1960年代

大屋政子…帝人社長との結婚は略奪婚だった?!





派手なピンクのミニスカートと甲高い声で人気だった「大屋政子」さん。
「ウチのおとーちゃん」の口癖でも有名でしたが、この“おとーちゃん”とは1950年5月、29歳の時に結婚した「帝人」のワンマン社長、大屋晋三氏(当時55歳)のことでした。

結婚時の大屋晋三氏は運輸大臣を務めていましたが、政子さんとの交際がスタートした時は別居中の妻がいたのです。
そのため現役大臣の不倫・再婚は戦後マスコミを賑わせる騒ぎになりました。

名前:大屋政子(おおやまさこ)
生年月日:1920年10月27日~1999年1月16日(享年78歳)
職業:歌手、実業家、タレント、作家
出身:大阪府大阪市阿倍野区北畠




Sponsored Links
 

政子さんは衆議院議員、森田政義氏の娘として生まれました。
声楽家を目指してコロムビアに入社…
戦争中は軍専歌手として工場などへの慰問公演を行っていました。
戦後もテイチク専属歌手として御風真弓の芸名でレコードもリリースするなど、芸能活動を行っていたのです。

転機は1947年の晋三氏の参院選出馬…
一時的に帝人を離れて政界進出を目指す晋三氏は父・森田氏の地盤を持つ政子さんに選挙応援を依頼しました。

親子ともいえる年の差の2人…
政子さんは晋三氏の後にぶら下がるようについて回り、「ウチのパパはねぇ」と言いながら選挙運動をして当選を支えたのです。
政子さんは当選祝いの客たちにも「ウチのパパがね」と口癖のように繰り返しました。

当時、晋三氏は身の回りをサッパリかまわない性格で、洋服の下はボロボロのシャツを着ていたといいます。
しかし、当時の政子さんは「選挙中、お付き合いしているうちに大屋さんがお気の毒でたまりませんでした。でも、その頃の私は奥さんとの仲がうまくいくよう祈っておりました」と復縁を願っていたといいます。

けれども晋三氏と妻の距離は離れるばかり…
大臣就任後間もなく、肺炎で倒れた際にも、政子さんは付きっきりで看病しました。
同じく看病のため上京した妻は政子さんの存在を知ると数日の滞在で引き返したのです。

晋三氏と政子さんとの間には娘も生まれ、離婚協議が本格的に進められるようになりました。
時には子連れで国会を訪れた政子さんは「パパ、パパ」と晋三氏の後を追いかけ、参議院食堂の真ん中で歌を披露することもあったといいます。

マスコミは「現役大臣の新版・老いらくの恋」と面白おかしく書きたて、世間では賛否両論が巻き起こりましたが、晋三氏は政子さんは1950年5月に結婚…
直後の参院選でも見事再選を果たしました。

その後、晋三氏は1956年の参院選に出馬せず政界を引退…
帝人の社長に復帰しました。
結婚とともに芸能活動が停止していた政子さんは財界に進出…
帝人の陰の女帝として“台風レディー”の異名とともにゴルフ場を経賞するなど活躍しました。

「パパ」の口癖はいつしか「お父ちゃん」に変わり、東急社長の五島昇氏からは“お父ちゃん夫人”のニックネームまでもらうようになったのです。
政子さんは1980年3月に晋三氏が亡くなった後も、文化活動を中心に活躍を続けました。

1983年から「笑っていいとも!」にレギュラー出演するなど芸能活動も再開…
生前、晋三氏が好きだったミニスカート姿で人気を集めましたが、1997年に胃がん手術を行い、闘病を世間に公表することなく1999年1月、惜しまれながら78歳で他界したのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 北大路欣也…父・市川右太衛門の老人ホーム入居騒動の真相とは?!
  2. 前田けゑ…遺産相続が理由で年収は6000万円に?!
  3. 岩下志麻の娘や弟ってどんな人なの?意外と知らない著名な家族
  4. 向井亜紀…代理出産における東京高裁と最高裁の裁判結果
  5. Faylan(飛蘭)の自己免疫疾患ってどんな病気なの!?

関連記事

  1. 1960年代

    赤木圭一郎…ゴーカート事故死の原因が何だったのか?!

    1961年、映画俳優として売り出し中だった「赤…

  2. 1960年代

    吉永小百合…自宅に銃を持った男が侵入し大騒ぎになる?!

    紫綬褒章や日本アカデミー賞優秀主演女優…

  3. 1960年代

    安倍里葎子…橋幸夫との「今夜は離さない」を30年振りに歌う

    地元・札幌で知人が経営する酒場のステー…

  4. 1960年代

    平尾昌晃…拳銃不法所持で逮捕された真相とは?!

    社団法人日本作曲家協会・常務理事や社団…

  5. 1960年代

    市川猿翁と元妻・浜木綿子…45年前の離婚劇の真実

    実は東大出のインテリである香川照之さんは、20…

  6. 1960年代

    若尾文子の泥沼離婚騒動の真相とは?…

    日本映画を代表する正統派美人女優として活躍し、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 和泉元彌…子供の学校をまとめると2019年はこうなる?!
  2. 石黒賢…父親でテニスプレーヤー「石黒修」がデビューのきっかけ…
  3. 浅村栄斗(楽天)…結婚相手と噂される彼女は「淡輪ゆき」だった…
  4. 春日俊彰(オードリー)…結婚相手とされる彼女Kのインスタを発…
  5. 安倍里葎子…橋幸夫との「今夜は離さない」を30年振りに歌う
  6. 芋洗坂係長…門司で店主を務める「二代目 清美食堂」は○○の発…
  7. 平尾昌晃…拳銃不法所持で逮捕された真相とは?!
  8. ドリーミングの寺田千代・嘉代は1963年1月8日生まれ?
  9. 神田松之丞…嫁が「食パン」ってどういうことなの?
  10. 橋幸夫…軍刀(サーベル)を持った男に切りつけられる?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    黒田勇樹…引退理由は舞台降板で現在の活動は何してるの?
  2. 1990年代

    田中健…古手川祐子との離婚の原因は「ケーナ」?!
  3. 1990年代

    松下由樹…小林武史と結婚目前で破局して今も独身のまま?!
  4. 1990年代

    樹まり子…業界最高額の契約金は「3000万円」?!
  5. 2000年代

    芋洗坂係長…門司で店主を務める「二代目 清美食堂」は○○の発祥の店?!
PAGE TOP