1970年代

テレサ・テンのパスポート偽造事件の真相とは何だったのか?




1986年の第19回日本有線大賞で大賞に輝いた「時の流れに身をまかせ」や、翌年の1987年「別れの予感」などの名曲で知られる台湾出身の歌手「テレサ・テン」さんがこの世を去ったのは1995年(享年42歳)のことでした。

テレサ・テンさんの名前を知っているという人は多いかと思いますが、そんな彼女に実はパスポートの偽造事件が起きていたことは、特に今の若い人は知らないのではないでしょうか。
今回はそんなテレサ・テンさんのパスポート偽造事件の真相に迫ってみたいと思います。

名前:テレサ・テン
別名義:鄧麗君〈デン・リージュン)
生年月日:1953年1月29日~1995年5月8日(享年42歳)
職業:歌手
出身:中華民国(台湾)




Sponsored Links
 

当時は「アジアの歌姫」とも称され、今も人々の記憶に残る歌手として、テレサ・テンさんの人気は衰えませんが、スキャンダルを背負った不遇な一面も持ち合わせていました。

それこそ「テレサ・テンのパスポート偽造事件」です。
それは彼女が26歳の時…
日本に「偽造パスポート」で入国し、国外退去処分を受けた事件です。

1979年2月24日の昼過ぎ、東京都港区の東京入国管理事務所前に報道陣が集まっていました。
偽造旅券(偽造パスポート)を使って入国したという不法入国の疑いで、同事務所内に収容され続けていたテレサ・テンさんが釈放されるからです。

東京入国管理事務所から現れた彼女の表情からは疲れは見えませんでした。
ただ、報道陣の偽造パスポートに関する質問には答えることはなく、友人のシンガポール人女性やレコード会社社員に囲まれて車に乗り込んだのです。

そのとき彼女に下った処分は、国外退去と1年間の日本入国禁止…
そのため行き先は成田空港で、テレサ・テンは追いかけてきた報道陣にお詫びのメッセージを書いたメモを渡し、足早にアメリカへと立ち去ったのです。

後にわかった事件の経緯はこうでした。
テレサさん釈放の7日前の2月17日…
新宿の東京ヒルトンホテルに宿泊中の彼女の元に、東京入国管理事務所の係員が訪れました。

入国管理事務所は在日インドネシア大使館から「中国系の女性がインドネシア人『テング・エリー』名義の偽造パスポートで日本に入国する可能性がある」という緊急通報を受けていたのです。
その「テング・エリー」こそ、14日に香港から羽田空港に到着、日本に入国したばかりのテレサ・テンさんでした。

彼女は取り調べには素直に応じ、入国の際に使ったパスポートが不正に作成されたものであることを認め、パスポートはインドネシアで彼女のファンから2万香港ドル(約80万円)で買ったものだと証言したのです。
偽造といってもインドネシア政府発行パスポートで、全くの偽物ではなく、現地の役人を巻き込んで不正発給されたものでした。

しかし彼女は当時、正式な母国・台湾のパスポートも持っていたのです。
なぜテレサ・テンさんは、わざわざインドネシアに偽造パスポートで入国したのでしょうか?

その理由は当時の日本と中国の関係にありました。
実は事件の7年前の1972年9月に日中共同声明で、日本政府は中国本土の「中華人民共和国」を「中国の唯一の合法政府」と承認したのです。

これに伴って台湾の「中華民国」とは国交断絶になります。
台湾国内の日本大使館も閉鎖…
そのため日本に来るためのビザを取るのに1~2カ月かかるようになったと言います。

彼女は「台湾の立場が今のようになってから諸外国への出入りが不便になってしまった」とも供述しており、この不便さが台湾や日本だけでなく、中国大陸、香港、タイ、マレーシア、シンガポール、北朝鮮などでも活躍していたテレサ・テンさんにとって、大きな障害となったようなのです。

