村勘三郎は関わっていたのか?!
  5. SMAP解散の真相と最新の動向とは?

関連記事

  1. 1980年代

    三原じゅん子…暴行事件を起こし逮捕歴もあった?!

    元は女優や歌手として活躍していた「三原…

  2. 1980年代

    藤谷美和子…現在は小田原市内で徘徊している?!

    1978年に放送された人気学園ドラマ「…

  3. 1980年代

    ダン池田…暴露本を出した経緯とその後の人生について

    芸能界を振り返ると、清水富美加(千眼美…

  4. 1980年代

    樋口可南子・糸井重里…馴れ初めと略奪婚

    1980年代は、コピーライター、空間プロデュー…

  5. 1980年代

    シャネルズ(CHANELS)改名の理由にシャネルは関係なかった?!

    正式な解散はしていないものの、現在まで22年間、活動を休止している「ラ…

  6. 1980年代

    奥村雄大…座頭市での事故を経て現在は110キロの巨漢に?!

    座頭市シリーズといえば、「勝新太郎」さんのライ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 新田恵利…熱海の家は「伊豆山エリア」or「多賀・網代エリア」…
  2. 紺野美沙子…息子は慶應義塾大学を卒業している?!
  3. 金村義明…息子がキャディを始めたワケとは一体?!
  4. 紺野ぶるま…旦那はオードリー若林似の会社員?!
  5. 佐藤二朗…嫁のルミは息子に「オジサンみたい」と言われたことが…
  6. 清貴…LGBTをカミングアウトして本来の自分を取り戻す?!
  7. つちやかおり…娘(次女)は病気を乗り越えグラフィックを学んで…
  8. 山本譲二…交通事故で全治2ヵ月の重傷を負ったことがある?!
  9. 古尾谷雅人の息子・高藤疾土は父親の名前で再び役者を志す?!
  10. 王理恵…姉は理香で妹は理沙で2人とも一般女性?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    佐伯日菜子…DV夫・奥大介との離婚から現在まで
  2. 2000年代

    かとうれいこ…活動休止の裏側と現在
  3. 1980年代

    清水ひとみ…ストリップ界から姿を消して現在の行方は?
  4. 2000年代

    池山隆寛…息子が荒れてるってどういうこと?!
  5. 2000年代

    清貴…LGBTをカミングアウトして本来の自分を取り戻す?!
PAGE TOP