1960年代

橋幸夫…軍刀(サーベル)を持った男に切りつけられる?!




 

「いつでも夢を」や「潮来笠」など数々の名曲を歌い上げた歌手の「橋幸夫」さん。
これまでNHK紅白歌合戦出場にも19回出場し、日本レコード大賞や日本有線大賞特別賞にも輝きました。

そんな大物歌手の橋さんですが、実は過去に軍刀(サーベル)を持った男にステージで切りつけられるという衝撃的な事件を経験しているのです。

名前:橋幸夫(はしゆきお)
本名:橋幸男(はしゆきお)
生年月日:1943年5月3日(75歳)
職業:歌手、俳優、作曲家、プロデューサー
レーベル:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
出身:東京都荒川区
学歴:城西大学附属城西高等学校




Sponsored Links
 

事件は1963年5月12日、石川県金沢市にある金沢市観光会館(現:金沢歌劇座)で起きました。
当時のショーは1日3回公演が一般的で、その日は「橋幸夫ショー」の最終回フィナーレが行われていたのです。

舞台には当時20歳の橋幸夫さんが立っていました。
そうして、白と黒の華やかな着物を着た橋さんが、最後の曲である「北海の暴れん坊」を歌い終っていたのです。

会場にいた1500人のファンは歓声を上げ、色とりどりのテープが飛び交う中、舞台の緞帳(どんちょう)が下がり始めました。
ちょうどその時、客席から男が一人ステージに上がって来たのです。

男は白い布袋を右脇に抱え、しばらくはステージ上に突っ立っていました。
橋さんはこの時、「ファンの一人が何かプレゼントを持ってきたのだろうか?」、「男性ファンは珍しいな」などと思っていたのです。

しかしその後、男の持ち物はキラリと光を放ちます。
男が白い袋の中から取り出したのは、刃渡り65センチの軍刀(サーベル)でした。

次の瞬間、男はこの軍刀(サーベル)を振りかざして、橋さんに切りかかって来たのです。
橋さんはこの一撃目を上手く体をかわして直撃は避けましたが、切っ先が頬を薄く切り裂きました。

観客はまだこの時点では事態をのみ込めず、何かの演出かと思い静まり返っています。
続いて、男の二撃目が、今度はそばにいた司会者で漫才コンビ“晴乃ピーチク・パーチク”のパーチク(本名:手塚清三)さん(当時37歳)の後頭部に当たりました。

パーチクさんの頭からは血が流れ、切れた髪が飛び散りました。
その頃になって観客もこの事態の異様さに騒然となったのです。

男はさらに橋さんを追いかけ、橋さんの背中を突き刺しました。
橋さんはステージ上を逃げ回り、止めに入ったマネージャーも右手中指をちぎれそうになるくらいの重傷を負ったのです。

その後、橋さんは咄嗟の判断で軍刀の刃を握り締め、相手に抜かれないように両手で強く握り締めました。
この隙にスタッフが男に飛びかかり数人がかりで押さえつけたのです。

そうして会場警備で現場にいた警官も駆けつけ、男には手錠がかけられました。
橋さんは大事には至らなかったものの着物は血だらけで、手のひらや顔、腕や肩・背中などに全治2週間の怪我を負ったのです。

逮捕された男は、過去に傷害事件を起こし前科を持つ人物でした。
当時の資料によると、寺の住職の息子で、仕事は32歳のトラック運転手だったと言います。

犯行の動機については、同僚に「橋幸夫を見てみろ、あいつみたいに若くて一生懸命やってるヤツが人気あるんだ。お前何やってんだ」といつもいじめられており、橋さんを妬んでいたからだと言います。
また、取引先の自分をよく叱る男が橋さんに顔が似ていたからというものでした。
実はこの男、軍刀以外にも懐に短刀を隠し持っており、突発的な行動ではなく、用意周到な計画だったことがわかっています。

事件後、橋さんは助かった理由を「ボクシングをやっていたから」だと語り、「刀を強く握っていなかったら、指を全てもっていかれた」と回想していました。
ちなみに今でも、橘さんはこの時の後遺症で左手の小指を伸ばすことができないと言います。
大物歌手・橋幸夫さんに起きた凄惨な事件でした。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 一色紗英…事件レベルと言われる交通違反の内容とは?!
  2. 瞳リョウ…今は六本木のキャバクラで働いている?!
  3. 山田邦子…「事務所独立」騒動の原因は一体何だったのか?!
  4. 真屋順子…見栄晴との不仲説(確執)が生まれた意外な理由とは?
  5. 金村義明…息子がキャディを始めたワケとは一体?!

関連記事

  1. 1960年代

    市川猿翁と元妻・浜木綿子…45年前の離婚劇の真実

    実は東大出のインテリである香川照之さん…

  2. 1960年代

    佐藤慶の「一夫多妻宣言」とは何だったのか?

    先祖代々会津藩士で、戊辰戦争に敗れて漆…

  3. 1960年代

    大屋政子…帝人社長との結婚は略奪婚だった?!

    派手なピンクのミニスカートと甲高い声で…

  4. 1960年代

    市川雷蔵…死因「肝臓がん」は妻にも知らされず

    看護師が喉に吸引器を差し込み痰(たん)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 鳳啓助…元嫁(鏡子)に勝手に離婚届を出されていた?!
  2. シャネルズ…なぜ2か月間も活動停止したのか?!
  3. 島田洋七…目薬と水虫薬を間違えて失明の危機に陥ったことがある…
  4. 左とん平…過去に賭博容疑で逮捕されたことがあった?!
  5. 大和田伸也…妻・五大路子との馴れ初めから結婚まで
  6. 池田満寿夫と佐藤陽子(バイオリニスト)の馴れ初めとは?!
  7. 和田アキ子…自然気胸を患って入院したことがある?!
  8. 三遊亭小圓遊(四代目)…食道静脈瘤破裂が原因で死去する
  9. 石橋貴明と野坂昭如は本番中にガチで喧嘩をしたことがある?!
  10. BOØWY(ボウイ)…解散宣言をした理由は何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    美空ひばり…死因は癌(がん)ではなく間質性肺炎と肝硬変?!
  2. 1970年代

    大原麗子と渡瀬恒彦の離婚理由は「嫁姑の確執」?!
  3. 1990年代

    三田佳子の次男…3度の逮捕と現在について
  4. 2000年代

    愛川ゆず季の実家は「愛媛果汁食品株式会社」!!
  5. 1980年代

    研ナオコに起きた離婚騒動の経緯とは何だったのか!?
PAGE TOP