2000年代

隆大介…暴行事件は韓国でどのように報道されたのか?!




 

2015年3月21日、台湾桃園国際空港(たいわんとうえんこくさいくうこう)における入国審査の際に、酒に酔っており、審査官に暴力を振って骨折させたとして逮捕された「隆大介」さん…

彼は後に、本名「張明男」という在日韓国人(韓国籍)であったことが日本でも知られることとなりました。

名前:隆大介(りゅうだいすけ)
本名:張明男
生年月日:1957年2月14日(62歳)
職業:俳優
所属:ケィ・サイド
国籍:韓国
学歴:横浜放送映画専門学校(現:日本映画大学)卒業




Sponsored Links
 

2015年3月21日、隆大介さんはマーチン・スコセッシ監督の新作映画「沈黙 -サイレンス-」の撮影のため台湾を訪れました。
しかし機内で飲酒していたことに加え、出入国の際に必要なイミグレーションを記入していなかったために審査官と口論になったのです。

審査官が指摘したのは、イミグレーションのナショナリティー欄に国籍を記入していなかったからでした。
審査官が韓国のパスポートを見て、KOREAと記入するように促したところ隆大介さんは激怒し、審査官の膝を蹴って左脚骨折という重傷を負わせたのです。
また、警察による事情聴取にも非協力的だったため、現行犯逮捕されて公務執行妨害罪及び傷害罪にあたる罪で送検されました。

その後、隆大介さんは怪我をさせた被害者と2015年5月に和解が成立…
公務執行妨害罪で罰金刑となり、執行が完了したため日本に戻りました。

当時の彼は、

あまりにも自覚の足りない行動でした。ご迷惑、ご心配をお掛けした皆さまにおわびします

とコメントを出しています。

しかし、所属事務所は隆大介さんが帰国すると共に、契約を解除したと発表…
俳優から一転、無職になってしまったわけです。

当然、出演予定だった映画「沈黙 -サイレンス-」の出演契約も解除されてしまいました。
帰国後は、警備のアルバイトをしたり伊集院静さんなどの小説を読みふけっていたそうです。

日本のメディアは国籍と本名を隠して日本人俳優として報道していましたが、台湾の複数メディアが韓国籍の隆大介さん(本名:Myongnam Chang・장명남・張明男)と報道し、在日韓国人であったことが日本人にも知られることとなりました。

一方の韓国ではどのように報道がなされていたか?と言えば…
結果から言えば、それほど大きな事件として扱われてはいなかったようです。

とは言え、韓国メディアでは一部取り上げていたところもあり、今でも隆大介さんのハングル名である「장명남」と事件「사건」と検索するといくつかネット上でも挙がってきます。

それによると、

在日韓国人の隆大介と呼ばれる俳優が台湾の空港で暴言を吐き、暴行を働いた

税関出口で入国カードの提出を要求したが、これを所持していなことが問題だった

などと書かれていました。

どちらかと言えば、台湾メディアが報道していることをそのまま紹介しているようなものが多く、特に隆大介さんが韓国籍をであることを伏せているような節はありませんでした。

さて、そんな隆大介さんも2018年4月7日公開の映画「私は絶対許さない」で3年ぶりに仕事復帰が決まりました。
彼の演技にも注目が集まるでしょうが、それ以上に彼の今後の行動や発言にも注目が集まるであろうことは言うまでもありません。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 芹洋子…愛馬・キヨヒメで5000万円近くも稼いでいた?!
  2. 内田有紀…吉岡秀隆との離婚理由は何だったのか?!
  3. 藪恵壹…娘(夏那子)の韓国アイドルデビュー応援する?!
  4. 若乃花(二代目)…親方の長女と離婚して銀座クラブのママと再婚?!
  5. 迫文代…離婚の現在はお店をオープンしていた?!

関連記事

  1. 2000年代

    市村正親…篠原涼子との年の差婚の馴れ初めとは?

    劇団四季の俳優として活躍した「市村正親…

  2. 2000年代

    芸人・口笛なるお…結婚後もキレ芸を続けていくのか?!

    「わらふぢなるお」は、サンミュージック…

  3. 2000年代

    芹那が消えた理由は「声」だけではなかった件

    舌っ足らずの独特な喋り方に賛否両論あっ…

  4. 2000年代

    藤原紀香・片岡愛之助の結婚は「菅原道真の呪い」なの?!

    とてもスタイルが良く、女優、モデル、タ…

  5. 2000年代

    沢松奈生子…実家の場所(住所)は西宮の「苦楽園」?!

    兵庫県西宮市出身で元・女子プロテニスプ…

コメント

    • 国際問題感想家
    • 2018年 9月 27日

    韓国政府や韓国人の標準タイプ。韓国内なら問題ないレベルだろうね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 杉本公雄…熊谷幸子との馴れ初めと結婚式までを振り返る
  2. 吉川美代子アナウンサーとマイケル・ギリオーニとの馴れ初めと結…
  3. 桜井賢…嫁の桂子との馴れ初めから結婚までを振り返る
  4. 王貞治…現役引退会見では何を語ったのか?!
  5. 中山千夏…参議院選に出馬した理由は何だったのか?!
  6. 加藤茶…元妻の田前鈴子との馴れ初めと結婚会見の様子とは?!
  7. 芹洋子…愛馬・キヨヒメで5000万円近くも稼いでいた?!
  8. 美川憲一…大麻取締法違反で逮捕される前に行った釈明会見とは?…
  9. 千昌夫…40億円で香港のホテルを買収したことがあった?!
  10. 金沢明子…若い頃に多忙とストレスで声が出なくなったことがある…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    大原麗子と渡瀬恒彦の離婚理由は「嫁姑の確執」?!
  2. 1980年代

    岡田彰布…嫁の大関陽子とは知り合って2ヵ月で結婚していた?!
  3. 2000年代

    すみれ…元の彼氏(中村玄也)が死んだ理由は何だったのか?!
  4. 1990年代

    近藤真彦…弟・広之が逮捕されて深々と頭を下げる?!
  5. 2000年代

    藤村シシン…大学とtwitter(ツイッター)でわかる人柄
PAGE TOP