2000年代

剛力彩芽…前澤友作のせいでアンビリバボーを降板になる?!





2012年10月から「奇跡体験!アンビリバボー」の進行役として活躍している「剛力彩芽」さん。
一方で、ZOZOの創業者で実業家の「前澤友作」社長の恋人であることでも知られている彼女ですが、実はそれが原因でアンビリバボーの降板危機の噂が出ているというのです。

名前:剛力彩芽(ごうりきあやめ)
生年月日:1992年8月27日(26歳)
職業:女優、ファッションモデル、タレント、歌手
所属:オスカープロモーション
出身:神奈川県横浜市保土ケ谷区




Sponsored Links

前澤社長と言えば、2017年3月時点の総資産は3330億円で、日本国内のランキング14位…
年収35億円以上とも言われているようは大資産家です。

しかし、この金持ちっぷりとイメージが恋人の剛力彩芽さんにも影響しているのだと言います。
その点を指摘したのは、2018年12月13日号の「週刊新潮」でした。

例えば、2018年11月20日に前澤社長はJGTO(日本ゴルフツアー機構)の青木功会長や松山英樹さんと並んで会見を行い、2019年10月に「ZOZOチャンピオンシップ」を開催すると宣言しました。

この宣言は昨今人気低迷が叫ばれている男子ゴルフ界にとっては願ってもない話だったのです。
日本の男子ツアーはバブル期から比べるとほぼ半減…
年間38試合の女子ツアーに比べても明らかに低迷していたからです。

そのため、このアメリカツアー開催は人気回復の起爆剤として歓迎されました。
アメリカ合衆国や北米における男子プロゴルフツアーを運営する団体、またこの団体が運営するツアートーナメントであるPGAツアーの公式戦が日本で開かれるのは史上初です。

ただし、当初はこの「ZOZOチャンピオンシップ」における巨額の賞金が波紋を広げました。
前澤社長は当初、賞金総額975万ドル(約11億円)、優勝賞金175万ドル(約2億円)を掲げたのです。

全米オープンの216万ドルを始め、優勝賞金が2億円を超える大会は4大メジャーくらいで、日本ツアーでは5200万円が最高額です。
つまり、ZOZOの大会で優勝した選手が自動的に賞金王になってしまう計算になるからです。

スポンサー契約やメディア露出など、賞金王の恩恵は計り知れず、それがたった1試合で決まるというのは、さすがに問題だとされました。
その点は後に議論を重ねられ、アメリカとアジアツアー共催大会の例などを踏まえて、ランキングでは50%を加算することが正式に発表されましたが、前澤社長のお金持ちっぷりが垣間見えたのです。

また、最近でもTwitterにて100名に100万円をプレゼントすることを発表したり、アメリカのベンチャー企業「スペースX」が実現を目指している民間初の「月周回旅行を予約して手付金として100億円以上を支払っているというのも話題になりました。
過去にも画家のバスキアが1982年に描いた作品を約120億円以上で購入したことでも知られています。

このような経緯もあり週刊新潮によると、「奇跡体験!アンビリバボー」では、剛力さんをMCから降板させるという話がフジテレビ関係者の中で出ていると言います。

アンビリバボーは深夜番組を除くと、剛力さんにとってほぼ唯一のレギュラー番組…
しかも、番組の忘年会にも顔を出すなどスタッフからの評判は決して悪くないと言います。

ただ、大富豪の彼女という立場が番組で剛力さんを扱いづらくしているようなのです。
例えばVTRを観て「40万円の修理費をケチったために…」とコメントしても嫌味っぽく聞こえたりするからです。

アメリカの不動産王を取り上げた際にも、MCの恋人の方が金持ちなので視聴者が白けてしまったり、番組放送後には毎回のように彼女の発言がネットで炎上するといったこともありました。

確かに大金持ちの感覚でテレビを観ると、「お金があれば解決できるのに…」とか「そんなことが凄いことなの?」と感じてしまうこともあるでしょう。
その感覚が視聴者に伝わってしまうと、番組も面白味も薄れてしまう可能性もあります。

果たして剛力さんはアンビリーバボーをこれからも続けていけるのでしょうか?…
前澤社長との関係も含めて気になるところです。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  2. 大橋巨泉…パイプカット宣言の裏側には何があったのか?!
  3. 高橋健一(元キンコメ)の痴漢は冤罪ではないのか?
  4. 三宅アナ…息子はナイナイのマネージャーになっていた件
  5. 倉沢淳美…握手会でファンに襲われてから現在まで

関連記事

  1. 2000年代

    片岡鶴太郎はヨガ呼吸法で激やせしている?!

    俳優・お笑いタレント・歌手・画家・プロ…

  2. 2000年代

    森田童子の死因は「癌(ガン)」や「心疾患」だった?!

    テレビドラマ「高校教師」の主題歌「ぼく…

  3. 2000年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(2003年度)

    六本木ヒルズがグランドオープンし、「バ…

  4. 2000年代

    宮沢磨由の妹「宮澤那名子」はヴェルサイユ宮殿で歌った最初の日本人のメンバーだった!

    2016年に宮崎謙介議員(35歳)と不倫密会で、一躍その名前が知られた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2010年代

    Niki(丹羽仁希)の彼氏は本当に山下智久で決まりなのか?!
  2. 1990年代

    大竹しのぶ…野田秀樹とは結婚せずに破局?!
  3. 1980年代

    丸山由美(江上由美)…夫・貴也とバレーボール選手らしい結婚式を挙げる?!
  4. 2000年代

    式守与之吉…休場の原因となった「ギラン・バレー症候群」とは?!
  5. 1990年代

    ビートたけし…事故の会見でも語らなかった真相とは?!
PAGE TOP