1970年代

前田武彦のバンザイ事件と共産党の関係とは?





愛称は「マエタケ」…
ひょうひょうとした調子の名司会で人気だった「前田武彦」さんの一生を決定づけた「バンザイ」事件をご存知でしょうか。

名前:前田武彦(まえだたけひこ)
生年月日:1929年4月3日~2011年8月5日(享年82歳)
職業:タレント、放送作家、司会者
所属:三桂
出身:日本東京府東京市芝(現・東京都港区)
学歴:立教大学経済学部(中退)



Sponsored Links

騒動が起きたのは、今太閤の田中内閣が支持を落とし、革新勢力が躍進る政治状況の中でのことでした。
1973年6月17日…
青森と大阪で行われた参院補選は激戦となりました。

とりわけ2年前に黒田革新府政が誕生し、前年の総選挙で共産党が衆院の全6選挙区で議席を確保した大阪は、160人の国会議員を前日に送り込む熱の入れようでした。
インフレ退治に失敗し、国民にソッポ向かれ始めた田中内閣にとって、議席の死守は最重要課題だったのです。

その翌日、生放送の番組終了間際に”事件”は起きました。
23時ちょっと前…
フジテレビ系の人気歌番組「夜のヒットスタジオ」のエンディングテーマが流れ出した時のことでした。

突然、司会の前田武彦さんが、両手を高く上げ「バンザーイ、バンザーイ」と繰り返したのです。
出演者やスタッフ、視聴者は何のことかわからず、キョトン…
これが後に大問題となり、3カ月後、前田さんは番組から降ろされてしまいます。

バンザイは共産党に向けてでした。
翌日開票の大阪補選で、共産党の沓脱タケ子さんが当選…
1議席を争う国政選挙で共産党が自民党を破ったのは初めてのことだったのです。
そして前日応援に駆けつけていた前田さんは、沓脱タケ子さんに「当選したら月曜日の生放送中に何かやりますから」と約束していたのです。

当時の前田さんと言えば、「ゲバゲバ90分」や「笑点」の司会を務め、「夜ヒット」でも最盛期に40%を超える視聴率を叩き出した人気者…
確信犯とはいえ、党名を出したわけではありません。
局内では「数字のとれる司会者」との評価が定着しており、番組の現場は「おとがめなし」に傾いていました。

しかし、7月に事態急転します…
女性誌が前田さんの「共産党バンザイ事件」と報じ、フジテレビ社長の鹿内信隆氏の耳に入るところとなったのです。

鹿内氏は経済団体の労務担当とし労働組合つぶしに奔走した人物…
グループの産経新聞で大々的に反共キャンペーンを張ろうとしていた矢先のことでした。

事実を知った社長は激怒…
そのため前田さんの追放が決まってしまったのです。
当時、超ワンマンの鹿内氏の命令には誰も逆らえず、前田さんは9月いっぱいで降板することとなりました。

同時にコンビの芳村真理さんも降板…
「マンネリ化してきたのでイメージチェンジを図る」というのが表向きの理由でした。

前田さんにとって不幸だったのは、話がフジテレビだけで済まなかったこと…
他局の番組からも次々に降板させられ、数年にわたってテレビから姿を消したのです。

その後の前田さんですが、1980年代になって徐々にテレビに復帰…
俳優としても活動を続けていました。

しかし、2011年7月末に突如体調を崩し、8月5日に82歳で惜しまれながら他界されます。
そうして、あのマエタケ節は二度と聞けなくなったのです。



ピックアップ記事

  1. ソルティーシュガー…池田謙吉と「走れコウタロー」の誕生秘話
  2. 野村宏伸…年の差15歳で結婚した相手は「木下省子」?!
  3. 梅宮アンナと羽賀研二が別れた理由を2017年に再調査してみた件
  4. 長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1995年度)
  5. 嘉門洋子(オフィス27)の薬物疑惑から現在

関連記事

  1. 1970年代

    南沙織と篠山紀信…馴れ初めから結婚に至るまでの経緯を暴露?!

    沖縄が本土に復帰した1972年の前年に、母親と…

  2. 1970年代

    弘田三枝子…不倫相手の妻に刺されても懲りずに不倫

    1977年1月25日午前6時を少し回ったばかり…

  3. 1970年代

    萩本欽一…奥さんとの馴れ初めが感動する件

    日本野球連盟茨城ゴールデンゴールズの初代監督で…

  4. 1970年代

    風吹ジュン…若い頃におきた「拉致監禁騒ぎ」とは?

    ユニチカの初代マスコットガールから歌手デビュー…

  5. 1970年代

    辰吉丈一郎…子供の頃に宇宙人に出会って強くなった?!

    第50代日本バンタム級、第18代・第24代WB…

  6. 1970年代

    加藤登紀子…夫は革命家・藤本敏夫で2人は獄中婚だった?!

    「おときさん」の愛称で親しまれているシンガーソ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    安藤美姫…コーチで恋人とされたニコライ・モロゾフとの関係
  2. 1960年代

    八千草薫…結婚式で語られた夫の言葉
  3. 1970年代

    野口五郎がケイや斉藤慶子と結婚しなかった理由とは?
  4. 2000年代

    戸田蔵人…2008年の事故と裁判の結果
  5. 1970年代

    テレサ・テンのパスポート偽造事件の真相とは何だったのか?
PAGE TOP