また当時、テレサ・テンさんだけではなく、台湾の芸能人はこんな事情からインドネシアのパスポートを持つ人も少なくなかったと言います。

テレサ・テンさんは14歳で台湾で歌手としてデビューし、1974年からは日本でも歌手活動を開始しました。
また、その年の日本レコード大賞で新人賞を受賞し、アグネス・チャンさんや欧陽菲菲さんらと共に外国人アイドルとして人気を集めていたのです。

しかし、この事件で日本でのテレビ出演などはストップ…
再来日して活動を再開するのは5年後の1984年でした。
そして、そのときにリリースした曲こそ、作詞・荒木とよひささん、作曲・三木たかしさんの大ヒット曲「つぐない」だったのです。

「つぐない」は有線放送を通じて人気に火がついて大ヒットを記録…
日本有線大賞など数々の賞を受賞しました。

1985年にリリースした「愛人」も「つぐない」と同じく荒木さんと三木さんコンビが手掛け大ヒット…
テレサ・テンさんは「愛人」で第36回NHK紅白歌合戦に初出場を果たし、続く荒木さんと三木さんコンビの3曲目「時の流れに身をまかせ」は200万枚を売る大ヒットとなったのです。

ちなみに、この「つぐない」は愛の「つぐない」であり、偽造パスポートの件とは関係ありません。
しかし、どうしても何か深い意味があるのでは?…
と勘繰ってしまうのは私だけでしょうか。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 泉浩…仕事場は大田市場の大都魚類株式会社(卸業者)なの?!
  2. 森田正光(気象予報士)の離婚スキャンダルの真相とは?
  3. イワイガワ・ジョニ男のタモリがキレた話に仰天!
  4. 橋幸夫…軍刀(サーベル)を持った男に切りつけられる?!
  5. 尾崎豊…死因の真相は何だったのか?!

関連記事

  1. 1970年代

    泉谷しげる…過激な発言で番組を打ち切りに追い込む?!

    シンガー・ソングライターであり、また俳優として…

  2. 1970年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1977年度)

    王貞治さんが国民栄誉賞第1号受賞し、渡部絵美さ…

  3. 1970年代

    田淵幸一…前夫人・谷口博子との馴れ初めから結婚披露宴

    “3代目ミスタータイガース”とも称され…

  4. 1970年代

    森山良子…一人目の夫Aとの馴れ初めから離婚まで

    1975年3月11日は、森山良子さん(当時27…

  5. 1970年代

    寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚

    1974年11月15日、寺尾聰さん(当時27歳…

  6. 1970年代

    倍賞千恵子…小宮氏とは格差婚が離婚の原因?!

    1976年3月8日、軽井沢の聖パウロ教会に集ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 桑田佳祐と原由子…子供「祐宜」の出産秘話とは?!
  2. 新田恵利…熱海の家は「伊豆山エリア」or「多賀・網代エリア」…
  3. 紺野美沙子…息子は慶應義塾大学を卒業している?!
  4. 金村義明…息子がキャディを始めたワケとは一体?!
  5. 紺野ぶるま…旦那はオードリー若林似の会社員?!
  6. 佐藤二朗…嫁のルミは息子に「オジサンみたい」と言われたことが…
  7. 清貴…LGBTをカミングアウトして本来の自分を取り戻す?!
  8. つちやかおり…娘(次女)は病気を乗り越えグラフィックを学んで…
  9. 山本譲二…交通事故で全治2ヵ月の重傷を負ったことがある?!
  10. 古尾谷雅人の息子・高藤疾土は父親の名前で再び役者を志す?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    高橋健一(元キンコメ)の痴漢は冤罪ではないのか?
  2. 1970年代

    浅田美代子と吉田拓郎…馴れ初めと森下愛子との関係とは?
  3. 1990年代

    鈴木麻奈美…業界を卒業した現在は実業家に転身している?!
  4. 2000年代

    井上芳雄…家族(父親・母親・妹)や妻(知念里奈)までクリスチャン?!
  5. 1990年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1993年度)
PAGE TOP