1970年代

勝新太郎…「影武者」降板の原因は何だったのか?!




 

不祥事を起こしながらも、多くのファンから愛された「勝新太郎」さん…
そんな勝さんに日本映画界を揺るがす大事件が起きたのは1979年7月のことでした。

黒沢明監督(当時69歳)がメガホンを取る製作費12億5000万円の戦国大作「影武者」で、主役に抜擢された勝さん(当時47歳)が突然、主役を降板したのです。
この降板劇の背景には一体何があったのでしょうか?

名前:勝新太郎(かつしんたろう)
本名:奥村利夫(おくむらとしお)
生年月日:1931年11月29日~1997年6月21日(享年65歳)
職業:俳優、歌手、脚本家、映画監督
出生地:東京市深川区(現・東京都江東区)
学歴:旧制法政中学校(現・法政大学中学高等学校)中退



Sponsored Links
 

初めて黒沢作品に出演する勝さんは武田信玄とその影武者の2役を演じるはずだったのですが、リハーサル2日目の18日に早くも黒沢監督と衝突してしまい…
その後、撮影現場に戻ることは二度とありませんでした。

原因は勝さんが「現場でビデオを回したい」と言い出したのが発端だったのです。
いつも自分の演技をビデオに収めて研究している勝さんは黒沢監督に直談判…
その申し出に黒沢監督は強い口調で「断る」と言った後、「ボクが見ているから必要ないでしょう」と続けたのです。

「あっちが世界のクロサワなら、オレは天下の勝新だ!」と不満を露わにした勝さんが黒沢監督の目を射るように見ると、黒沢監督も負けずに睨み返し、「気に入らないのか!」と吐き捨てました。
その言葉にカッとなった勝さんは、後ろも振り返らずスタジオを出ていってしまったのです。

勝さんは衣装部屋に戻ると衣装を脱ぎ捨て、カツラもむしり取り、外に止めてあった自身のワゴンカーに立てこもりました。
プロデューサーが車内に入り、説得に当たったのですが、勝さんは「帰る」の一点張り…
事情を聴いて、さすがにこれではまずいと思ったのか、黒沢監督も勝さんのいる車に乗り込みました。

黒沢監督の顔を見ると勝さんは「こんな気分では芝居はできない」と言いました。
だいぶ落ち着き、自分の方から折れようという気持ちに傾いていたのですが、黒沢監督が来たからといって急に軟化するわけにもいきませんでした。

ところが、勝さんの言葉を聞くと黒沢監督は冷徹に「それならやめてもらうしかないな」と言い放ちます…
車を降りていこうとする黒沢監督に、勝さんは立ち上がり、殴りかかろうとしました。
ここは小柄なプロデューサーが必死になって勝さんを羽交い締めにして、なんとか押し止めたといいます。

実は、この時点ではまだ降板が決定的だったわけではありませんでした。
黒沢監督は勝さんが謝れば許す気で、勝さんもこんな低次元のケンカで降りるのはバカらしいと考えていたのです。

しかし翌19日朝、スポーツ紙が事件を詳しく報じたことで関係修復の機会は完全に失われてしまいます。
勝さんに惚れ込んで起用を決めて絵コンテを何十枚も描き、影武者のイメージも出来上がっていましたが、表沙汰になった以上、勝さんを許すわけにはいかなくなってしまいました。

その日の午後6時、黒沢監督は記者会見を開き、勝さんの降板を発表…
その最中に黒沢監督のマネジャーが仲代達矢さんに電話し、勝さんの代役を頼みました。
一方、同日午後8時から会見を開いた勝さんは記者から「未練はないのか?」と問われると言葉に詰まり、30秒近くも沈黙しました。

仲代さん主演の「影武者」は1980年に公開され、カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞…
当時、邦画としては過去最高の配収を記録しました。
勝さんの逃した獲物はあまりに大きかったと言えるでしょう。






Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 木之内みどり…不倫・引退騒動から現在までを振り返る
  2. コロッケ(ものまね)…嫁の辻真理子と子持ち再婚していた?!
  3. 田中萌アナ…現在は加藤泰平との不倫報道が嘘のように復活している?!
  4. こまどり姉妹…現在は占い師としてどこで活動しているの?!
  5. 鶴田浩二…襲撃事件の背景には何があったのか?!

関連記事

  1. 1970年代

    松本 ちえこ…妊娠騒動で「清水国明」の名前が出る?!

    友達と歌番組の見学に行った際にスカウトされたこ…

  2. 1970年代

    イワイガワ・ジョニ男のタモリがキレた話に仰天!

    浅井企画所属のお笑いコンビ「イワイガワ」の岩井…

  3. 1970年代

    舟木一夫…失踪と自殺未遂を経て現在に至る

    橋幸夫さん、西郷輝彦さんとともに"御三…

  4. 1970年代

    初代・引田天功の死因と生前の女性問題が衝撃?!

    「死のジェットコースター大脱出」に「死…

  5. 1970年代

    今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで

    日本のボサ・ノヴァバンド…女性1人に男性4…

  6. 1970年代

    ゴールデンハーフ…エバ・マリア・ルナの現在とは?

    全員がハーフ(という設定)の女性アイド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  2. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  3. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  4. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  5. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  6. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  7. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  8. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
  9. 竹中直人と美保純が過去に熱愛宣言をしていた件
  10. 木の実ナナの妹・木の実まこの結婚秘話とは?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    畠山愛理(新体操)の山本湧との熱愛報道から現在まで…
  2. 2000年代

    峯田和伸(銀杏BOYZ)が実家「峯田電器」を継がなかった理由とは?
  3. 2000年代

    草彅剛…全裸泥酔騒動の経緯がこれだ!
  4. 2000年代

    きつね(芸人)の大津がニューハーフと付き合ったワケとは?!
  5. 1980年代

    松田優作…死因となった膀胱がんが発覚するも命がけで撮影に挑む!
PAGE TOP