1970年代

テレサ・テンのパスポート偽造事件の真相とは何だったのか?




1986年の第19回日本有線大賞で大賞に輝いた「時の流れに身をまかせ」や、翌年の1987年「別れの予感」などの名曲で知られる台湾出身の歌手「テレサ・テン」さんがこの世を去ったのは1995年(享年42歳)のことでした。

テレサ・テンさんの名前を知っているという人は多いかと思いますが、そんな彼女に実はパスポートの偽造事件が起きていたことは、特に今の若い人は知らないのではないでしょうか。
今回はそんなテレサ・テンさんのパスポート偽造事件の真相に迫ってみたいと思います。

名前:テレサ・テン
別名義:鄧麗君〈デン・リージュン)
生年月日:1953年1月29日~1995年5月8日(享年42歳)
職業:歌手
出身:中華民国(台湾)




Sponsored Links
 

当時は「アジアの歌姫」とも称され、今も人々の記憶に残る歌手として、テレサ・テンさんの人気は衰えませんが、スキャンダルを背負った不遇な一面も持ち合わせていました。

それこそ「テレサ・テンのパスポート偽造事件」です。
それは彼女が26歳の時…
日本に「偽造パスポート」で入国し、国外退去処分を受けた事件です。

1979年2月24日の昼過ぎ、東京都港区の東京入国管理事務所前に報道陣が集まっていました。
偽造旅券(偽造パスポート)を使って入国したという不法入国の疑いで、同事務所内に収容され続けていたテレサ・テンさんが釈放されるからです。

東京入国管理事務所から現れた彼女の表情からは疲れは見えませんでした。
ただ、報道陣の偽造パスポートに関する質問には答えることはなく、友人のシンガポール人女性やレコード会社社員に囲まれて車に乗り込んだのです。

そのとき彼女に下った処分は、国外退去と1年間の日本入国禁止…
そのため行き先は成田空港で、テレサ・テンは追いかけてきた報道陣にお詫びのメッセージを書いたメモを渡し、足早にアメリカへと立ち去ったのです。

後にわかった事件の経緯はこうでした。
テレサさん釈放の7日前の2月17日…
新宿の東京ヒルトンホテルに宿泊中の彼女の元に、東京入国管理事務所の係員が訪れました。

入国管理事務所は在日インドネシア大使館から「中国系の女性がインドネシア人『テング・エリー』名義の偽造パスポートで日本に入国する可能性がある」という緊急通報を受けていたのです。
その「テング・エリー」こそ、14日に香港から羽田空港に到着、日本に入国したばかりのテレサ・テンさんでした。

彼女は取り調べには素直に応じ、入国の際に使ったパスポートが不正に作成されたものであることを認め、パスポートはインドネシアで彼女のファンから2万香港ドル(約80万円)で買ったものだと証言したのです。
偽造といってもインドネシア政府発行パスポートで、全くの偽物ではなく、現地の役人を巻き込んで不正発給されたものでした。

しかし彼女は当時、正式な母国・台湾のパスポートも持っていたのです。
なぜテレサ・テンさんは、わざわざインドネシアに偽造パスポートで入国したのでしょうか?

その理由は当時の日本と中国の関係にありました。
実は事件の7年前の1972年9月に日中共同声明で、日本政府は中国本土の「中華人民共和国」を「中国の唯一の合法政府」と承認したのです。

これに伴って台湾の「中華民国」とは国交断絶になります。
台湾国内の日本大使館も閉鎖…
そのため日本に来るためのビザを取るのに1~2カ月かかるようになったと言います。

彼女は「台湾の立場が今のようになってから諸外国への出入りが不便になってしまった」とも供述しており、この不便さが台湾や日本だけでなく、中国大陸、香港、タイ、マレーシア、シンガポール、北朝鮮などでも活躍していたテレサ・テンさんにとって、大きな障害となったようなのです。

また当時、テレサ・テンさんだけではなく、台湾の芸能人はこんな事情からインドネシアのパスポートを持つ人も少なくなかったと言います。

テレサ・テンさんは14歳で台湾で歌手としてデビューし、1974年からは日本でも歌手活動を開始しました。
また、その年の日本レコード大賞で新人賞を受賞し、アグネス・チャンさんや欧陽菲菲さんらと共に外国人アイドルとして人気を集めていたのです。

しかし、この事件で日本でのテレビ出演などはストップ…
再来日して活動を再開するのは5年後の1984年でした。
そして、そのときにリリースした曲こそ、作詞・荒木とよひささん、作曲・三木たかしさんの大ヒット曲「つぐない」だったのです。

「つぐない」は有線放送を通じて人気に火がついて大ヒットを記録…
日本有線大賞など数々の賞を受賞しました。

1985年にリリースした「愛人」も「つぐない」と同じく荒木さんと三木さんコンビが手掛け大ヒット…
テレサ・テンさんは「愛人」で第36回NHK紅白歌合戦に初出場を果たし、続く荒木さんと三木さんコンビの3曲目「時の流れに身をまかせ」は200万枚を売る大ヒットとなったのです。

ちなみに、この「つぐない」は愛の「つぐない」であり、偽造パスポートの件とは関係ありません。
しかし、どうしても何か深い意味があるのでは?…
と勘繰ってしまうのは私だけでしょうか。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 相原勇と曙…破局の真相は如何に?!
  2. 野村貴仁…今現在は「野球教室」を仕事としている?!
  3. 鹿賀丈史…体調不良の理由が「認知症」だと言われるワケとは?!
  4. 千葉真一と野際陽子…馴れ初めと離婚理由は何だったのか?
  5. 反町理氏…パワハラ・セクハラ疑惑の内容とはいかに?!

関連記事

  1. 1970年代

    萩本欽一…奥さんとの馴れ初めが感動する件

    日本野球連盟茨城ゴールデンゴールズの初代監督で…

  2. 1970年代

    黒沢明…自殺未遂の背景には何があったのか?!

    1971年暮れ、すでに世界的評価を得ていた黒沢…

  3. 1970年代

    コメットさんのヒロイン九重佑三子の赤裸々告白

    「週刊ポスト」が当時24歳だった「九重佑三子」…

  4. 1970年代

    藤圭子…前川清との離婚理由は何だったのか?!

    1972年8月12日の午前、都内のホテルで藤圭…

  5. 1970年代

    借金に悩まされたマイトガイ・小林旭の返済方法とは?

    代表的な出演作品と言えば、「渡り鳥シリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    島田裕三の実家「島田建設」は鈴木宗男の収賄に絡んでった本当?!
  2. 1990年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1993年度)
  3. 1990年代

    大竹しのぶ…野田秀樹とは結婚せずに破局?!
  4. 1970年代

    紅白のトリだった美空ひばりが出演NGとなったワケとは?
  5. 1990年代

    森高千里と江口洋介…結婚までの馴れ初めとは?
PAGE TOP