1970年代

泉谷しげる…過激な発言で番組を打ち切りに追い込む?!

シンガー・ソングライターであり、また俳優として息の長い活躍を続ける「泉谷しげる」さんは若い頃から毒舌でも有名でした。
フォークソングブームの1970年代初め、泉谷さんも吉田拓郎さんと並ぶフォーク界の若手スターとして人気が高かったのですが、生放送で大暴れしてワイドショーが打ち切られる騒動があったのです。

名前:泉谷しげる(いずみやしげる)
本名:泉谷茂
生年月日:1948年5月11日(69歳)
職業:シンガーソングライター、俳優、タレント
所属:ホリプロ・ブッキング・エージェンシー
出身:東京都目黒区青葉台
学歴:東京都立目黒高等学校(中退)




Sponsored Links
 

1972年8月12日正午から日本教育テレピ(現テレビ朝日)のスタジオでは「土曜ショー」の生放送が行われていました。
「土曜ショー」は1966年4月から始まったワイドショーの草分け的な番組のひとつで、もともと高島忠夫さんが司会の主婦向けの番組だったのです。
1971年に司会が野末陳平さんに代わり、公害や自衛隊、沖縄問題など硬派なテーマを取り上げる異色番組として知られていました。

当日のタイトルは「禁止!禁止!それでも歌う!!」…
当時のフォークソングは反戦歌などのメッセージソングや性や下ネタを取り扱った曲も少なくなく、いわゆる「放送禁止」は身近な問題だったのです。
この日は90人の若者を集め、自主規制コードを作って放送禁止にしているマスコミのあり方を考えて討論させようというものでした。

ゲストで呼ばれたのは当時24歳の泉谷さん…
前年末のデビューアルバム「泉谷しげる登場」が10万枚を超えるヒットとなり、さらに日比谷野音コンサートで1万人以上を集めるなど泉谷さんは人気沸騰中でした。

フォーク歌手はテレビを拒否する人がほとんど…
泉谷さんの曲も皮肉たっぷりの反戦歌「戦争小唄」が放送禁止指定になっていることもあって、注目の人選であったのです。

ところが、破天荒で知られていた泉谷さんはおとなしく収まっているわけもなく…
規制側代表として「放送禁止歌」を決める民放連音楽専門部会員もゲストで来ていましたが、その面前で暴走して「戦争小唄」を実演したのです。
続いて「ドテ」、「ツボ」と女性器の表現もある「先天性欲情魔」(後に放送禁止に指定)をも堂々と歌い、会場を騒然とさせました。

また、この番組には生CMコーナーがあったのですが、泉谷さんは「番組にスポンサーが口出して大きな顔をするのは時代遅れ。くだらないCMなんてやるな!」と吠え、生CMの商品である鶏肉の缶詰を「こんなもんうまいはずないじゃないか!」と言い切ったのです。
大騒ぎのスタジオの様子もそのまま放送されました。

それでも、スポンサーからは表立った抗議はなかったといいますが、これが問題とされ、6年間続いた番組は9月いっぱいで打ち切りが決まったのです。
泉谷さんは当面の日本教育テレビ出演禁止、ディレクターは事実上左遷の配置転換という重大処分となりました。

泉谷さんは直後の雑誌インタビューで「テレビはオレたちを見せ物としか扱わないし、何もあくせくテレビに出ることはない。まあ、スタッフが気に入ったらまた出てやってもいいけど」と涼しい顔…
どうやら確信犯だったようでした。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 君島かれん(年齢21歳)が月島かれんという噂は本当?!
  2. 中村雅俊と五十嵐淳子の結婚までの馴れ初め秘話!
  3. 萩本欽一…奥さんとの馴れ初めが感動する件
  4. 指原莉乃…AKB総選挙に隠された投票数の意味とは?!
  5. 葛城ユキ…事故の経緯と現在

関連記事

  1. 1970年代

    左幸子と羽仁進の離婚と娘・未央が選んだ答え

    映画監督の羽仁進さん(当時48歳)と左幸子さん(当時47歳)が18年間…

  2. 1970年代

    大谷直子…離婚と病気を乗り越えた人生

    女優の大谷直子さん(当時28歳)と俳優の清水紘治(当時34歳)が婚約会…

  3. 1970年代

    勝新太郎…「影武者」降板の原因は何だったのか?!

    不祥事を起こしながらも多くのファンから愛された「勝新太郎」さん…そ…

  4. 1970年代

    大原麗子と渡瀬恒彦の離婚理由は「嫁姑の確執」?!

    1978年、バレンタインデーの2月14日、マスコミ各社に大原麗子さん(…

  5. 1970年代

    吉田拓郎の冤罪事件「女子大生暴行致傷」の背景とは?

    様々な世代で人気があり、シンガーソングライターの草分けで日本のポピュラ…

  6. 1970年代

    風吹ジュンとこれまでと元夫・川添象郎

    1973年に初代ユニチカマスコットガールに選ばれ、芸能界デビューを果た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 十朱幸代…小坂一也と離婚の原因は「松坂慶子」にあった?!
  2. 上原美優…遺書の内容は亡くなった母へ宛てたものだった?!
  3. 小林さやか(ビリギャル)の高校が名古屋の「愛知淑徳学園」で確…
  4. 高倉健…養女の名前「河野貴」(芸名:貴倉良子)が明らかになる…
  5. 白石小百合…退社理由は香水販売だけでなく「紺野あさ美」など同…
  6. 寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚
  7. 如月琉(37歳)…高校は「弘前高校」と発覚!本名は卒業アルバ…
  8. 及川奈央…現在は舞台女優として活躍中?!
  9. 本田美奈子…白血病が発覚するも移植する猶予もなく他界
  10. 栗城史多…登山家から批判された理由とは何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    研ナオコに起きた離婚騒動の経緯とは?
  2. 1990年代

    香坂みゆき…一度目の結婚の馴れ初めと離婚まで
  3. 1970年代

    松任谷由実…夫・松任谷正隆との結婚までの馴れ初め
  4. 2000年代

    中島知子の洗脳・家賃滞納騒動から現在
  5. 2000年代

    芸人・口笛なるお…結婚もキレ芸を続けていくのか?!
PAGE TOP