2000年代

Faylan(飛蘭)の自己免疫疾患ってどんな病気なの!?





2016年1月27日に自己免疫疾患の治療と長期療養のために一時活動休止を発表した(2016年9月2日に復帰を発表)のが、アニソンやゲームソングの主題歌を歌う歌手「Faylan(飛蘭)」さんです。

名前:aylan(フェイラン) ※飛蘭(~2015年9月1日)
生年月日:5月8日生(年齢非公開)
出身:埼玉県熊谷市
職業:歌手、作詞家
所属:株式会社S(エス)

Faylan(飛蘭)さんは沖縄アクターズスクールインターナショナルの東京校にてダンスを覚え、その後、ミューズ音楽院にて歌や作曲の基礎を学びます。
当時の同級生には作曲家・編曲家である藤間仁さん(34歳)が同級生であり、その後の楽曲提供なども受けていました。

ミューズ音楽院を卒業してからは、「飛蘭」として主にPCゲームの主題歌を歌手として、ソロ活動を行っていました。
そうしてFaylan(飛蘭)さんが2009年7月22日に、シングル曲「mind as Judgment」でメジャーデビュー…
以降もテレビアニメやゲームの主題歌などを歌ってきました。
また2015年9月1日には、それまでの「飛蘭」から「Faylan」に、名前を改名しています。

そんなFaylan(飛蘭)さんが自己免疫疾患の治療と長期療養をとったのが2016年1月27日でした。
自己免疫疾とは文字通り免疫の病気を指します。

通常、免疫系は体の中に入って来た異物などの侵入者に対して、排除や攻撃するといった防衛本能が働きます。
しかしこの免疫の仕組みが狂ってしまうことがあり、体の免疫系が通常であれば反応しない正常な細胞や組織に対してまで過剰に反応し、攻撃を仕掛けてしまうことがあるのです。

これが自己免疫疾という病気で、免疫系が敵か味方か見分けがつかず、大きく「臓器特異性自己免疫疾患」と、「全身性自己免疫疾患」の2種類に分けられます。
また自己免疫疾患は神経や消化器官、血液や皮膚、目や耳など、体のあらゆる場所に発症する病気です。

しかし、そんなFaylan(飛蘭)さんも2016年9月2日に復帰を発表…
どうやら、少しずつでも活動を再開されているようです。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 林由美香…急逝の原因は何だったのか?!
  2. 秋野暢子…若い頃に「卵管狭窄」という病気を疑われたことある?!
  3. 三浦浩一の息子(長男・次男・三男)がこれから大活躍?!
  4. 市川猿翁と元妻・浜木綿子…45年前の離婚劇の真実
  5. 美川憲一…若い頃に薬物(大麻・覚せい剤)で逮捕されていた?!

関連記事

  1. 2000年代

    飯島愛…「プラトニック・セックス」で衝撃告白?!

    2008年のクリスマス、自宅マンション…

  2. 2000年代

    里谷多英…公然わいせつ事件から現在までを振り返る

    女子として冬季五輪初の金メダリストであ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    サンプラザ中野くん…結婚発表時には2歳になる子どもがいた?!
  2. 2000年代

    フットボール・リークスとは?過去の公開情報に驚愕?!
  3. 1980年代

    沖雅也…死因(自殺)の原因は「うつ病」だったのか?!
  4. 1980年代

    MALTA(サックス奏者)…4度の離婚と5回の結婚の経緯とは?!
  5. 1970年代

    千葉真一と野際陽子…馴れ初めと離婚理由は何だったのか?
PAGE TOP