1980年代

因幡晃…嫁・鈴木博子との馴れ初めと結婚について




 

シンガーソングライターの「因幡晃」さん。
1975年の第10回ヤマハポピュラーソングコンテストに「わかって下さい」で出場し、最優秀曲賞を受賞しました。

近年では2014年に、杉田二郎さん、堀内孝雄さん、ばんばひろふみさん、高山厳さんとブラザーズ5を結成しています。
今回はそんな因幡さん(当時28歳)と嫁の鈴木博子さん(当時26歳)との馴れ初めと結婚秘話に関するお話です。

名前:因幡晃(いなばあきら)
生年月日:1954年3月18日(65歳)
職業:シンガーソングライター
所属:アップフロントクリエイト
出身:秋田県大館市花岡町
学歴:秋田県立大館工業高等学校




Sponsored Links
 

因幡晃さんが嫁の鈴木博子さんと出会ったのは1981年の正月のことでした。
場所は山形市にある蔵王スキー場のロッジです。

毎年のように事務所の仲間とスキーに来ていた因幡さん。
その時もスキー場のロッジで昼食を食べるために料理を待っていると、博子さんが一人で店内に入って来て席を探していたのです。

しかし、店内はほぼ満席。
因幡さんは自分の隣席に、ヤッケや手袋を置いているのに気が付きました。

悪いと思った因幡さんは、「ここ空いてますよ」と博子さんに声をかけたのです。
隣に博子さんが座った時、因幡さんビビッと体に電流が走りました。

因幡さんは混んで注文できないでいる博子さんの代わりに、大声でウエイターを呼んで注文をしたり、「午後から一緒に滑りませんか?」と声をかけたのです。
誘われた博子さんは因幡さんとスキーを楽しみました。

博子さんは地元・山形市で銀行に勤めるOLでした。
その日は気軽に日帰りスキーをしに来ていたのです。

一方の因幡さんは蔵王に1週間滞在。
そのため博子さんと別れる時には、彼女の自宅の電話番号をしっかりと聞いていました。

スキーをしてる時に、博子さんに「お仕事は何をしているの?」と聞かれて、「歌やってます。因幡と言います」と名乗ったのですが、彼女は因幡さんのことを知らない様子だったと言います。
博子さんは、因幡さんを雑誌などで見た記憶があった程度でした。

因幡さんは、1975年にヤマハのポピュラーコンサートで、 自作の「わかって下さい」を歌い最優秀曲賞を受賞。
1976年にはこの曲でレコードデビューを果たし、82万枚の大ヒットを記録していました。

当時も各地のコンサートでは相変わらず女性客でいっぱいになるほどの実力派だったのです。
一時は鉱山技師として就職していましたが、その仕事を拾てて歌の世界に飛び込んだ異色の人物でもありました。

因幡さんは博子さんと会って1週間後、蔵王を下リるとすぐに電話をかけました。
「お茶でも飲みませんか?」と誘うと、博子さんは素直に応じてくれたと言います。

この初デート以来、お互いの気持ちは急速に接近していきました。
特に積極的だったのは因幡さんです。

電話を毎日のようにかける一方で、宮城県や山形県でコンサートを開くと必ず博子さんを招待したり、因幡さん自身が訪ねたりしました。
というのも、博子さんが理想の女性だったからなのです。

因幡さんの理想の女性とは「おふくろみたいな存在」とのこと。
これは気を使わなくても、全てを理解してくれる女性という意味です。

1981年の夏に因幡さんは、博子さんの両親に会い「結婚を前提にお付き合いさせてください」と申し込みました。
その夜、博子さんに「ご両親にああ言ったけど、いい?」と打診。
これがプロポーズとなりました。

それからは、どこにいても毎日2回は博子さんに電話していたという因幡さん。
因幡さんの両親からは、「お前が帰ってくると、電話代が高くつくからかなわんよ」とまで言われました。

その両親に博子さんを紹介したのは1981年秋。
両親は「お前が見つけた相手なら間違いない」と気に入ってくれたと言います。

こうして博子さんは1982年1月で銀行を辞めて花嫁修業に入りました。
1982年11月16日には山形で結納を済ませたのです。

婚約指輪はダイヤでした。
「高かったなぁ」とコメントする因幡さんはちっとも嫌そうでなかったと言います。

当時、博子さんは因幡さんの魅力について聞かれると、

彼の魅力はたくさんあって、何から言っていいのか…とにかく思いやりがあり、心遣いが細やかで包容力があるんです。どこまでも頼っていける人です。私は家庭を守ってゆったりした気持ちでいい歌が作れる環境を作っていきたいと思います。

と語っています。

一方、因幡さんは、

子供は1年間は作らず、二人の時間を大切にしたい。

結婚発表をきっかけに、今までの哀しい歌ばかりだったテーマが変わっていく予感がある。「わかって下さい」を泣いて歌ってこともあるが、今後は笑顔で胸を張って歌えそうだ。

とコメントしたのでした。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 市井紗耶香…モー娘。脱退理由は何だったのか?!
  2. 向井亜紀…代理出産における東京高裁と最高裁の裁判結果
  3. 三船敏郎…介護は喜多川美佳でなく元妻・吉峰幸子がしていた?!
  4. 甲斐よしひろ…高橋まゆみ(元嫁)との結婚式秘話とは?!
  5. 生島マリカの正体(息子、年齢、癌etc)が壮絶すぎる!!

関連記事

  1. 1980年代

    ビートたけし…愛人Aと間に生まれた子供に関して

    コメディアンでタレント、映画監督で俳優…

  2. 1980年代

    塩沢とき…舌癌や乳癌と戦い続けた日々

    キノコのような独特の巨大へアーと言えば、黒柳徹…

  3. 1980年代

    アンルイス…元旦那・桑名正博との電撃結婚と離婚

    バブル景気で沸く1980年代…個性的なファ…

  4. 1980年代

    浅香唯…旦那・西川貴博との交際発覚から結婚まで

    3代目スケバン刑事といえば、皆さんご存…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 芹洋子…愛馬・キヨヒメで5000万円近くも稼いでいた?!
  2. 美川憲一…大麻取締法違反で逮捕される前に行った釈明会見とは?…
  3. 千昌夫…40億円で香港のホテルを買収したことがあった?!
  4. 金沢明子…若い頃に多忙とストレスで声が出なくなったことがある…
  5. 玉元光男…妻の牧野由美子との馴れ初めから結婚まで
  6. 清水紘治と大谷直子の馴れ初めと結婚・離婚まで
  7. 宇野重吉…息子・寺尾聰も知らなかった生前の昔話
  8. NOKKO(レベッカ)…過去に急性虫垂炎になったことがある?…
  9. 一世風靡セピア…解散の理由は何だったのか?!
  10. つのだ☆ひろ…妻の狭間詠子との馴れ初めは「メリー・ジェーン」…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    神尾楓珠…父子家庭という話は本当なのか?!
  2. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1987年度)
  3. 1980年代

    丸山由美(江上由美)…夫・貴也とバレーボール選手らしい結婚式を挙げる?!
  4. 1980年代

    石黒賢…父親でテニスプレーヤー「石黒修」がデビューのきっかけだった?!
  5. 1980年代

    アグネスチャン…夫の金子力との馴れ初めから結婚まで
PAGE TOP