1990年代

織田裕二が若い頃に起こした大モメ事件に衝撃?!




 

1991年のフジテレビ系ドラマ「東京ラブストーリー」の永尾完治(カンチ)役で大ブレイク…
さらに「踊る大捜査線」シリーズで15年にわたって主役を務めたと言えば「織田裕二」さんですね。

しかし、そんな織田さん…
20代のときに自身の主演映画で監督らと大モメする事件を起こしていたのです。

名前:織田裕二(おだゆうじ)
生年月日:1967年12月13日(51歳)
職業:俳優、歌手
所属:BAC CORPORATION
出生地:神奈川県川崎市
学歴:桐蔭学園小学校・中学校・高等学校



Sponsored Links
 

1993年9月に発売された雑誌「シナリオ」10月号に、金子修介監督(当時38歳)が「『卒業旅行 ニホンから来ました』演出ノート にっちもブルドッグ」という手記を寄せました。

これはメガホンを取った当時公開中の映画「卒業旅行ら来ました」の製作裏話が記されていたのです…

「この映画に関わった人々に、若い俳優ひとりコントロールできなかった僕の非力を、誌面を借りてお詫びしたい。」と締めくくられ、織田さん(当時25歳)への批判が骨子だったのです。

「卒業旅行」は東南アジアの架空の小国を旅行する冴えない大学生が、現地でスターになってしまうコメディ映画…
撮影は、ほぼ全編タイで行われました。

織田さんと金子監督は1991年の映画「就職戦線異状なし」でもコンビを組み、気心が知れていたのですが、冒頭からつまづきます。

3月下旬に監督が織田さんに出来上がった脚本を見せたところ、「僕はこの脚本に興味がないんですよ」との反応…
まず、シナリオ変更を巡り、脚本家とモメたのです。

細部では織田さんがピンク・レディーの「ペッパー警部」を歌うシーン…
「女の歌だから歌いたくない」と嫌がる織田さんを説得すると、「僕がバカになればいいですね」と捨てゼリフを吐いたそうです。

その後、何とか4月下旬にタイで撮影がスタートしたのですが、織田さん側の要求はエスカレートします。

一つは、撮影現場へのベンツでの送り迎え…
さらに、共演の鹿賀丈史さんでさえ、スタッフらと同じ割安な宿に泊まっているのに、現地の最高級ホテルを要求したといいます。

そして、撮影が6割程度終わった段階で事故が起きます…
花火を使った撮影で織田さんが火の粉を浴び、髪の毛を焦がしてしまうという事件が起きました。

その件に関してスタッフの謝罪が不十分という理由で、織田さんは1000人の現地エキストラが集まっていたのにも関わらず、撮影続行を拒否…
「降りる」と宣言したのです。

翌日、謝罪文をプロデューサーに書かせることを条件に、織田さんは現場に現れましたが、謝るスタッフに怒鳴って再び撮影をポイコットしました。
同時に織田さん側はスポンサーを通じてスタッフ数人の交換を要求…
スポンサー命令で日本から織田さんと旧知のスタッフを呼ぶことになったのです。

これに金子監督は「権力を利用して人を切るという卑劣な行為、人間として許せない一線を越えてしまった。」と憤ったのです。

それでも数千万ともいわれる追加出費で、映画はどうにか完成…
織田さんはコメントしませんでしたが、事務所は、

火の粉は織田だけではなくエキストラのタイ人にもかかっていて、彼らも危険だった。日本の規制に準じた安全確保体制を取ってもらいたかっただけ

スタッフの追加は事実だが、切ったスタッフはいない

と反論しました。

そんなゴタゴタの中で映画は完成…
評判も興行成績も上々だったのが、唯一の救いと言えるでしょう。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1987年度)
  2. 清原和博…覚醒剤の入手先(入手ルート)は弘道会?!
  3. 安倍里葎子…橋幸夫との「今夜は離さない」を30年振りに歌う
  4. 真木蔵人…息子ノアの母親クリスへのDVから傷害容疑逮捕まで
  5. 田中健…古手川祐子との離婚の原因は「ケーナ」?!

関連記事

  1. 1990年代

    「つみきみほ」は現在も変わらず活動中?!

    1986年、中学校在学中に吉川晃司さん…

  2. 1990年代

    吉野公佳…なぜ清原和博と噂になったのか?!

    1989年オーディションを経てホリエージェンシ…

  3. 1990年代

    斉藤由貴の電撃の宗教結婚(モルモン教)は何だったのか?!

    1985年の連続ドラマ「スケバン刑事」(フジテレビ系)にて、主役の麻宮…

  4. 1990年代

    菊間千乃(元アナ)の転落事故の原因はなんだったのか?

    未だに覚えている人も多いのではないでし…

  5. 1990年代

    脚本家・ジェームス三木…女性関係を元妻に暴露され泥沼離婚

    脚本家として一時代を築いた「ジェームス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    萩尾みどり…夫の深水三章の馴れ初めから結婚まで
  2. 1980年代

    火野正平…多くの女性遍歴を重ねることができた理由とは?!
  3. 1960年代

    グループサウンズ「オックス」の失神パフォーマンスとは何だったのか?
  4. 2000年代

    丸山桂里奈…「発達障害の弟がいる」は完全にガセ?!実は…
  5. 1980年代

    倉沢淳美…握手会でファンに襲われてから現在まで
PAGE TOP