1980年代

いかりや長介…アフリカに「長さん村」を持つ?!





ザ・ドリフターズの3代目のリーダーとして、数々の番組に出演し、一世を風靡した故・「いかりや長介」さん。

いかりや長介さんは特徴的な顔立ちをされていますが、そんないかりや長介さんそっくりの人たちで溢れる村がある…
という都市伝説をご存知だったでしょうか?

名前:いかりや長介(いかりやちょうすけ)
本名:碇矢長一(いかりやちょういち)
生年月日:1931年11月1日~2004年3月20日(享年72歳)
職業:コメディアン、タレント、俳優、ベーシスト、ミュージシャン
所属:イザワオフィス
出身:東京府東京市本所区中之郷横川町
学歴:東京都立本所高等学校(中退)




Sponsored Links
 

加藤茶さんの45歳差婚、仲本工事の27歳差婚など、今や中年独身男性の希望の星となっているザ・ドリフターズのメンバー…
そんなザ・ドリフターズのリーダーであった故・いかりや長介さんだらけの村がある?…
という芸能都市伝説があります。

その村では男女を問わず、いかりや長介さんのあの特徴的な顔にそっくりの人たちがいるというのです。
いかにもバカバカしい「ザ・都市伝説」のようなエピソードですが実際、アフリカの民族的な彫刻にいかりや長介さんそっくりの物が存在するのです。
やや面長で、唇を突き出したような濃いめの顔立ちの彫刻です。

アフリカにはこのようなデフォルメの仕方をする彫刻は多いらしく、やはり、いかりやさんそっくりのモデルが実際にいたのでは?…
と思えるほどなのです。

この彫刻は日本でも三重県・伊勢志摩地方にある、東アフリカ・タンザニアのマコンデ高原に住むマコンデ族の民芸品を集めた「マコンデ美術館」で確認することができます。
また、偶然か否かそのものズバリ「チョーサン」と名付けられた彫刻も存在するというから驚きです。

さらに、いかりやさん自身もアフリカと無関係だったわけではありません。
彼は1970年代に番組のロケでアフリカに行ったことをきっかけに、アフリカに魅せられ、ロケ以外でも何度も旅に行くほどアフリカの地を愛していたといいます。

アフリカのとある部族を訪れたいかりやさんは、現地人から友好的な人物だと見出され、仲間となるための儀式を強要されたそうです。
それはヤギの乳にヤギの血を入れた飲み物を回し飲みする…
という儀式なのですが、いかりやさんは、彼らに受け入れて貰うべく臆することなくヤギの血を飲み干したと言われています。
いかりや長介さんがアフリカに何度も足を運ぶようになったのはそれからだといいます。

しかも、メンバーの志村けんさんの言うところには、「長さんはアフリカに大量の愛人がおり、生まれた子どもはみんな長さんの顔で生まれるため、アフリカでは長さんの子どもだけで構成された『長さん村』なる村まである」といいます。
無論、出典が志村けんさんなので信憑性は微妙なところですが夢のある話です。

2004年にリーダーのいかりや長介さんが亡くなってから10余年…
追加メンバーこそ現れていませんが、長さんの遺伝子は日本を遠く離れたアフリカの地で脈々と残されているのでしょうか。

なお、いかりやさんが亡くなった後、ドリフの新メンバーは「長さん村」の村民から抜擢しようという話もあったといいますが、こちらも残念ながら実現には至っていません。
以上の話はあくまで都市伝説の域を出ないことを最後にお伝えしておきます。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 研ナオコに起きた離婚騒動の経緯とは何だったのか!?
  2. 白石小百合…退社理由は香水販売だけでなく「紺野あさ美」など同期だった?!
  3. 一色紗英…事件レベルと言われる交通違反の内容とは?!
  4. 蝶野正洋の息子…病気を乗り越え身長は父親ゆずりのデカさ?!
  5. ヒデとロザンナ…ヒデの死因とロザンナの現在とは?!

関連記事

  1. 1980年代

    浦辺粂子…死因となった多臓器不全はガスコンロが原因?!

    生まれは明治35年…戦前から女優として活躍…

  2. 1980年代

    神田正輝と松田聖子…馴れ初めから結婚式を振り返る

    ご存じ、俳優の「神田正輝」さんの前妻は、元トッ…

  3. 1980年代

    河合奈保子の現在と転落事故のいきさつ

    元アイドル歌手でシンガーソングライターの「河合奈保子」さん…彼女が…

  4. 1980年代

    佐久間良子の元夫・平幹二朗との離婚劇の裏側

    高い塀に囲まれた実家の敷地が500坪ほどあり、…

  5. 1980年代

    研ナオコに起きた離婚騒動の経緯とは何だったのか!?

    女優やコメディエンヌとしてバラエティー…

  6. 1980年代

    夏樹陽子…反対を押し切った結婚から泥沼離婚へ

    1984年1月26日…トップモデル出身の美…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 野杁泉(赤木春恵の娘)…介護しながら夫・野杁和俊の会社を支え…
  2. 紫吹淳…実家は金持ちで父親は三洋電機はガセ?!
  3. 江口ともみ…事故の原因はどこにあったのか?
  4. 小鳩くるみ…43歳で結婚して現在は夫婦二人で暮らしている?!…
  5. 野々村直通監督…あの問題発言の後に本当に腹を切っていた?!
  6. ひでこコルトン…大学卒業から結婚・再婚を経て現在に至る
  7. 剣武輝希…秩父の温泉「宮本家」は1日6組限定の超老舗!?
  8. 小川真澄(元パンプキン)…現在はアイドルユニットをプロデュー…
  9. お箸マニア・三井和典(みついがずすけ)は四季彩堂のブランド青…
  10. 福井優子…観覧車通信の日本支局長が観覧車にハマった意外なきっ…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    安枝瞳とピコ太郎(古坂大魔王)の馴れ初めは「カツアゲ」?!
  2. 1980年代

    藤谷美和子…現在は小田原市内で徘徊している?!
  3. 1970年代

    大谷直子…離婚と病気を乗り越えた人生
  4. 1990年代

    安田成美のNHKドラマ「春よ、来い」降板劇の裏側とは?
  5. 1990年代

    春野恵子(ケイコ先生)のプロフィールとこれまで
PAGE TOP