2000年代

成宮寛貴…突然の引退から今は復帰を画策してる?!





2016年は、芸能人の薬物疑惑にわいた年でした。
まず2月に清原和博・元プロ野球選手が覚せい剤、6月に高知東生さん、10月に高樹沙耶さんが違法薬物、1月にはASKAさんが2014年に続き覚せい剤で再び逮捕されていました。
そんな1年を、「成宮寛貴」さんは悪い形で飾ってしまったのです。

名前:成宮寛貴(なりみやひろき)
本名:平宮博重
生年月日:1982年9月14日(35歳)
職業:俳優
出身:東京都




Sponsored Links
 

発端は、2016年12月2日に週刊「FRIDAY」が報道した成宮のコカイン吸引疑惑でした。
同日、成宮さんと事務所はすぐに「FRIDAY」へ抗議して「法的措置を取る」と厳しい姿勢を見せ、7日には成宮さんが自身で用意した簡易キットで尿検査をし、翌8日に検査結果が陰性だったことを発表しました。

しかし、翌週9日に「FRIDAY」が報道第2弾を掲載すると、同日夕方に突如、引退を発表…
直筆の文章で書かれた内容には、「知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまった」、「心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました」など、自身が受けたショックを訴える文章が書かれていたのです。

これにネットの女性ファンたちが反応…
薬物疑惑はどこへやら、世論はどちらかというと成宮さんに対する同情の声と、擁護に傾きました。

しかし、疑惑の論点だった違法薬物疑惑には一切触れられずじまい…
衝撃的な引退発表で気を逸らされてしまいましたが、そもそも9日に「FRIDAY」が掲載した内容は、成宮さんを「限りなくクロ」に思わせるものばかりだったのです。

論点は「セクシャリティな問題」ではなく、成宮さんは薬物をやったのか?、やってないのか?…
ということだったのですが、引退発表したその日に成宮さん海外へ飛んだのです。




Sponsored Links
 

実は、成宮さんの「セクシャリティな問題」は、2002年時点で本人が週刊誌の取材で答えていました。
マスコミが、本人の了承なしに性的嗜好を暴露したわけではないのです。

成宮さんは、ゲイの聖地・新宿二丁目のゲイバーで働いていたことを公言しており、むしろ、そういった世界から這い上がってきた自分を誇りに思っていたようなのです。

それが証拠に、2002年の取材でも「言い寄ってくる男の人はたくさんいました」、「自分のことを必要としてくれるというか、1人じゃないっていう気になれるんです」などと告白し、「二丁目時代は、今の僕にとって必要不可欠」、「二丁目は大事な経験だから、特に隠したいとは思わないです」としっかり語っていたからです。

成宮さんは、なぜ警察の前で堂々と尿検査をしなかったのか?…
シロだと証明されれば、それで幕引きができたはずですが、契約中の仕事を放棄してまで引退する意味はあったのか?…
突然の引退により、第4話まで収録を終えていたドラマ「就活家族~きっと、うまくいく~」を降板、CMは3本が放送中止となるなど、事務所にとっても大損害だったに違いありません。

謎だらけで後味の悪さが残った引退騒動でしたが、最新の「FRIDAY」では、知人の証言として、成宮さんがすでに日本に帰国しており、タイミングを見計らって芸能界復帰を画策しているという記事が掲載されました。
そのためにバックアップしようとしている業界人もいることが明かされているのです。

そもそも、成宮さんはもともとゲイ人脈が豊富で、昔からタニマチのようにして彼を支える人物は多かったのです。
芸能界では、かたせ梨乃さんとの絆が有名な話…
成宮さんが二丁目で働いているとき、客としてたまたま来店したのが、かたせさんで、成宮さんのことをたいそう気に入り、演出家の宮本亜門さんに紹介し、成宮さんは宮本さんが演出する舞台のオーディションを受け、その作品で俳優デビューすることになったのです。

良作に恵まれ、数多くのドラマに出演してきた成宮さん…
ブレイクしたのは「ごくせん」(2002年)の生徒役で、映画「あずみ」、「オレンジデイズ」と、話題作に立て続けに出演しました。

さらに、テレビ朝日系列の人気テレビドラマ「相棒」では、水谷豊さん演じる右京の3代目の相棒・甲斐享役で、シーズン11~13まで出演しました。
実は、2017年3月23日放送の最終回で、成宮さんが演じたカイトの過去を振り返る回想シーンが放送され、エンドロールで成宮さんの名前が表示されています。
このスタッフの粋な計らいを成宮さんの芸能界復帰に向けたサインだと指摘する業界関係者もいるのです。

また、成宮さんといえば、母子家庭で育った苦労人であることも知られています。
自身が14歳のときに母親が他界し、アルバイトで生計を立てながら弟の面倒を見てきました。

弟を大学まで行かせたのは、中学卒業後すぐに働き始めた成宮さんが、学歴がどれだけ大事かが身にしみたからだといいます。
弟のために芸能界で必死に働いてきた成宮さん…

仮に芸能界へ復帰したとしても、薬物疑惑は常について回ることでしょうが、多くのファンが、そんな成宮さんの演技を、今一度見られる日を待っているのも確かなのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. ISSAの結婚相手は誰!?噂のサロンオーナーのAさんとは?…
  2. 吉永小百合…岡田太郎との結婚式の舞台裏
  3. 和田アキ子…過去に起きた「楽屋泥棒撃退事件」とは?!
  4. 高田みづえ…若嶋津との出会いや馴れ初めとは?
  5. 昴生(ミキ)と彼女「まみちゃん」との馴れ初めから結婚まで!

関連記事

  1. 2000年代

    清原和博の事務所「オフィスキヨハラ」酷すぎて笑えない件

    2016年2月23日に覚醒剤取締法違反(所持)…

  2. 2000年代

    飯田覚士…現在はボクシング塾を経宮している?!

    元WBA世界スーパーフライ級王者の「飯…

  3. 2000年代

    小阪由佳…現在は保育園で保育士をしているらしい件

    アイドルの登竜門である「ミスヤングマガジン」(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 荒木一郎…「ハレンチ歌手」として逮捕されたことがある?!
  2. 吉田えり…「愚行」とされる理由は何だったのか?!
  3. 沢田研二…若い頃に起こした2つの暴行事件とは?!
  4. 丘みつ子…現在は小田原の家(小田原駅から車で20分)に住む?…
  5. 篠ひろ子…自殺未遂の原因は何だったのか?!
  6. 照強…元ヤンキーと噂される力士の情報を調べてみた件
  7. 崎山つばさ…父親が作詞・作曲した曲をアルバム収録する!
  8. 和田アキ子…過去に起きた「楽屋泥棒撃退事件」とは?!
  9. 剛力彩芽…前澤友作のせいでアンビリバボーを降板になる?!
  10. 和泉元彌…子供の学校をまとめると2019年はこうなる?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    シシド・カフカ(本名・宍戸佑名)があるのは父親の仕事のおかげ?!
  2. 2000年代

    茂森あゆみ…現在は自ら音楽会を開催している?!
  3. 2000年代

    日野皓正…娘の逮捕は無視でも中学生にビンタ指導はする人物?!
  4. 2000年代

    真屋順子…見栄晴との不仲説(確執)が生まれた意外な理由とは?
  5. 1970年代

    手塚治虫…ブラックジャック実写版にキレた?!
PAGE TOP