1980年代

ビートきよし…なぜ太田プロをクビになったのか?!

芸人でコメディアン、俳優としても活躍している「ビートきよし」さん。
一世風靡した漫才コンビ・ツービートとして、ビートたけしさんの相方と言った方が思い出す方も多いかもしれません。

また、ビートきよしさんと言えば、これまで所属事務所が転々としていた人物でもあります。
ライト企画に始まり、フリーから吉川事務所へ、その後は太田プロダクションを経てまたフリーとなりダテ企画へ、さらにはオフィス北野に誘われ、退社後はキャストパワーに業務提携という形になっています。

果たして、ビートきよしさんがこれほど事務所を転々とした理由は何だったのでしょうか。
今回は1986年に太田プロダクションを退社した時のエピソードを振り返ってみたいと思います。

名前:ビートきよし
本名:兼子二郎(かねこにろう)
生年月日:1949年12月31日(70歳)
職業:お笑い芸人、コメディアン、漫才師、俳優
所属:キャストパワー(業務提携)
出身:山形県最上郡最上町




Sponsored Links
 

当時、相方であるビートたけしさんはテレビに出る度に、相方のビートきよしさんをいじっていました。

クビになりやがって、バカな奴。

と。

ただ、ビートたけしさんのこういった暴言や虚言はいつものこと。
ビートきよしさんが当時所属していた太田プロダクションをクビになったことなど、誰も信じていなかったのです。

ところが、このビートたけしさんの言葉は本当の話でした。
実際にビートきよしさんは太田プロダクションをクビになり、フリーに転身していたのです。

理由はお金にだらしなかったからだと言います。
ビートきよしさんの凋落(ちょうらく)が始まったのは、ビートたけしさんが「オレたちひょうきん族」や映画「戦場のメリークリスマス」に単独出演し出した1982年頃のこと。

まず、ビートきよしさんのメディア出演本数が激減しました。
さらに弱り目にたたり目で、話題と言えば女子大生に50万円借りたの、ベンツのローンが未払いで不渡り手形を出したなど、不祥事ばかりが続いていたのです。

しかも、1984年にはスナック経営にも失敗。
あれよあれよという間に、ビートきよしさんの借金は総額数千万円にも上るという噂もありました。

このお金に対するだらしなさに太田プロダクションもサジを投げのだと言います。
その結果、1985年末に太田プロダクションがビートきよしさんに引導を渡したのです。

ビートきよしさんの方はと言えば、早速、都内に自分の事務所を設立。
今後もタレント活動を続けると宣言。

ただ、当時のレギュラー「街かどテレビ」と「スーパージョッキー」の2本のみ。
2本だけでは、借金の金利を払えるかどうかも疑わしいと言われていました。

けれども、そんなビートきよしさんに救いの手を差し伸べたのが、やはり相方のビートたけしさんでした。
当時でも15年間コンビを組んできた間柄であり、ビートきよしさんを見捨てなかったのです。

当時の大人気番組である「オレたちひょうきん族」に準レギュラーとしてビートきよしさんを出演させたのです。
さらに、

オイラは見捨てないよ。

ツービートは今後も存続させる。

とビートきよしさんを擁護したのでした。

二人の関係が続いていることは、2014年4月からビートたけしさんの事務所・オフィス北野所属となったことからもわかります。
ただ、ビートたけしさんの独立によって、2018年3月をもってオフィス北野から離れることになりました。

現在は女優の遠野なぎこさんやタレントの大島さと子さんなどが所属する芸能事務所キャストパワーと業務提携しています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 加山雄三…父・上原謙と共にホテルの経営破たんに頭を悩ませた日々
  2. 進藤晶子…飲酒運転疑惑から派生して不倫関係が暴露?!
  3. かとうかず子…現在から元夫(東国原英夫)の女性問題を振り返る
  4. 滝沢カレン…彼氏A君(実業家)の名前は「ゆうすけ」…って誰?!
  5. 河島英五…死因はエイズではなく「肝臓疾患」だった?!

関連記事

  1. 1980年代

    国広富之・水沢アキ…まさかの婚約破棄会見の真相とは?!

    俳優として今なお活躍中の「国広富之」さ…

  2. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1985年度)

    任天堂のファミコンが大流行し、映画「ビ…

  3. 1980年代

    新沼謙治…嫁の湯木博恵との馴れ初めから結婚まで

    演歌歌手で俳優でもある「新沼謙治」さん。世界一に4度君臨したバドミ…

  4. 1980年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1982年度)

    増田明美さんが中日ロードレースで20キロ1時間…

  5. 1980年代

    樋口可南子・糸井重里…馴れ初めから略奪婚まで

    1980年代は、コピーライターや空間プ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    三東ルシア…病気(膠原病)と戦いながら荒川区で店をオープンする?!
  2. 2000年代

    安藤聖は浮気で松田洋昌と離婚したって本当なの?!
  3. 1990年代

    華原朋美…ガス中毒騒動は自殺未遂だったのか?!
  4. 1980年代

    東てる美…元旦那の山辺信雄と23歳差で結婚する?!
  5. 1980年代

    峰竜太…浮気相手・朝比奈順子と妻・美どりとの和解
PAGE TOP