1990年代

宅麻伸…賀来千香子との結婚で愛人(元カノ)の存在が発覚する?!




 

テレビドラマ“課長島耕作”や“勇者ヨシヒコシリーズ”などでお馴染みの俳優「宅麻伸」さん。
そして、こちらもテレビドラマ“七人の女弁護士”や“ヤメ検の女シリーズ”でお馴染みの女優の賀来千香子さん。

そんな宅麻さんと賀来さんが結婚前に、宅麻さんの愛人(元カノ)が現れ、絵に描いたような愛人(元カノ)騒動が起きたのは1993年のことでした。

■賀来賢人と賀来千香子の関係図を書くとこんな感じになった件

名前:宅麻伸(たくましん)
本名:詫摩繁春(たくましげはる)
生年月日:1956年4月18日(62歳)
職業:俳優
所属:愛企画
出身:岡山県玉野市
学歴:玉野市立備南高等学校造船科・定時制




Sponsored Links
 

1993年10月8日に写真週刊誌「フォーカス」が賀来千香子さん(当時31歳)の婚約者・宅麻伸さん(当時37歳)に8年越しの愛人がいるとスクープしました。

賀来さんと宅麻さんはドラマ共演がきっかけで1992年11月に交際がスタート…
3回目のデートで賀来さんが宅麻さんのプロポーズにOKしたことで、超スピード婚が話題ともなりました。

1993年1月26日には婚約会見…
翌年1月17日にニュージーランドで挙式し、1月23日には600人を招いての披露宴、その翌日にはハワイへの豪華ハネムーンというスケジュールが組まれていたのです。

当時はトレンディードラマの全盛期で美男美女の結婚に祝福ムード一色でした。
そこへ、いきなりの愛人報道です。

相手はタレントOさん(当時34歳)。
宅麻さんとは共通の友人の紹介で知り合って、自宅に宅麻さんが訪ねて来るのを手料理を作って待つ生活が8年続いたと言います。

婚約会見にビックリしたOさんは宅麻さんに連絡しましたが、まともに取り合ってもらえず、電話番号も変えられて、怒りは頂点に達したのです。
6月に突然、宅麻さんがOさん宅に押しかけ、「何かあったら電話して来い」と言い残して帰ったきりだったため謝罪を要求しました。

同誌では宅麻さんのコメントを掲載しています。
「お互い好きで、付き合っていたのは事実です」と交際を認めましたが、「別れる時もちゃんと納得してもらったつもり」と釈明したのです。
「彼女をその気にさせるような言動をした覚えもありません」と突っぱねました。

この愛人(元カノ)騒動に一番驚いたのは賀来さんの方でしょう。
挙式の3ヶ月前に元カノが登場する寝耳に水の事態…

賀来さんは集まった報道陣に「私は彼を信じます。彼を一番よく知っているのは私なんですから」とキッパリと語り、「彼の歴史を全部含めて好きになったんですから」と泣きながら話しました。

その言葉に力づけられた宅麻さんは単独会見を開きます。
「結婚したいと思った女性は(賀来)一人だけ。賀来さんには彼女との交際もきちんと話しました。納得してくれている」とコメントしました。

これで一件落着となるはずでした。
と言うのも、報道後に宅麻さんはOさんとの話し合いをして謝罪し、双方納得していたからです。

ところが、宅麻さん側から「形のある誠意を見せる」と言いながら、誠意がなかったため、12月になってOさんが再告発…
芸能リポーターなどに対してノーコメントを貫いたことがわざわいし、悪者扱いされたと詰め寄りました。
結局、宅麻さんはそれなりの慰謝料を払うことになったと言います。

賀来さんは婚約破棄などはせず、結婚式は中畑清さん夫妻の媒酌などもあり、予定通りに行いました。
しかし、結婚後に慰謝料報道を知った賀来さんは激怒して大喧嘩と伝えられました。
賀来さんが家事を放棄し、宅麻さんはカップ麵の日々とも言われたのです。

そんなこんながありながらも、2010年11月には「プラチナ夫婦アワード」を受賞し、夫婦円満をアピールしていた2人…
しかし、2012年に「いつしか擦れ違い、その距離を埋めることができなくなっておりました」と離婚を発表しました。
まさに周囲も寝耳に水の急展開だったのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. Niki(丹羽仁希)の彼氏は本当に山下智久で決まりなのか?!
  2. 生島マリカの正体(息子、年齢、癌etc)が壮絶すぎる!!
  3. 夏川純…旦那のレストラン店「洋食ツバキ亭」は順調?!
  4. 沢尻エリカ…「別に」の理由は何だったのか?!
  5. 古今亭志ん朝(3代目)…拳銃不法所持が発覚したことがあった?!

関連記事

  1. 1990年代

    鈴木杏樹…夫との過去の思い出(馴れ初め)を振り返る

    ロンドンへの音楽留学からイギリスでデビ…

  2. 1990年代

    景山民夫…死因と幸福の科学での活動とは?!

    放送作家・エッセイストであり、直木賞作家でもあ…

  3. 1990年代

    長井秀和のドイツ人の彼女は18歳も年下の美人?!

    1992年にデビューし、「爆笑オンエア…

  4. 1990年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1997年度)

    ダカール~アガデス~ダカール・ラリーで篠塚建次…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    萩本欽一…奥さんとの馴れ初めが感動する件
  2. 2000年代

    望月清賢(山梨市長)の「虚偽有印公文書作成」とはどんな罪なのか?
  3. 1990年代

    奥野敦子(イリア)と山崎大輔の馴れ初めと結婚
  4. 1960年代

    こまどり姉妹…事件の真相と現在の活動について
  5. 1960年代

    平尾昌晃…拳銃不法所持で逮捕された真相とは?!
PAGE TOP