2000年代

清原和博…父親・母親・祖父母の話にちょっと感動してしまう件

2016年の2月に覚せい剤取締法違反で逮捕された「清原和博」容疑者…
その後、「野球界のOB」や「野村貴仁」氏など、様々な関係者が話題にあがりました。
しかし、そんな中で実は、清原容疑者の父親や母親、また祖父母やに関してちょっとイイ話があったのです。

名前:清原和博(きよはらかずひろ)
生年月日:1967年8月18日(52歳)
職業:元プロ野球選手、野球評論家、タレント
出身:大阪府岸和田市
学歴:PL学園高等学校




Sponsored Links
 

清原和博と祖父母


大阪府岸和田市で生まれた清原氏の実家は、「清原電気商会」という東芝と提携する電器店でした。

父親の洋文さんは仕事がら外回りが多く、祖父母の浅次郎さんと良子さんが店番を兼ねて、清原少年と弟・幸治さんを見てくれていました。
そのため小学3年生の時に入団テストを受け、岸和田リトルリーグに連れて行ったのも、祖父の浅次郎さんだったのです。

当時、清原少年は祖父から毎日100円のお小遣いを貰って、リトルリーグで練習をしていたため、この頃から「お金を貰って野球をする」という感覚を覚えたと言います。

リトルリーグ時代の清原氏は6年生ばかりの中、4年生で唯一レギュラーを獲得…
6年生の時にはエースで4番、最後の試合では完全試合を達成するほどの逸材でした。

当然のように、高校進学時には30校近いスカウトがあった清原氏…
その中で母・弘子さんが、奈良県の天理市出身だった縁から、当初は清原氏を天理高校に入れる予定でしたが、最終的にはPL学園を選んで進学しています。

PL学園に入った清原氏は1年生の時から4番を任され、エースであった桑田真澄氏と共に、甲子園に5季連続出場を果たします。
その後、PL学園時代に祖母の良子さんが亡くなり、祖父の浅次郎さんは清原氏が西武ライオンズ時代に、海外キャンプに行っている間に亡くなります。

祖母の良子さんはいつも清原氏や弟の幸治さんを可愛がり、祖父の浅次郎さんは孫がプロ野球選手になってからも、毎朝運動しながら「和博、ガンバレ」とずっと応援していました。

祖父母のお墓は昔祖父母が住んでいた村にあり、清原氏は良くお墓参りに帰っていたそうです。

実家なら30分で帰るというわけにもいかないが、お墓なら手を合わせて思いを打ち明ければとんぼ返りできた。

巨人軍に在籍していた時にも、清原氏は何かあると一人でハンドルを握って、高速を飛ばして実家に帰っていたと言います。




Sponsored Links
 

 

清原和博と父親


清原氏は自分がプロ野球選手になった際に、父親の洋文さんに対して、

(親父は)もう働かんくていいよ

と言ったことがあったそうです。

すると洋文さんは、

俺とお前は違う

と息子に頼るようなことはせず、電気屋の仕事を続けたと言います。




Sponsored Links
 

清原和博と母親


ある日、清原氏は大好きな祖父母のお墓の前で、母・弘子さんにこう言います。

久しぶりにおんぶしてやるわ

何かを察知した弘子さんは、黙って清原氏の背中に乗ります。

そして清原氏は母を背負い、祖父母の墓へと続く坂を登りながら、

お母さん、僕な、野球辞めるわ

涙をこらえながら、さりげなく話した清原氏の背中で、

わかった。もう辞め。

と母・弘子さんも嗚咽(おえつ)をあげて言いました。

野球の強豪高校との繋がりのなかった清原家で、唯一の繋がりは弘子さんが天理市出身ということでした。
弘子さんは天理教に入信して、強豪の天理高校に息子を入れようとしたのです。

結局、清原氏は天理高校へは行かずにPL学園を希望し、弘子さんは天理教に詫びを入れて、PL教に入ることとなりました。
その際、天理教は快諾してくれただけでなく、PL学園が甲子園で初優勝した時には、真っ先に弘子さんに連絡してくれたと言います。

また、PL学園に入るまでも弘子さんは、清原氏に毎日20キロのランニングを課し、自らも自転車で並んで走っていました。
清原氏はランニングを終えるまで、夕食を食べさせてせてもらえなかったと言います。

まさにプロ野球選手・清原和博を作ったのは、本人の才能もさることながら、それを支える家族であったと言えます。
2016年2月3日に東京都港区のマンションにて覚醒剤を所持していたとして、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された清原氏…
そんな清原氏のちょっと感動してしまう話でした。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 野村宏伸…年の差15歳で結婚した相手は「木下省子」?!
  2. 前澤友作…建築中の自宅場所は「千葉県千葉市稲毛区黒砂1丁目2番地」?!
  3. 沢田雅美…干された原因は橋田壽賀子?それとも赤松秀樹?
  4. セオドールミラー(アンミカの旦那)の会社と経歴がすご過ぎる件
  5. 清原和博の元彼女(愛人)はリッツクラブの雇われママ?!

関連記事

  1. 2000年代

    こまどり姉妹…現在は占い師としてどこで活動しているの?!

    これまで幾度となくNHK紅白歌合戦に出場してき…

  2. 2000年代

    金萬福…現在は宇都宮のお店で料理長を務めている?!

    「せんそーだよぉ~ん」の決まり文句に、片言の日本語でおもしろ料理人とし…

  3. 2000年代

    指原莉乃…AKB総選挙に隠された投票数の意味とは?!

    選抜総選挙では史上初となる3連覇(通算…

  4. 2000年代

    宇多田ヒカル…徳島事件の真相とは如何に?!

    1998年12月、15歳でリリースしたシングル「Automatic」が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    ジェンキンスさんの娘「ミカさん」「ブリンダさん」は今どうしてる?!
  2. 1990年代

    香坂みゆき…一度目の結婚の馴れ初めと離婚まで
  3. 2000年代

    池田一真(しずる)の結婚相手は彼女と言われていた「大久保愛海」なの?!
  4. 1980年代

    草刈正雄…嫁・大塚悦子との馴れ初めから結婚までを振り返る
  5. 1970年代

    森進一…母(尚子)の死とストーカー裁判の判決とは?
PAGE TOP