1960年代

市川雷蔵…死因「肝臓がん」は妻にも知らされず




 

看護師が喉に吸引器を差し込み痰(たん)を除去すると、「市川雷蔵」さんは「ああ、気持ちがいいな」と呟きました。
それから5分後、雅子夫人(当時28歳)にみとられながら雷蔵さんは静かに息を引き取ったのです。

7月17日午前8時25分、享年37歳…
大映トップスターのあまりに早すぎる最期でした。

名前:八代目・市川雷蔵(はちだいめ・いちかわらいぞう)
出生名:亀崎章雄(かめざきあきお)
生年月日:1931年8月29日~1969年7月17日(享年37歳)
職業:歌舞伎役者、俳優
出身地:京都府京都市中京区



Sponsored Links
 

異変が起こったのは前年の6月…
撮影中に下血し、それまでにも便に血が混じることはあったのですが、雷蔵さんは特に気に留めていませんでした。

稽古が厳しい歌舞伎界では血便は珍しいことではなかったからです。
しかし、それを聞いた義兄で大映副社長の永田秀雅さんは、すぐに雷蔵さんを順天堂病院(東京・本郷)に入院させました。

診察の結果、雷蔵さんに告げられた病名は急性直腸潰瘍…
しかし、雅子夫人には本当の病名が明かされていました。
直腸がんです。

8月中旬に開腹手術を受け、無事成功…
夏の間は療養に専念していましたが、11月には早くも映画の現場に復帰したのです。

最初の仕事は雷蔵さんの当たり役「眠狂四郎」シリーズの「悪女狩り」でした。
1ヵ月足らずで撮り終えると、すぐに「博徒一代血祭り不動」の撮影に入ったのです。

年末までにすべての撮影を終えましたが、雷蔵さんの体に再び病魔が迫っていました。
1969年1月3日、雅子夫人から永田副社長に「夫の具合が相当悪そうだ」と電話がありました。

雅子夫人は大映のワンマン社長・永田雅一さんの養女であり、同長男の永田副社長は兄にあたるのです。
永田副社長は雷蔵さんの自宅に駆けつけました。

すると、目の前の雷蔵さんからは、すっかり生気が失われていたのです…
顔はやつれ果て、腰は「く」の字に曲がり、真っすぐ立てませんでした。
永田副社長は雷蔵さんの当面の仕事をキャンセル…

1月中旬、永田副社長と雅子夫人の母親が呼ばれ、診断した医師から肝臓がんであることが告げられました。
この時は前回と違って、雅子夫人には本当の病状は明かされなかったのです。

動揺が雷蔵さん本人に伝わり、深刻な症状だと気づかれるのを恐れたためです。
雅子夫人が肝臓にがんが転移したと知ったのは、雷蔵さんが亡くなる1週間前でした。

2月10日、当時、新宿にあった朝日生命成人病研究所で手術が行われましたが、ほとんど有効な治療ができなかったといいます。
すでに肝臓の80%が機能を失っており、執刀医は永田副社長に「3月いっぱい、もつかどうか」と告げました。

それから、わずかでも寿命が延びたのは雷蔵さんの仕事復帰への強い思いと、抗がん剤の効果でした。
一方で薬の副作用が雷蔵の心身を蝕んでいました。
髪は真っ白になり、頬はこけ、皮膚が骨に張りついたようになっていたのです。

雷蔵さんは見舞いをほとんど断りました。
変わり果てた姿を誰にも見られたくなかったのです。
亡くなった際も、故人の遺志をおもんばかって顔には白い布がかけられ、それが外されることは決してありませんでした。

雅子夫人と幼い3人の子どもを残し夭逝した雷蔵さん…
その損失は家族にとっても映画界にとってもあまりに大きいものでした。
一番のドル箱を失った大映は、それからわずか2年後の1971年、倒産に追い込まれたのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 日野皓正…娘の逮捕は無視でも中学生にビンタ指導はする人物?!
  2. 長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1988年度)
  3. 猿岩石…ヒッチハイクは「ヤラセ」か「ガチ」か?!
  4. 板野友美…妹の板野成美の現在とこれまでの活動とは?!
  5. 吉田明世アナ…実家は保育園で場所は世田谷の○○にある?!

関連記事

  1. 1960年代

    市川猿翁と元妻・浜木綿子…45年前の離婚劇の真実

    実は東大出のインテリである香川照之さん…

  2. 1960年代

    こまどり姉妹…事件の真相と現在の活動について

    1938年2月16日に北海道で炭鉱労働者をして…

  3. 1960年代

    中村錦之助(萬屋錦之助)と有馬稲子の離婚報道

    愛称は萬錦(よろきん)。歌舞伎役者…

  4. 1960年代

    中村メイコの旦那や息子・次女や娘婿(杉本哲太)が凄い!

    芸歴79年の大女優「中村メイコ」さん(83歳)…

  5. 1960年代

    高島家…長男殺害事件の犯人・家政婦の現在とは?

    芸能ファミリーの代表格として親しまれる…

  6. 1960年代

    大屋政子…帝人社長との結婚は略奪婚だった?!

    派手なピンクのミニスカートと甲高い声で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 鳳啓助…元嫁(鏡子)に勝手に離婚届を出されていた?!
  2. シャネルズ…なぜ2か月間も活動停止したのか?!
  3. 島田洋七…目薬と水虫薬を間違えて失明の危機に陥ったことがある…
  4. 左とん平…過去に賭博容疑で逮捕されたことがあった?!
  5. 大和田伸也…妻・五大路子との馴れ初めから結婚まで
  6. 池田満寿夫と佐藤陽子(バイオリニスト)の馴れ初めとは?!
  7. 和田アキ子…自然気胸を患って入院したことがある?!
  8. 三遊亭小圓遊(四代目)…食道静脈瘤破裂が原因で死去する
  9. 石橋貴明と野坂昭如は本番中にガチで喧嘩をしたことがある?!
  10. BOØWY(ボウイ)…解散宣言をした理由は何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    中山美穂の元旦那(辻仁成)は中性化している?!
  2. 1990年代

    沖田浩之…自殺(死因)の理由は家系が関係していたのか?!
  3. 2000年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(2004年度)
  4. 2000年代

    竹内友佳アナウンサーの結婚相手(一般男性)は航空会社でこんな仕事してる?!
  5. 2000年代

    竹内涼真…弟がダウン症というのは完全にガセだと判明?!
PAGE TOP