2000年代

山路徹…モテる男に起きた暴行騒動と犯人の意外な姿とは?!




 

元妻はタレントの大桃美代子さんで、前妻はタレントの麻木久仁子さんという結婚歴を持つのが、ジャーナリストの「山路徹」さんです。
大桃さんとの結婚中に、当時は既婚者だった麻木さんとの不倫が発覚し騒動となりました。

今回はそんなモテる男・山路さんに起きた2014年2月16日の暴行事件に関するお話です。

名前:山路徹(やまじ とおる)
生年月日:1961年9月23日(57歳)
職業:ジャーナリスト、株式会社APF通信社代表取締役
所属:TCP-ARTIST(業務提携先)
出身:東京都
学歴:中央大学(中退)




Sponsored Links
 

2014年2月16日の午前1時頃、山路徹さんは豪雪に見舞われた山梨県の山中湖に取材するため、2台の車で現場に向かっていました。
その途中で積雪のために1車線になっていた神奈川県相模原市緑区の市道で、1台が対向のワゴン車に道を譲りました。

すると、そのワゴン車から20代ぐらいの男3~4人から「お前ら、誰に断って走ってんだよ!」、「ぶっ殺すぞ!」、「降リろ!」と、いきなり因縁をつけられ、怒鳴りつけて来たのです。

運転席にいた山路さんは恐怖を感じ、すぐにドアをロックしました。
山路さん曰く、相手の外見はいわゆるヤカラで、ヤンキー系だったそうです。

車内で避難する山路さんを尻目に、男達は素手で運転席側ドアや屋根を叩いたり、ボンネットを蹴ったりしたため、車はボコボコになりました。
さらに、助けようとした先行車のスタッフが男らに突き倒されたり、地面に叩き付けられるなどの暴行を受け、全身打撲で病院で検査を受けることになります。

その後、除雪作業をする人達がやって来たのに気付いた男たちは車に乗って早々と退散…
山路さんはすぐに110番通報しましたが、大雪のため警官が現場にたどり着けず、自力で津久井警察署まで行き、被害届を提出してのでした。

なぜ、このような騒動とになったのか?
当時、山路さんはマスクをつけており、男らは山路さんとは気付いていない可能性が高かったのです。

犯人の車のナンバーは記録し、ドライブレコーダーで事件の一部を録画していました。
山路さんは「犯人の1人は金髪でジャージーの上下。車はいわきナンバーだった。なぜ襲われたのか、まるで理由が思い当たらない」、「これで逮捕できなければ困ります」と早期の事件解決を訴えたのです。

この事件は神奈川県警津久井署での聴取が行われ、被害届けも受理されました。
暴行及び器物損壊事件として捜査を始まり、すぐに男達は逮捕されます。

津久井署は3月8日、暴力行為処罰法違反の疑いで、神奈川県厚木市の自称会社役員、藤井哲也容疑者(当時26歳) 、同市に住む自称土木作業貝の箕口省吾容疑者(当時26歳)と自称自営業の木村浩容疑者(当時26歳)を逮捕しました。

3人は地元の同級生で、当時、現場の県道は積雪で1車線しか通行できなくなっていたことから、警察は山路さんと分かっていて犯行に及んだわけではなく、交通トラブルが発端になったと発表しています。

さて、実は容疑者の1人である藤井哲也容疑者ですが、実は2009年に東京や山梨など6都県で乗用車やカーナビなどの盗みを繰り返したとして逮捕された人物でもありました。
当時22歳で、厚木市鳶尾の専門学校生であった藤井容疑者は総勢6人で乗用車やカーナビなどの盗みを繰り返していたのです。

理由は車のタイヤをスリップさせたドリフト状態で山梨県内の峠を走行する際に「(盗んだカー用品などで)車の見栄えを良くして沿道のギャラリーの気を引きたかった」からというものでした。

そうして2007年9月から2008年1月までに、東京と山梨、神奈川、埼玉、千葉、群馬各都県の中古車展示場やマンション駐車場などで、国産乗用車15台とカーナビ、ホイール、ナンバープレートなどを盗んだとされたのです。

2、3人ずつのグループに分かれて犯行を繰り返し、盗んだカー用品などは厚木市内の倉庫に隠していて、被害は29件、被害額は約1744万円に上りました。

さてさて、今回の襲撃事件で山路さんは、「ソマリアやボスニアで襲われたことはあるが、日本でこういう目にあうとは驚いた」と語っています。
まさに、モテる男・山路徹さんに起きた予想外の暴行騒動だったのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 佐藤満春の嫁と子供が気になった件
  2. 伊丹十三…死因の真相は本当に写真週刊誌が原因だったのか?!
  3. テレサ・テンのパスポート偽造事件の真相とは何だったのか?
  4. 高橋ジョージ…UFOに宇宙の果てまで連れて行かれたことがある?!
  5. 倉持明日香…自宅には「小さいおじさん」がいる?!

関連記事

  1. 2000年代

    セオドールミラー(アンミカの旦那)の会社と経歴がすご過ぎる件

    ファッションモデルや化粧品プロデュースなど幅広…

  2. 2000年代

    真屋順子…息子・高津健一郎の母へ心残りとは?

    1976年から放送された高視聴率番組「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 大和田伸也…妻・五大路子との馴れ初めから結婚まで
  2. 池田満寿夫と佐藤陽子(バイオリニスト)の馴れ初めとは?!
  3. 和田アキ子…自然気胸を患って入院したことがある?!
  4. 三遊亭小圓遊(四代目)…食道静脈瘤破裂が原因で死去する
  5. 石橋貴明と野坂昭如は本番中にガチで喧嘩をしたことがある?!
  6. BOØWY(ボウイ)…解散宣言をした理由は何だったのか?!
  7. 和田アキ子…美容院経営に乗り出した意外な理由とは?!
  8. 中森明菜…盗難事件で300万円の被害にあったことがある?!
  9. 名高達男…若い頃に起こした乱闘スキャンダルとは?!
  10. 岸恵子…娘の麻衣子から元夫シャンピの死を知らされる?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    コロッケ(ものまね)…嫁の辻真理子と子持ち再婚していた?!
  2. 2000年代

    丘みつ子…現在は小田原の家(小田原駅から車で20分)に住む?!
  3. 1970年代

    森山良子…一人目の夫Aとの馴れ初めから離婚まで
  4. 2000年代

    島田紳助の復帰は1000%あり得ない!?
  5. 1990年代

    大西結花…借金返済の生活から現在までを振り返る
PAGE TOP