1990年代

井上晴美…メキシコ人と結婚して現在は子供3人?!





1990年代に大活躍した女優の「井上晴美」さん。
過去に多くのドラマに出演し、スキンヘッドのヌードポスターなどでも話題を呼びました。

そんな井上さんですが、彼女といえばやはり豊満なバストをイメージしてしまいますよね。
実は、そのバストに1億円の保険をかけていた…
というから驚きです。

名前:井上晴美(いのうえはるみ)
本名:北村仁絵(きたむらきみえ)
生年月日:1974年9月23日(43歳)
職業:タレント、女優
所属:フロム・ファーストプロダクション
出身:熊本県
学歴:東京都立新宿山吹高等学校




Sponsored Links
 

バブル末期の1991年、熊本から上京して16歳でデビューした井上晴美さん…
同年7月、バストに1億円の保険をかけたことで話題を呼びました。

井上さんは熊本では五輪選手を目指して水泳に励んで、小学校時代には九州大会で優勝したこともありましたが、水泳をやめてからバストがどんどん大きくなり、気がついた時にはEカップ…
86cmに成長していたのです。

上京後は“桜っ子クラブ桜組”の一員としてデビューし、所属事務所はシングル発売に合わせバストに1億円の保険をかけました。
過去には1989年、瞳に1億円の保険をかけて話題となった田中美奈子さんの例もありますが、井上さんのバスト保険は話題性抜群でマスコミに大きく取り上げられ、“保険アイドル”とも呼ばれたのです。

保険のシステムについて井上さんは「傷害保険の一種だから、胸が傷ついたりすると保険金が出るんですけど、金額はケガの程度で変わるみたい。もちろん蚊に刺されたくらいじゃ一銭も出ませんけど」と説明しました。
しかし「みんなの視線が胸ばかりに集中するから、ちょっと嫌なんですよ。保険なんてプロモーションだし」と複雑な心境も語っていたのです。

後に井上さん自身が語るように保険は話題づくりの一環でした。
日本では体の一部にかける保険は認められておらず、バスト保険は一般的な傷害保険の一部…
1年間の保険料は25万円だったのです。

とはいっても、バストに1億円がかかっているのは事実…
井上さんは「自分でもなんとなく気を使ってあげるようにはなりましたね。下着とかも形をちゃんと整えるようにした」とバストへの意識は以前より高まったといいます。

デビューを機にサイズを測り直したら、「それまで着けていたプラが3サイズ小さかったことを知って慌てました」という仰天エピソードも明かしました。

その後、バストに大きなトラブルもなく、保険は1992年6月いっぱいで期限切れ…
その間、井上さんのバストは88cmヘと2cmグレードアップしました。

通常、バストを売りにデビューしたアイドルはブレーク後に路線変更することが多いのです。
井上さんも保険の期限切れ前に「1億円からうまくイメチェンしていけるといいなと思っています」と語っていました。

しかし、1992年7月の桜っ子クラブ・プール大会で「まだ照れますね。ファンの前に水着で出るのは久しぷり」と語り、保険期間中のバスト露出は比較的抑えめだったのです。

逆に1995年の初主演映画「82(ワニ)分署」では豊満な肢体を武器に水中撮影も含め、華麗なアクションを披露…
1999年には幻冬舎文庫キャンペーンのスキンヘッドのヌードポスターと篠山紀信さんによる丸刈りのヘアヌード写真集「LIVE」が話題を呼び、独特の爽やかセクシー路線を堅持しました。

2005年9月17日にはカナダの語学学校で知り合った同じ歳のメキシコ人男性と国際結婚…
その後、2007年6月3日に第1子となる長男が生まれ、2009年11月19日に第2子となる長女を出産しました。
さらに2011年8月25日に第3子を出産しています。

現在は故郷の熊本県に在住しているのですが…
2016年4月16日未明に起きた熊本地震によって自宅が全壊するなどの被害を受けています。

このとき、子どもを連れて近くの友人宅に避難し、テントで一夜を過ごしたことを電話にてテレビ番組で生出演したことでも話題となりました。。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 原田篤の現在と秋本奈緒美との子供に関する件
  2. おかずクラブゆいPにタトゥーが入ってるか探してみた件
  3. 松村邦洋がマラソン中に心肺停止で倒れた原因とは?
  4. 高沢悠子…高校は「仙台北」それとも「仙台南」?!
  5. 松坂慶子…高内春彦との馴れ初めから結婚まで

関連記事

  1. 1990年代

    田村英里子…降りかかった事件の数々を振り返る

    父親の仕事の関係で8歳から13歳までを旧西ドイ…

  2. 1990年代

    FC岐阜ラモス瑠偉が再婚と娘は結婚について語る

    1970年代後半から1990年代にかけて活躍し…

  3. 1990年代

    安室奈美恵…SAMとの出会いや馴れ初めとは?

    小室哲哉さんのプロデュースでミリオンヒットを連…

  4. 1990年代

    松尾和子…転落死により息子と「再会」できず

    あの力道山が経営していた赤坂のクラブ・リキの専…

  5. 1990年代

    GAO(歌手)…性別・年齢の謎と2017年現在の活動

    発声練習中に声をつぶし、その声からつけられたあ…

  6. 1990年代

    樹まり子…業界最高額の契約金は「3000万円」?!

    伝説のセクシー女優といえば「樹まり子」さんもそ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    八代英太…転落事故と畠山みどりの関係とは一体?!
  2. 2000年代

    前田真希…吉田裕との馴れ初めと二股疑惑も?!
  3. 1990年代

    薬丸裕英と石川秀美…馴れ初めと結婚会見秘話
  4. 1980年代

    衣笠祥雄…なぜ広島カープの監督になれなかったのか?
  5. 1980年代

    寺山修司はサイコパス?!明らかになった奇行の数々…
PAGE TOP