1980年代

石原真理子…プッツン女優の過去から現在までを振り返る




 

1980年の映画「翔んだカップル」(東宝)で準主役としてデビュー…
清純派としての地位を確立したのが「石原真理子」(旧・石原真理)さんでした。

しかしのちに「プッツン女優」と評されるなどして少しヤバイイメージがつくように。
そして自叙伝や万引きにおける騒動など…
プッツン女優の過去から現在までを振り返ってみたいと思います。

名前:石原真理子(いしはらまりこ) ※本名「デロウ真理絵」
生年月日:1964年2月4日(55歳)
職業:女優
所属:フェアリーエンジェルビクトリー
出生地:東京都大田区田園調布
学歴:堀越高等学校卒業



Sponsored Links
 

清純派としての地位を確立したのが石原真理子さんですが、1983年の連ドラ「ふぞろいの林檎たち」(TBS系)シリーズでは、今までにはない破天荒な女性を演じて人気となりました。
しかしこの3年後、ある番組出演を機にありがたくないレッテルが貼られることになるのです。

その番組とは、9月22日放送の明石家さんまさんが司会を務める「さんまのまんま」(フジテレビ系)でした。
石原さんは当時22歳…
清純派のイメージが強かった石原さんは、部屋に入るなり自分のネックレスを指さし、開口一番「好きですかこれ?」と言い出したのです。

さんまさんが「好きですよ」と答えると、「嫌いなら取ろうと思ったんだけど。そうか、まいったな…」と石原さん。
すると、さんまさんが今度は「大嫌い」と言うと、石原さんは「じゃあ、取っていいかな。重いの、肩が凝っちゃうから…」と言ってネックレスを外したのです。

これだけなら、ちょっと変わっているものの、まずまず普通のトークだったのですが…
石原さんは続けて「ネックレスちゃんが椅子に座りたいというから、いいですか?」とさんまさんに聞いてから椅子に乗せ、「まだ名前ついてないの。(ネックレスは)双子だけど」と話し出したのです。

その後、番組は石原さんの独壇場…
終始この調子でさんまさんとの会話が30分以上も続きました。

後日、この様子が大きく報じられます。
この翌月に片岡鶴太郎さんの日本テレビ系「プッツン5」の放送が始まったことも影響して、プッツンの言葉が広まり、石原さんは「プッツン女優」と言われるようになりました。

ちなみに「さんまのまんま」の2日後には、2人は揃って「笑っていいとも!」(フジテレビ系)に出演し、石原さんは司会のタモリさんにニワトリのマネをさせるなど絶好調…
さんまさんは石原さんのことを「芸能界の暴走族」とネタにもするようになったのです。

こうして、片岡鶴太郎さんがプッツンで流行語大賞大衆賞を獲得し、「現代用語の基礎知識」にも掲載されるに至ったわけです。
もっとも、プッツンだけなら石原さんがあれほどまでに注目されることはなかったかもしれません…

1980年代後半に、石原さんは交際報道が次々と出て、特に話題になったのがミュージシャンで俳優の玉置浩二さんでした。
そのためプッツンの4文字は石原さんのスキャンダルのたびに蒸し返されたのです。

石原さんはその払拭のためなのか、改名や渡米などを試みます…
特に改名は頻繁で、1993年に真理子から芸名および本名を真理絵に、2006年に芸名を真理子に戻しました。

また2008年には改名の半年後に、12月に自叙伝「ふぞろいな秘密」出版し、大騒ぎになります。
30万部を超えるベストセラーになったものの、石原さんと他タレントらの恋愛遍歴が赤裸々につづられた内容が注目を集まり、スキャンダラスに報じられました。

なお、この騒動はそれで終わりにならず、石原さんは2009年8月放送のフジテレビの番組の中で「暴露本は自分では書いていない」と爆弾発言…
週刊誌の取材に「私は普段下ネタも言わない人です」、「週刊誌のような内容を書くわけがない」とコメントしたのです。

ブログでも「私の人生のポリシーを捻じ曲げて表現」と抗議して、その日に芸名を石原真理に再々改名しました。
その理由を「名前のエネルギーが強引に曲げられた」と説明しています。

しかし石原さんは、それでも意気軒高…
2017年2月24日にオフィシャルブログで、元の石原真理子に戻すことを発表し、アルファベットの場合「Marie Ishihara」とするなど、復活の待望論は根強く、ブログで本音を発信し続けています。

最近の石原さんと言えば、2017年7月18日に東京都墨田区内のスーパーで万引きをしたとして警視庁本所署に書類送検されています。

警視庁本所署は起訴を求めない寛大処分で済みましたが、書類送検当時、石原さんは「おなかがすいたから万引してしまいました」と容疑を認めています。
ここまで来ると、プッツンでは済まないかと思いますが、相も変わらず石原節は続いているようです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 広末涼子…早稲田大学入学で大騒ぎになった件
  2. 大浦龍宇一…仕事上のトラブルは借金と父親が原因だった?!
  3. 宮沢磨由の妹「宮澤那名子」はヴェルサイユ宮殿で歌った最初の日本人のメンバーだった…
  4. 石橋蓮司と緑魔子…子供の名前が「阿礼」になった理由とは?
  5. 木幡育也騎手が使用したフロセミドとはどんな薬?

関連記事

  1. 1980年代

    三宅裕司…スタッフの不祥事で「イカ天」打ち切り

    劇団「スーパー・エキセントリック・シアター(SET)」の座長…これ…

  2. 1980年代

    宮川大助・花子…闘病の日々を乗り越えて

    夫婦漫才の大御所といえば、漫才師の「宮…

  3. 1980年代

    都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!

    紅白出場回数29回。代表曲「好きになった人」や「北の宿から」、「大…

  4. 1980年代

    志垣太郎…嫁・白坂紀子との馴れ初めから結婚

    テレビドラマ“おれは男だ!”や“あかん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    宝田明…元妻「児島明子」との馴れ初めから結婚・離婚まで
  2. 2000年代

    川中美幸…夫の覚醒剤所持での逮捕を受けて
  3. 1990年代

    笠木忍…現在は御徒町のスナックで指名待ち?!
  4. 1980年代

    浅沼正人(Johnny)…妻・世津子との馴れ初めから結婚まで
  5. 1990年代

    GAO(歌手)…性別・年齢の謎と現在の活動
PAGE TOP