1960年代

里見浩太朗…拳銃密輸事件の真相と現在

1963年8月10日、京都府警保安課はから東映所属の里見浩太朗氏(当時27歳)と山城新伍氏(25歳)の2人を取り調べていました。
容疑は銃砲刀剣類所持等取締法違反と関税法違反…
映画俳優2人がハワイからピストルを密かに持ち帰っているとの情報を得た京都府警は数カ月前から内偵を進めていたのです。
まもなく、一人は山城氏だと判明したが、もう一人が誰なのか、すぐには分かりませんでした。

名前:里見浩太朗(さとみこうたろう)
本名:佐野邦俊(さのくにとし)
生年月日:1936年11月28日(81歳)
職業:俳優、歌手
出身:静岡県富士宮市
所属:里見プロモーション




Sponsored Links

山城氏ら東映の俳優6人がハワイに巡業に行ったのは前年4月…
山城氏を除く5人を消去法で調べていき、ピストルを持ち帰ったもうとりは里見氏だと判明したのです。

そのため京都府警は本人たちの取り調べに踏み切りました。
2人はホノルルのマーケットでSW22口径を50ドルで1丁ずつ購入…
当時は1ドル=360円の固定レートで、1丁が1万8000円だった計算になります。
またピストルはスーツケースの底にしのばせて持ち帰ったといいます。

取り調べで山城は冗舌(じょうぜつ)でした。
「ハワイでは証明書があれば、自由にピストルが買える。好奇心で持って帰ってしまった。帰国後は実弾を手に入れ、撮影所で射撃の練習をしていたが、ピストルも飽きたので世話になっていた人にあげた。」と語ったのです。

しかし、この拳銃を譲った相手が問題でした。
相手は暴力団の幹部だったのです。

実は山城氏がそうした筋と交際があるのは知られていました。
一方の里見氏は酒も飲まず、東映では品行方正の優等生タイプだっただけに、ダメージは少なくありませんでした。
どうやら里見氏は、山城氏が買ってみようというので、つい軽い気持ちで手を出してしまったらしいのです。

里見氏の方はとっくにピストルを手放していました。
暴力団に譲ったのではなく、相手は山城氏…
持っているうちに、自身がとんでもないことをしているのに気づき、恐ろしくなり山城氏に渡していたのです。
それは購入して4月後の1963年8月のことでした。

しかし、当然ながら世間の風当たりは強く、特に怒ったのは羽田空港の税関です。
「芸能人には立派な人が多いので検査も穏便に取り計らってきたのに裏切られた気持ちだ。」と関係者は語っていたのです。
また、この事件をきっかけに、空港に金属探知機が導入されることともなりました。

謹慎を余儀なくされた里見氏は書類送検の後、起訴され1965年2月に懲役8月、執行猶予3年の判決を受けました。
判決後、里見氏は静岡県の方広寺にこもります。
座禅を組む里見氏に住職は「君がどんなに美しい顔を持ち、どんな芸をし、どんなに立派なことを言ってみても人間の道から外れたら、すべてはウソになってしまう。」と説教したのです。

禊(みそ)ぎが済み、里見氏は仕事に復帰し、まもなくロマンスも浮上…
相手は産婦人科医の娘でミス横浜にも選ばれた美人で、二人は1966年3月、ゴールインして翌年には長男をもうけました。
1970年には芸名を「里見浩太郎」から「里見浩太朗」に改名します。
ただ、幸せは長くは続かなく、1970年代に入ると里見氏が時代劇に引っ張りだこになったことで、すれ違いが続き、1974年に離婚しました。

その後、航空会社勤務の女性と再婚…
現在もこの夫人と仲むつまじく暮らしているそうです。
最近でも2013年2月17日に放送されたスペシャルドラマ「必殺仕事人2013」では、芸歴55年余にして初の悪役に挑戦し、ますます俳優として磨きがかかっています。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. なぜ松島トモ子はライオンとヒョウに噛まれたのか?
  2. 岸恵子…フランス人映画監督と結婚から離婚まで
  3. 坂口良子と元夫・田山恒彦の馴れ初めと結婚から離婚
  4. 小松菜奈が「かわいい」or「かわいくない」と言われるワケとは?
  5. 佐渡裕…再婚相手の公子と芦屋の自宅にワケアリ!?

関連記事

  1. 1960年代

    グループサウンズ「オックス」の失神パフォーマンスとは何だったのか?

    1960年代後半、若者たちを熱狂の渦に巻き込んだグループサウンズ……

  2. 1960年代

    浅香光代の子供の父親・政治家Sは佐藤栄作で確定?!

    今では珍しい剣劇女優…浅香光代さん(89歳)。さて、そんな浅香光代…

  3. 1960年代

    岩下志麻の娘や弟ってどんな人なの?意外と知らない著名な家族

    1960年代から松竹の看板女優の一人として活躍された大女優・岩下志麻さ…

  4. 1960年代

    藤山寛美が松竹新喜劇を除籍された驚くべき理由とは?

    アホを演じさせたらこの人を超える役者は今もいない…そう称された人物…

  5. 1960年代

    司葉子と夫・相沢英之の結婚秘話

    映画「君死に給うことなかれ」(1954年)でデビュー…そして196…

  6. 1960年代

    中村錦之助(萬屋錦之助)と有馬稲子の離婚報道

    愛称は萬錦(よろきん)…歌舞伎役者の中村錦之助さん(当時32歳・後…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 河相我聞…現在はラーメン屋を廃業して息子たちが活躍中?!
  2. 尾崎亜衣…彼氏との関係と今後の姉妹の活動について
  3. 工藤兄弟…今現在の姿は体操教室やサマーキャンプを主催している…
  4. 田村英里子…降りかかった事件の数々を振り返る
  5. 松田聖子…コンサート中に暴漢に襲われ怪我をする?!
  6. 今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで
  7. 野坂昭如と大島渚の殴り合いの原因は何だったのか?!
  8. しいなまお…現在は女優活動を休業中?!
  9. ポールマッカートニー…来日して大麻所持で逮捕されたことがある…
  10. 星井七瀬…驚きのカミングアウトから現在は女優にカムバック?!…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1985年度)
  2. 1970年代

    加山雄三…父・上原謙と共にホテルの経営破たんに頭を悩ませた日々
  3. 2000年代

    尾崎亜衣…彼氏との関係と今後の姉妹の活動について
  4. 2000年代

    河島英五…死因はエイズではなく「肝臓疾患」だった?!
  5. 2000年代

    坂本花織…出身高校「神戸野田高等学校(神戸野田高校)」に関する話
PAGE TOP