2000年代

隆大介…暴行事件は韓国でどのように報道されたのか?!




 

2015年3月21日、台湾桃園国際空港(たいわんとうえんこくさいくうこう)における入国審査の際に、酒に酔っており、審査官に暴力を振って骨折させたとして逮捕された「隆大介」さん…

彼は後に、本名「張明男」という在日韓国人(韓国籍)であったことが日本でも知られることとなりました。

名前:隆大介(りゅうだいすけ)
本名:張明男
生年月日:1957年2月14日(62歳)
職業:俳優
所属:ケィ・サイド
国籍:韓国
学歴:横浜放送映画専門学校(現:日本映画大学)卒業




Sponsored Links
 

2015年3月21日、隆大介さんはマーチン・スコセッシ監督の新作映画「沈黙 -サイレンス-」の撮影のため台湾を訪れました。
しかし機内で飲酒していたことに加え、出入国の際に必要なイミグレーションを記入していなかったために審査官と口論になったのです。

審査官が指摘したのは、イミグレーションのナショナリティー欄に国籍を記入していなかったからでした。
審査官が韓国のパスポートを見て、KOREAと記入するように促したところ隆大介さんは激怒し、審査官の膝を蹴って左脚骨折という重傷を負わせたのです。
また、警察による事情聴取にも非協力的だったため、現行犯逮捕されて公務執行妨害罪及び傷害罪にあたる罪で送検されました。

その後、隆大介さんは怪我をさせた被害者と2015年5月に和解が成立…
公務執行妨害罪で罰金刑となり、執行が完了したため日本に戻りました。

当時の彼は、

あまりにも自覚の足りない行動でした。ご迷惑、ご心配をお掛けした皆さまにおわびします

とコメントを出しています。

しかし、所属事務所は隆大介さんが帰国すると共に、契約を解除したと発表…
俳優から一転、無職になってしまったわけです。

当然、出演予定だった映画「沈黙 -サイレンス-」の出演契約も解除されてしまいました。
帰国後は、警備のアルバイトをしたり伊集院静さんなどの小説を読みふけっていたそうです。

日本のメディアは国籍と本名を隠して日本人俳優として報道していましたが、台湾の複数メディアが韓国籍の隆大介さん(本名:Myongnam Chang・장명남・張明男)と報道し、在日韓国人であったことが日本人にも知られることとなりました。

一方の韓国ではどのように報道がなされていたか?と言えば…
結果から言えば、それほど大きな事件として扱われてはいなかったようです。

とは言え、韓国メディアでは一部取り上げていたところもあり、今でも隆大介さんのハングル名である「장명남」と事件「사건」と検索するといくつかネット上でも挙がってきます。

それによると、

在日韓国人の隆大介と呼ばれる俳優が台湾の空港で暴言を吐き、暴行を働いた

税関出口で入国カードの提出を要求したが、これを所持していなことが問題だった

などと書かれていました。

どちらかと言えば、台湾メディアが報道していることをそのまま紹介しているようなものが多く、特に隆大介さんが韓国籍をであることを伏せているような節はありませんでした。

さて、そんな隆大介さんも2018年4月7日公開の映画「私は絶対許さない」で3年ぶりに仕事復帰が決まりました。
彼の演技にも注目が集まるでしょうが、それ以上に彼の今後の行動や発言にも注目が集まるであろうことは言うまでもありません。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 桂枝雀…天才落語家の自殺の原因はなんだったのか?!
  2. 岩崎宏美…前の旦那と離婚した理由とは何だったのか?!
  3. 葉月里緒菜の現在から真田広之との不倫までを振り返ってみた件
  4. 新藤恵美…最近見ないと思ったら「PUB Vega」でママ業をやってた?!
  5. 枡田絵理奈…アメブロ開設で夫・堂林翔太の年俸を超えるか?!

関連記事

  1. 2000年代

    高橋健一(元キンコメ)の痴漢は冤罪ではないのか?

    人気お笑いコンビ「キングオブコメディ」…

  2. 2000年代

    徳永有美アナウンサー…内村光良と結婚に至るまでの日々

    俳優に司会者、映画監督なども務めるウッチャンナンチャンの「内村光良」さ…

  3. 2000年代

    小澤マリア…今現在はタイやフィリピン、中国で活躍中?!

    過去には新聞通信調査会が発表した「諸外…

  4. 2000年代

    ローラに似ていると言われた水沢アリーの現在

    お笑い芸人と同じように、バラエティ番組…

  5. 2000年代

    コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみた件

    今、注目の超セレブタレント「コルファー羽鳥ジュリア」さ…

コメント

    • 国際問題感想家
    • 2018年 9月 27日

    韓国政府や韓国人の標準タイプ。韓国内なら問題ないレベルだろうね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    酒井法子と野島伸司の熱愛から破局…その原因とは?
  2. 1990年代

    十二代目・市川団十郎…妻の実家の借金を背負う!?
  3. 1990年代

    野沢直子…活動休止の理由は甲本ヒロトだったの?!
  4. 2000年代

    清原和博の事務所「オフィスキヨハラ」酷すぎて笑えない件
  5. 1980年代

    具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
PAGE TOP