1990年代

乱一世…あの「失言内容」って何て言ったんだっけ?

これは知っている人も多いのではないでしょうか…
テレビ朝日で放送されていた人気深夜番「トゥナイト」の準レギュラーだったし乱一世(当時47歳)さん。
彼が思わぬ騒動を引き起こてしまったのが1997年8月26日の放送でした。

名前:乱一世(らんいっせい)
本名:石瀬泰久
生年月日:1950年4月14日
職業:ナレーター、レポーター
所属:オーディック
出身:東京都文京区
学歴:東海大学文学部



Sponsored Links

担当はお色気コーナーのリポート…
その日、乱さんがCMに入る直前にコーナーの予告をしました。

予告はこんな大げさな口上(失言内容)だったのです。

今日のネタはちょっとやそっとじゃ見られません。親類縁者にも電話してください。2分間だけ、みなさんに猶予を与えたいと思います。トイレに行かれる方はトイレへ。この2分間に行かないと大変なことになりますね。

ご存じのように民放の経営は、今も昔もCM収入で成り立っています。
「CMの間にトイレに行け」という乱さんのこの発言は放送界の禁句でした。

しかも「トゥナイト2」は生放送番組…
この発言はそのまま放送されてしまったのです。

その直後、乱さんも気がついて「CMのあとで謝ろうか?」と思ったのですが、現場のスタッフは「乱さんのキャラだから大丈夫だろう。」とそのままになったといいます。

しかし、これが大ごとになります…
乱さんにとって運の悪いことに、テレ朝は1997年2月9日放送の「サンデージャングル」と、2月11日放送の「ニュースステーション」で、CM直前に「トイレは今のうちに」との字幕を出してしまうミスを続け、CM軽視としてスポンサー側の怒りを勝っていたのです。

日本広告主協会からも再発防止の要望書が出され、それを受けてテレ朝社内でもCMの取り扱いに注意するようにと書かれたマニュアルが配られたばかりでした。

この発言は「あってはならない再発…」と、問題とされることになります。
テレ朝は翌27日に懲罰委員会を開きました。

決まった処分は 役員や局長らの減俸と、担当プロデューサーの10日間の出勤停止という重いものだったのです。
乱さんも「当分の間、出演のご辞退を願う…」という一時降板処分が、その場で決まります。

この事件を機に、乱さんはテレビ以外にも決まっていたラジオの方の仕事も切られ、その後半年ほど、干された状態になったといいます…
当初、乱さんは「トゥナイト2」関係者から「すぐに復帰できる」という説明を受けていたといいいますが、延びに延ぴました。
結局、同番組への復帰がかなったのは、2年半後の2000年3月になっていたのです。

その日、乱さんはCM直前に「特集の前にとても重要なお知らせの時間です。心と見るように…」と見事な自虐ギャグを決め、場を沸かせました。
乱さんは1950年生まれ…
ディスコDJを経て1976年「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」(ニッポン放送)のパーソナリティーとして芸能界デビューします。

その後は司会者やナレーターとして活躍しました。
「噂の東京マガジン」(TBS系)の「平成の常識・やって!とーらい」コーナーのナレーターなどを務めた他、俳優などに芸能活動の幅を
広げています。



ピックアップ記事

  1. 大浦龍宇一…仕事上のトラブルは借金と父親が原因だった?!
  2. 乙羽信子…映画監督・新藤兼人との結婚秘話
  3. 木根尚登の実家と家族(妻や娘)についてカミングアウト?!
  4. 研ナオコに起きた離婚騒動の経緯とは?
  5. 池谷幸雄…離婚理由は「吉元潤子アナウンサー」?!

関連記事

  1. 1990年代

    松田聖子…アメリカ人・ジェフとの不倫と暴露本

    1980年代を代表するアイドル歌手である一方で、一時期はスキャンダが代…

  2. 1990年代

    あいだもも…高知東生との結婚・離婚から現在は?!

    タレントでもある「あいだもも」さんは、1989年「丸山明代」名義で、集…

  3. 1990年代

    有森裕子…なぜガブリエルは結婚会見でゲイをカミングアウトしたのか?

    「自分で自分を褒めたい」という名言を残した日本を代表するマラソンランナ…

  4. 1990年代

    裕木奈江…バッシング事件の原因は「ポケベルが鳴らなくて」?!

    1980年代末に映画女優としてデビュー…1992年にはフジテレビ系…

  5. 1990年代

    舘ひろし…幸子夫人と結婚と子供に関して

    「西部警察」(1979年)や「あぶない刑事」(1986年)でもおなじみ…

  6. 1990年代

    真田広之…手塚理美との離婚問題を振り返る

    1990年代に週刊誌などの関心事となっていた夫婦といえば、「真田広之」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 上原美優…遺書の内容は亡くなった母へ宛てたものだった?!
  2. 小林さやか(ビリギャル)の高校が名古屋の「愛知淑徳学園」で確…
  3. 高倉健…養女の名前「河野貴」(芸名:貴倉良子)が明らかになる…
  4. 白石小百合…退社理由は香水販売だけでなく「紺野あさ美」など同…
  5. 寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚
  6. 如月琉(37歳)…高校は「弘前高校」と発覚!本名は卒業アルバ…
  7. 及川奈央…現在は舞台女優として活躍中?!
  8. 本田美奈子…白血病が発覚するも移植する猶予もなく他界
  9. 栗城史多…登山家から批判された理由とは何だったのか?!
  10. 真田広之…手塚理美との離婚問題を振り返る
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    真田広之…手塚理美との離婚問題を振り返る
  2. 2000年代

    ローラに似ていると言われた水沢アリーの現在
  3. 1980年代

    松本明子と旦那のなれそめに兄弟が関係している?
  4. 2000年代

    前田けゑ…遺産相続が理由で年収は6000万円に?!
  5. 1990年代

    ヒロミ(B21)におきた花火事故の経緯がこれだ!
PAGE TOP