1990年代

山崎浩子…統一教会脱退後の今はスポーツライター?!





他人の思想や情報をコントロールし個人が意思決定する際に特定の結論へと誘導する技術を指す概念である「マインドコントロール」という言葉を世に知らしめた統一教会騒動…
特に元新体操の五輪選手、「山崎浩子」さんの入信・脱会と失踪は、格好のワイドショーネタでした。

名前:山崎浩子(やまさきひろこ)
生年月日:1960年1月3日(58歳)
職業:新体操指導者、タレント、スポーツライター
出生地:鹿児島県揖宿郡山川町(現・指宿市)
学歴:東京女子体育大学




Sponsored Links
 

1993年4月21日の早朝、TBS内に設けられた会見場に山崎さんが久しぶりに姿を現しました。
緊張した表情の山崎さんは統一教会からの脱会を語り始めたのです。
「すべてが間違いだとわかりましたので、世界基督教統一神霊協会から脱会することを決意しました」、「私はマインドコントロールされていました」と。

会見を仕切ったのは、ジャーナリストの有田芳生氏を起用し、最初に山崎さんが信者であることをスクープした週刊文春…
その後も「反統一教会」の立㻛で報道を続け、この会見に合わせて発売された号には山崎さんの独占手記が掲載されていました。
会見後の山崎さんは「ビッグモーニング」、「モーニングEye」など各局のワイドショーに生出演し、いずれも異例の高視聴率を記録しています。

山崎さんの入信が発覚したのは前年1992年6月…
同年8月、韓国ソウルのオリンピックスタジアムで開かれた統一教会の合同結婚式にも参加しました。

約1万組が参加したこの結婚式には、桜田淳子さんやバドミントン元世界チャンピオンの徳田敦子さんらの姿もあったのです。
文鮮明教祖が結婚相手をすべて指定し、初夜の体位まで決められているという教義など相まって報道が過熱しました。

当時の記者合見で合同結婚式への参加を表明した山崎さんは、婚約者となった“テッシー”こと勅使河原秀行氏とともにマスコミの前に登場…
自らの信仰心を熱く語り続けました。

しかし、当時の統一教会には霊感商法やマインドコントロールによる強引な信者獲得など様々な問題が指摘されており、桜田さんらとともに山崎さんは“広告塔”と批判の的になったのです。

そして合同結婚式から半年後の1993年3月6日…
山崎さんは入籍を目前にして失踪してしまうのです。

統一教会側は婚約者の勅使河原氏がマスコミに登場し、「失踪は彼女の意思ではない。拉致・監禁による強制改宗だ」と訴え、警察に捜索願を提出しました。
マスコミも血眼になって行方を追い続け、山崎さんの実母の一周忌には、実家のある種子島に100人を超える記者が詰め掛けましたが、山崎のさん姿はありません。
身内がいる三重・答志島に山崎さんが渡ったという情報もあり、記者は民宿の軽トラを借りて島中を捜し回ったのです。

実はこの間、山崎さんは家族や親類、反統一教会の活動を続けていた杉本誠牧師らによって隔離され、脱会の説得を受け続けており、山崎さんが再び教会に戻ることはありませんでした。

失踪騒動から1年後、山崎さんは入信・脱会までを赤裸々に告白した「愛が偽りに終わるとき」という手記を出版…
現在は日本の新体操強化のために尽力しながら、スポーツライターとしても活躍しています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 中康次…ダイレンジャーや佐々木小次郎などの役者魂
  2. 滝沢カレン…彼氏A君(実業家)の名前は「ゆうすけ」…って誰?!
  3. 徳島えりか…結婚相手は30代で業界関係者?!
  4. 反町理氏…パワハラ・セクハラ疑惑の内容とはいかに?!
  5. 志尊淳は韓国人?本名の由来は実は〇〇だった?!

関連記事

  1. 1990年代

    桂枝雀…天才落語家の自殺の原因はなんだったのか?!

    皆から「天才落語家」と呼ばれた落語家の一人「(…

  2. 1990年代

    松宮一彦アナウンサー…死因(自殺)の原因は何だったのか?!

    祖父は旧財閥系の会長で、父親は資産家の日本大学…

  3. 1990年代

    しいなまお…現在は女優活動を休業中?!

    実は秘書検定2級を持っており、深夜番組「トゥナ…

  4. 1990年代

    森且行がSMAPを辞めた背景には何があったのか?

    2016年12月31日に解散した日本を代表する…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    嘉門洋子(オフィス27)の薬物疑惑から現在
  2. 2000年代

    Niki(丹羽仁希)の彼氏は本当に山下智久で決まりなのか?!
  3. 1970年代

    高峰三枝子…息子(清貴)の逮捕は元夫が原因?!
  4. 2000年代

    水野美紀…独立した理由は何だったのか?!
  5. 2000年代

    平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知ってた?!
PAGE TOP