1960年代

山本富士子が映画に出なくなった理由とは?





1950年に記念すべき第1回ミス日本に選ばれたのが「山本富士子」さんです。

名前:山本富士子(やまもとふじこ) ※本名も同じ
生年月日:1931年12月11日(85歳)
出生地:大阪府大阪市西区立売堀(いたちぼり)
職業:女優
学歴:京都府立第一高女(現・京都府立鴨沂高等学校)
備考:第6回日本映画批評家大賞 ゴールデン・グローリー賞(1996年)、紫綬褒章(2001年)など受賞



Sponsored Links

1953年大映に入社して100本近くの映画に出演しましたたが、1963年のフリー宣言をきっかけに映画界からホサれる騒ぎになったのです。
原因は悪名高き”五社協定(大手映画会社5社である松竹、東宝、大映、新東宝、東映が1953年9月10日に調印した専属監督・俳優らに関する協定)”…
マスコミは「日本一の美女を泣かせるな」と非難の声をあげました。

テレビがまだそれほど普及していなかった1950年代の娯楽と言えば映画でした。
年間500本を超えるの映画が製作され観客動員は延べ10億人にも及んだのです。

当時は人気俳優を中心に企画・製作のすべてが進行する”スターシステム“によって作られていました。
この手法は俳優への依存度が高いため、引き抜きや移籍は映画会社に大きなダメージを与えたのです。
そこで1953年に映画会社5社は監督・俳優の引き抜きを禁止する「五社協定」を結び、スターの移動を制限したのです。

山本さんもスターの一員として大映専属で活躍していました。
しかし、スター・システムの映画製作では俳優の意思とは無関係に企画が決定・出演させられることにもなったのです。

脚本を読んで諾否を決める余地はありません…
山本さんは1962年の結婚、大映と10年契約が満期となるのをきっかけに独立を決意したのです。

当初大映は「年間主演2本、共演1本、他社出演は自由」という条件で慰留しましたが、その後方針を変更し、「専属かフリーかの二者択一」を迫ったのです。
当時31歳だった山本さんは「契約条件に他社出演が認められながら、実際にはもめるなど”自由”が拘束されてきた」と1963年3月28日、フリー宣言を行ったのです。

当初、大映の永田社長は山本さんに対し、「いつでも困ったことがあったら帰ってきなさい」、「他社出演を妨害するなんてオレがそんな小さな根性の持ち主か」と発言し、一見和やかなムードに見えた別れだったのですが…

しかし、独立後、山本さんを取り巻く環境は一変しました。
宣言以降、山本に対する出演依頼が止まっただけではなく、以前に出演契約を交わしていた会社までが出演を断ってきたのです。
「山本に合う役がない、山本のための企画がない」などと、完全に映画界から追放された形になってしまったのです。

その結果、6月に予定されていた歌舞伎座での団十郎さんとの共演も中止に追い込まれ、影響は舞台活動にまで及びました。
一時、山本さんは女優引退まで考えたといいいます。

しかし、そんな危機を救ったのはテレビでした。
石井ふく子さん(TBSテレビプロデューサー)の勧めもあり、山本さんは1983年7月7日整の東芝日曜劇場「明治の女」で復帰を果たすことになります。
初のテレビドラマ出演で放送が終わって1分も経たないうちに、山本さん宅ではファンからの応援電話が鳴りっぱなしになったそうです。

電話調査による当時の視聴率推計値は43%…
以降、テレビ各局は山本さんの争奪戦を繰り広げるようになっていきました。

その後、山本さんは映画には一切出演していません。
舞台活動もほどなく再開でき、現在も舞台を中心に活躍しています。

一方、映画界は1964年の東京五輪を契機に一般家庭にテレビが普及したことで、斜陽化の一途をたどりました。
大映は1971年に倒産、これに伴い五社協定も崩壊したのです。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 荻野目慶子…不倫相手の映画監督の自殺スキャンダル
  2. 反町理氏…パワハラ・セクハラ疑惑の内容とはいかに?!
  3. 福山雅治…結婚のショックで株価も下落?!
  4. 沢尻エリカ…「別に」の理由は何だったのか?!
  5. 長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1988年度)

関連記事

  1. 1960年代

    若尾文子の泥沼離婚騒動の真相とは?…

    日本映画を代表する正統派美人女優として活躍し、…

  2. 1960年代

    小森和子…若い頃の驚くべき男性遍歴と武勇伝?!

    愛称は「(小森の)おばちゃま」…92歳で亡…

  3. 1960年代

    市川猿翁と元妻・浜木綿子…45年前の離婚劇の真実

    実は東大出のインテリである香川照之さんは、20…

  4. 1960年代

    中村メイコの旦那や息子・次女や娘婿(杉本哲太)が凄い!

    芸歴79年の大女優「中村メイコ」さん(83歳)…

  5. 1960年代

    こまどり姉妹…事件の真相と現在の活動について

    1938年2月16日に北海道で炭鉱労働者をして…

  6. 1960年代

    神田正輝の父母、兄弟の意外な真相とは!?

    あの石原裕次郎さんにレストランで声をかけられた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    里谷多英…公然わいせつ事件から現在まで
  2. 2000年代

    モエヤン…現在は解散して池辺は「水曜日のダウンタウン」出てた?!
  3. 1970年代

    田宮二郎…自殺の原因と2人の息子の現在とは?!
  4. 2000年代

    相澤仁美…疑惑の画像が流出してから現在まで
  5. 2000年代

    片桐仁と片桐はいりの関係…兄弟説は完全にガセ?!
PAGE TOP