1980年代

アントニオ猪木…暴漢に襲われて元妻・尚美と共に入院する?!




 

元プロレスラーで実業家、政治家としても活動している「アントニオ猪木」さん。
そんな猪木さんは過去に、演説中に暴漢に襲われて全治3週間のケガを負ったことがありました。
今回は1989年に起きた事件と猪木さん、そして元妻・尚美さんに関するお話です。

名前:アントニオ猪木(アントニオいのき)
本名:猪木寛至(いのきかんじ)
生年月日:1943年2月20日(76歳)
職業:元プロレスラー、実業家、政治家
出身:神奈川県横浜市鶴見区
学歴:横浜市立寺尾中学校




Sponsored Links
 

事件が起こったのは1989年10月14日、福島県会津若松市にある県営会津体育館での出来事でした。
この日は、地元の「民社党(1994年12月に新進党の結成に伴い解散)議員を励ます会」が行なわれており、アントニオ猪木さん(当時46歳)も応援演説をするために東京から駆けつけていたのです。

そうして猪木さんがステージで演説する中、突然、刃渡り20センチの果物ナイフを持った男(当時39歳)が、猪木の後頭部を左背後から刺しました。
猪木さんは咄嗟にマイクで避けたものの、6センチほど切られて流血したのです。

2リットル近い出血があり、会場が一時騒然…
それでも猪木さんは傷口をタオルで押さえながら、最後までスピーチを続けました。

しかし、出血が止まらず、福島県会津若松市内の竹田綜合病院で緊急手術を受けることになります。
翌15日には東京に戻って、都立・夢の島公園陸上競技場で催された留学生スポーツフェアに出席し、その後は東京・干代田区富士見にある東京逓信病院に直行し、そのまま入院しました。

そうして担当医からは、

首の傷が、もう少し深ければ危ないところでした。幸い傷がそれほど深くないので、全治2~3週間というところでしょう。

と、コメントが出たのです。

また、当時、猪木さんが党首を務めていたスポーツ平和党(2004年4月に解散)の関係者は、

少しでも動くと傷口が広がり、また出血するので、「当面は絶対安静」と言われています。11月14日までは入院の予定です。それ以後は、本人の回復力によって活動の再開時期が決まって来るものと思います。

と、の説明がありました。

猪木さん自身も、青ざめた様子で心中を明かし、

演説中、人の気配は感じたけれど、アトラクションかと思いました。(切りつけられて)「ブッ殺してやろう」とカッときましたが、来ているお客さんに迷惑をかけてはいけないと考えて自制しました。妻は妊娠中なので、ショックを与えてはいけないと思い、「たいしたことはない」と連絡しました。最初の晩は痛みで一睡もできませんでした。手術は何度もしたけどこんなことは初めてですよ。

と、車椅子に乗った状態で語ったのです。

当時、新妻で22才年下の尚美さんは妊娠5カ月。
事件のことを詳しく知らされていなかった尚美さんは、帰京した猪木さんを見て呆然としたと言います。

顔面が蒼白で、前の晩は眠れなかったのがはっきりわかりました。

と語る尚美さん。

11月15日の留学生スポーツフェアには尚美さんも同行し、東京逓信病院では夜8時過ぎまで看護をしました。
翌16日も朝早くから病院でつき添っていたものの、猪木さんの看病とつわりが酷いこともあってダウン。
同じ東京逓信病院の産婦人科で、緊急に診察を受けています。

この時も、母子ともに問題ははく、翌年には二人の間に男の子が生まれました。
ただ、息子が成人を迎えた後の2012年11月末に二人は離婚。

ちなみに猪木さんは尚美さんとの結婚が3度目で、その後、16歳年下の妻と4度目の結婚をしました。
この時、猪木さんは74歳、暴漢に襲われても、さすがは燃える闘魂のアントニオ猪木さんです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 岡田朋峰(岡田真澄の娘)のプロフィールを紹介!?
  2. 青田典子…整形を広島市の医師会でバラされる?!
  3. イワイガワ・ジョニ男のタモリがキレた話に仰天!
  4. 藤原竜也…ドラマ「デスノート」で死亡者が出た?!
  5. あらぽんの彼女の仕事(職業)って飲食関係?!

関連記事

  1. 1980年代

    フランク永井…自殺未遂の原因は何だったのか?!

    「有楽町で逢いましょう」や「東京ナイト…

  2. 1980年代

    吉沢京子…結婚から離婚までの経緯と真相は?

    1967年の東宝「燃えろ!太陽」で酒井…

  3. 1980年代

    松本明子と旦那のなれそめに兄弟が関係している?

    1980年代に歌手デビューし、バラエテ…

  4. 1980年代

    中野浩一…嫁・小久保尚美との意外な馴れ初めとは?!

    世界選手権個人スプリントで10連覇、特…

  5. 1980年代

    穂積隆信…「積木くずし」と試練の人生から最期まで

    本名は鈴木隆信。その人物こそ、2018年1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 草刈正雄…嫁・大塚悦子との馴れ初めから結婚までを振り返る
  2. 水谷豊…伊藤蘭との馴れ初めと結婚式の様子を振り返る
  3. 宮崎緑…夫・椿康雄との結婚から離婚までを振り返る
  4. ナオミ・グレース…夫・松下進と福生市に住み続ける理由とは?
  5. ヒロシ&キーボー…キーボー逮捕の原因「介護疲れ」って本当なの…
  6. 田原俊彦…昔、紅白出場をドタキャンしたことがある?!
  7. 森進一と森昌子…息子が生まれる前年の年末・年始
  8. 高樹澪…元夫・田中博信との結婚秘話や馴れ初めとは?
  9. 森進一…緑内障を患い失明の危機に陥ったことがあった?!
  10. 諸星和己…若い頃に胸骨骨折の状態でコンサートに出たことがある…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    梶光夫…今現在は息子・武史と共にジュエリーで大儲け?!
  2. 1980年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1981年度)
  3. 1980年代

    ビートたけし…愛人Aと間に生まれた子供に関して
  4. 1990年代

    有森裕子…なぜガブリエルは結婚会見でゲイをカミングアウトしたのか?
  5. 1970年代

    内藤洋子(喜多嶋舞の母)の引退の背景とは?
PAGE TOP