1980年代

林家しん平と桂木文…離婚会見で海老名香葉子が理由を語る?!




 

初代・林家三平さんを師匠に持ち、三題噺の天才とも称された「林家しん平」さん。
郷ひろみさんの恋人役に4万人の中から選ばれ、1978年のテレビドラマ「ムー一族」(TBS系)で芸能界デビューを果たした桂木文さん。

そんな二人は1985年に結婚するも、わずか7ヵ月で離婚したのです。
果たして、二人の離婚理由とはいかなるものだったのでしょうか。




Sponsored Links
 

名前:林家しん平(はやしやしんぺい)
本名:綱川千秋(つなかわちあき)
生年月日:1955年10月26日(63歳)
職業:落語家、映画監督、脚本家
出身:東京都杉並区高円寺
所属:落語協会
学歴:八王子工学院大附属高(中退)

名前:桂木文(かつらぎあや)
本名:蟹江文(かにえあや)
生年月日:1960年12月16日(58歳)
職業:女優、元アイドル
出身:愛知県名古屋市
学歴:東京都立代々木高等学校




Sponsored Links
 

1986年2月、落語家の林家しん平さん(当時30歳)と、女優の桂木文さん(当時25歳)が突然、離婚を発表しました。

1985年の正月に女優の岸本加世子さんの紹介で知り合い、しん平さんが桂木さんに一目惚れ。
口説きに口説いてゴールインしたというもので、桂木さんもしん平さんの一途さに惹かれたと婚約時代には語っていました。

そうして、1985年6月9日に師匠だった故・林家三平さん宅で祝言を行ない、7月19日に入籍したのです。

三平師匠の未亡人で、親代わりの海老名香葉子(えびなかよこ)さんの話では、1986年の2月にでも披露宴をやろうと思っていた矢先のことだったと言います。
まさに、約7ヵ月のスピード離婚でした。

離婚の記者会見が行なわれたのは、1986年2月10日の深夜、東京都台東区の故・林家三平さんの自宅でした。
当日、しん平さんは渋谷のライブハウス「エッグマン」で初ライブがあり、三平さんの妻・香葉子さんに付き添われた桂木さんだけが会見に臨んだのです。

そもそもの発端は、1985年の12月19日、些細なことからケンカをして桂木さんが家を飛び出したのが始まりでした。
会見でも、その理由は話してくれませんでしたが、話のよるとそれまでのわだかまりが一気に吹き出したというものだったのです。

離婚の原因については、ロごもる桂木さんに代わって、香葉子さんが、

しん平も大人ではなかったけれど、文ちゃん(桂木さん)も肉体的にも精神的にも、大人ではなかった。つまり女性になりきれなかったということですね。一緒にいれば、どうしても噛み合わない部分が…キズが深くならないうちに、ということです。

と、発言しました。

そして、

とにかく文ちゃんはぬいぐるみを抱いて寝るような本当にウブでかわいい子ですからね。

と、付け加えたのです。

記者たちの疑問は、香葉子さんの言う「肉体的にも大人ではなかった」という発言でした。
この辺りのことを聞くと、香葉子さんは、

文ちゃんを連れて、病院にも行きました。すごく自分は子どもなんだと文ちゃんは悩んでました。この件は、これで察してください。

とコメントし、さらに、

ちょっと早過ぎたんですね。いろいろな意味で成長しないうちに結婚してしまったのですから…

と、多くを語りませんでした。

桂木さんは時々唇を噛みしめながら、

私が全て至らなかった。しんちゃんをイライラさせて申しわけないと思っています。

彼にはもっと太って丈夫になれって言われました。

と、コメントしました。

これまで何度か二人の親を交えて関係修復の話し合いが設けられたようですが、どれも上手くいきませんでした。
どうやら二人の間には文字通り、大人の事情があったようなのです。

その後、しん平さんはタレントの高見恭子さんとも浮名を流したりもしましたが、再婚したという話は入って来ていません。

一方の桂木さんは離婚後も多数のドラマに出演していましたが、2002年以降からは活動している様子は見受けられませんでした。
一部では一般男性と再婚して、主婦をしているという話も出ていましたが、詳細は明らかになってはいません。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 大谷隆三・松竹社長が起こした放火事件の真相とは?
  2. 宮沢りえの自殺未遂騒動に中村勘三郎は関わっていたのか?!
  3. 竹内順平(立川志の輔の息子)は梅干しを全国広める会社の社長?!
  4. 宮川大助・花子…闘病の日々を乗り越えて
  5. タカダ・コーポレーションおやきにお金を貸してしまう理由とは?!

関連記事

  1. 1980年代

    甲斐バンド…1986年の解散理由に感動させられる件

    1974年のシングル曲「バス通り」でデ…

  2. 1980年代

    志村けんとビートたけしの有名な美談はガセだった?!

    日本のお笑い会の大御所、「志村けん」さ…

  3. 1980年代

    鳳蘭…医師の元旦那と離婚して娘2人を引き取る?!

    宝塚歌劇団の元星組トップスターで、現在…

  4. 1980年代

    牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで

    元プロ野球選手(投手)で、2005年から2006年まで横浜ベイスターズ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    麻丘めぐみ…結婚・引退から離婚・カムバックまでの経緯
  2. 1980年代

    ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立の背景
  3. 1980年代

    ビートきよし…なぜ太田プロをクビになったのか?!
  4. 2000年代

    ムツゴロウさん(畑正憲)…ライオンに指を噛まれた後も涼しい顔
  5. 1990年代

    円広志…パニック障害で番組降板
PAGE TOP