1980年代

吉沢京子…結婚から離婚の真相とは?





1967年の東宝「燃えろ!太陽」で酒井和歌子さんの妹役で映画デビュー…
1999年の「柔道一直線」(TBS系)でブレークし、清純派女優として活躍したのが「吉沢京子」さんでした。

名前:吉沢京子(よしざわきょうこ)
生年月日:1954年3月2日(63歳)
職業:女優
出身:東京都板橋区



Sponsored Links
 

1983年9月に吉沢さんは29歳で結婚…
相手は1歳上のコマ・スタジアム社長の次男でマスコミは”玉の輿婚“と書きたてました。

なれそめは1982年4月…
吉沢が大阪・梅田コマ劇場の「森進一特別公演」に出演した時、社長を通じて知り合ったのがきっかけでした。

程なく結婚を前提とした家族ぐるみの交際に発展し、吉沢さんは夏には結婚意識するようになったのです。
その後はっきりしたプロポーズはないまま交際が続きましたが、同年11月にスポーツ紙に熱愛がスクープされたことで、急きょ婚約会見が開かれました。

吉沢さんは「初めて結婚を考えた人です。安心してついていける人だって思いました。」と結婚宣言…
当時、モジャモジャの長髪にヒゲをたくわえていた男性は「彼女はボクのことをマンガ的だと言うんですが、彼女もどちらかといえば、マンガ的なんですよ。明るい2人がそろって明るい家庭を作っていきます。」と語りました。

挙式は翌1983年の9月28日…
約200人が出席し、大阪のホテルで行われて、吉沢さんは「マンガのような面白い家庭を作りたい。」とのろけたのです。

しかも新居は、高級住宅街である芦屋のマンション…
吉沢さんは引退せず、地元関西のワイドショーの司会やCMなどを中心に仕事を続けました。

そうして1985年には長男も誕生…
当初、芦屋の物価の高さや、主婦たちが着飾って買い物をする社交場のようなスーパーの雰囲気になじめなかったと語る一方、すっかり”芦屋夫人”ぶりが板につき、優雅な日々を過ごしているとの報道も流れました。

しかし、結婚生活は長く続きませんでした。
1989年11月に吉沢さんはひっそりと離婚…
吉沢さんは4歳の子どもを連れて東京に引っ越したのです。

離婚は翌年に発覚し、吉沢さんは「89年初め頃から、どちらともなく離婚を言い出し、話し合ってきました。離婚を決めた大きな原因は申し上げられません」とコメント…
「嫁姑の確執では?」との問いには、「義母は一番の理解者」とキッパリ否定しました。

離婚を考えた時にも姑に相談し、「京子ちゃんがそう思うのならそうしなさい。」と返事をもらったといいます。
離婚を切り出してからカタがつくまでわずか2カ月…
慰謝料はもらわず養育費だけが一括して支払われました。

吉沢さんは「互いに育ってきた環境が違うせいか、すべてのことに対して価値観が違った。プラスチックと木の違いというか…」とも語っていました。
また、関西の上流階級の伝統を強く残している芦屋に入って、息苦しくなったのではないか?…
との声もありました。

もっとも、関西にレギュラー番組を持ってい吉沢さん…
1994年まで一時的に生活の拠点を再び芦屋に戻し、関西の銘菓「芦屋婦人」のイメージキャラクターを務めるなど、“芦屋“との関係はしばらく続いたのです。

その後、元夫の男性は再婚しましたが、吉沢さんは今も独身のまま…
現在も舞台を中心に女優業に励んでいます。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 角盈男の息子(長男・次男)…現在は二人とも監督?!
  2. 堤さやか…衝撃の引退理由と現在について
  3. 市川海老蔵…暴行事件の真相とその後の影響
  4. 小島一慶…コールガール騒動から婦女暴行容疑まで
  5. 鶴ひろみ…首都高車内での死因は「心臓突然死」?!

関連記事

  1. 1980年代

    清水国明は三度目の正直で離婚した?!

    アウトドア愛好者として有名な「清水国明」さん。…

  2. 1980年代

    田中裕子…沢田研二との出会いと馴れ初め

    1979年のNHK連続テレビ小説「マー姉ちゃん…

  3. 1980年代

    いしだあゆみ…萩原健一との結婚から離婚まで

    「ブルーライト・ヨコハマ」が100万枚を超える…

  4. 1980年代

    いかりや長介…アフリカに「長さん村」を持つ?!

    ザ・ドリフターズの3代目のリーダーとして、数々…

  5. 1980年代

    美空ひばり…死因は癌(がん)ではなく間質性肺炎と肝硬変?!

    愛称は御嬢(おじょう)…戦後の歌謡界を代表…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    坂上忍は飲酒運転事故で山本未来との交際が発覚した?!
  2. 1990年代

    山口智子…自宅で起きた事件から唐沢寿明との交際が発覚する?!
  3. 1980年代

    清水健太郎の何度もの逮捕と現在まで…
  4. 1990年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1993年度)
  5. 2000年代

    最上もがは年齢が限界で「でんぱ組.inc」を脱退したのか?!
PAGE TOP