1990年代

森下くるみ…引退後の現在はサブカル文化人として活躍中?!





「元セクシー女優」と呼ぶ以外に、現在の「森下くるみ」さんの肩書きを、どう表現すれば良いのでしょうか。
女優として様々な映画に出演し、複数の書籍も出しています。
やはり、女優と文筆家という言葉が一番合っているのかもしれません。

名前:森下くるみ(もりしたくるみ)
生年月日:1980年3月4日(38歳)
職業:セクシー女優、作家
出身:秋田県秋田市
学歴:秋田県立秋田工業高等学校




Sponsored Links
 

そんな最近流行の「おしゃれサブカル文化人」というカテゴリーに入れられることもある森下さんは、セクシー女優を卒業後、他の女優とは一線を画す人生を歩んでいる点で稀有な存在かもしれません。

実は森下さんを語る場合、忘れてはいけないことがあります…
それは業界がレンタルからセルの時代になってから、彼女が最初のセクシー女優界のアイドルだったということです。

なぜなら、高橋がなり氏率いるSODがUBUレーベルを起ち上げ、最初に業界に送り込んだのが森下くるみさんでした。
インディーズメーカーが発掘して育て上げた、アイドル系セクシー女優の第1号だっだのです。

1998年のデビュー作「うぶ」はかなりの反響を呼び、森下さんはSODを超えてセル業界全体のPRにも大きく貢献することになります。
素朴で純情、愛くるしいルックスに加えて、雪国生まれらしい透き通るような白い肌が、多くのユーザーを虜にしました。

インディーズメーカーでは珍しく、森下さんの契約は、12本もの大型専属契約だったのです。
人気を得た森下さんは、セクシー女優だけでなく、雑誌のグラビアにも多数登場…
さらに映画やサブカルチャーに精通する知的な面も知られることとなりました。

2002年にはSODを離れ、監督のTHOJIROが設立した新メーカー・ドグマの専属女優となりますが、このTHOJIRO監督と一緒の期間に、セクシー女優としての黄金時代を築くことになります。

引退は2008年(2011年11月に引退発表)…
およそ10年もの長期に渡ってセクシー女優として活動したわけですが、引退に前後する形で、森下さんは複数のエッセイや小説などを発表しました。

小説では、「硫化水素」、「ダリア」、「バニラ」、「虫食いの家」、「すべては『裸になる』から始まって」があるのですが、映画に関しても雑誌などで評論を書いています。
ちなみに、好きな映画監督はチリ出身のアレハンドロ・ホドロフスキー氏で、ミュージシャンではキース・ジャレット氏、友川かずき氏、キング・クリムゾン氏だそうです。

2015年に結婚し、息子を出産…
最近でも、映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」(2016年)などに出演し、現在は子育てをしながら執筆活動などに励んでいます。

ツイッターでは、様々な含蓄ある言葉を連ね、文化的に有益な情報をピックアップしているので、是非ともフォローして今の森下くるみさんに触れて欲しいと思います。

■笠木忍…現在は御徒町のスナックで指名待ち?!

■紋舞らん…突然の失踪・引退から現在の状況とは?!

■君島かれん(年齢21歳)が月島かれんという噂は本当?!




Sponsored Links
 



Sponsored Links
 

ピックアップ記事

  1. 志村けんとビートたけしの有名な美談はガセだった?!
  2. 中島知子の洗脳・家賃滞納騒動から現在
  3. 八代英太…転落事故と畠山みどりの関係とは一体?!
  4. 中井美穂と古田敦也の馴れ初めと結婚まで
  5. GAO(歌手)…性別・年齢の謎と2017年現在の活動

関連記事

  1. 1990年代

    桜田淳子…統一教会の合同結婚式で夫・東伸行氏と出会う

    元トップアイドルで女優としても活躍した桜田淳子…

  2. 1990年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1995年度)

    ノルディックW杯複合個人で荻原健司さんが初の総…

  3. 1990年代

    森脇和成…「消えた」と言われながらも舞台で活躍していた?!

    「そう言えば一時期、復帰したはず」…けれど…

  4. 1990年代

    「つみきみほ」は現在も変わらず活動中?!

    1986年、中学校在学中に吉川晃司さん主演映画…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    小松千春の2017年現在とこれまでを振り返る
  2. 2000年代

    ジョイマン高木の「詩ツイート集」が必見?!
  3. 1970年代

    和田アキ子…最初の結婚相手との離婚理由とは?
  4. 1960年代

    佐藤慶の「一夫多妻宣言」とは何だったのか?
  5. 1990年代

    三浦知良とりさ子…馴れ初めと田中律子との関係とは?
PAGE TOP