1960年代

小森和子…若い頃の驚くべき男性遍歴と武勇伝?!





愛称は「(小森の)おばちゃま」…
92歳で亡くなった森光子さんと同様に、長期療養の末に95歳で他界したのが「モアベターよ」の決めゼリフが人気で、多くに親しまれた映画評論家の「小森和子」さん。

1995年にやけど事故を起こして以降は体の衰えを隠せなくなり、2005年1月9日未明に呼吸不全で天寿な全うしました。
今回はそんな「小森和子」さんのお話です。

名前:小森和子(こもりかずこ)
生年月日:1909年11月11日~2005年1月8日
職業:映画評論家、タレント
出身:東京都港区赤坂
学歴:東京府立第三高等女学校(現・東京都立駒場高等学校)




Sponsored Links

1995年3月4日のことでした。
小森さんは都内の自宅マンションで転倒事故を起こしますが、その場所が温風ヒーターの前…
熱風が吹き出す場所で動けなくなった小森さんは左頰、左腕にやけどを負ったのです。

病院は3週間で退院したものの、車椅子が手放せない生活となりました。
翌年1月には映画評論家を引退…
その後は寝たきりの生活になったと伝えられていました。

亡くなる前は言葉も出ないような状態だったいいますが、やけど事故の退院直後に車椅子でカナダ旅行するなど、小森さんは晩年も活動的だったのです。
当時、知人に電話で「私、まだまだ恋をしたい」と言うなど男性関係にも息欲を見せていました。

生涯1000人切りが目標だった…
という小森さんの艶話は多く、この点でも森さんと共通しています。

小森さんは自らの男性遍歴をアッケラカンと披露して社会に衝撃を与え、男性関係は生涯現役を宣言していました。
最大のスキャンダルは、さかのぼること実に80年前…
文芸春秋社を創設した文豪、菊池寛さんとの火遊びを何度も告白しています。

1928年9月、小森さんは見習社員として「婦人公論」編集部に勤め始めました。
単行本1冊が1円の時代に月給30円…
小森さんは雑用係として働いていたのです。

しかし、まもなく、菊池さんの「あんたじゃなきゃダメだ」の指名で原稿取り係に昇進…
菊池さんに競馬や料理屋を連れ回され、服や靴などを買ってもらう生活が始まりました。

菊池さんはお小遣いにと50円をパッとくれる気前の良さ…
その後、菊池さんは「『待合(今でいうラブホテルに近いもの)』というところに行ってみたいと思わないか?」と誘ったのです。

小森さんは何人ものボーイフレンドと待合は利用経験済みでしたが、「どんなとこかしら?」と誘いに乗りました。
しかし、待合での大胆な行動が菊池さんを萎えさせてしまいます。

食事かお風呂かの問いに迷わず「お風呂」と答え、あっという間にハダカになってしまったからです。
菊池さんは「キミはほんとに悲しいやつだね…」と嘆き、食事後も何も起きなかったといいます。

それでも菊池さんと遊び歩く生活は続き、これが原因で小森さんは仕事に穴をあけてしまいます…
年末進行の締め切りギリギリに原稿を取りに行った小森さんはそのまま遊びに行き、原稿を落としてしまったのです。

これが決定打となり、小森さんはわずか4カ月でクビになってしまいました。
年末に出された「出社に及ばず」のハガキは年明け6日まで配達されず、クビになったのを知らないまま翌年5日の新年会に出席、最後の出社となりました。

解雇に責任を感じた菊池さんは小森さんのためにホテルの部屋を借ります。
ところが、小森さんは当時付き合っていた学生を部屋に連れ込んでしまい、痴話喧嘩を菊池さんに目撃されてしまうのです。

これが原因で菊池さんは立ち去り、その後、小森さんの前に現れることはなかったといいます。
愛と映画に生きたおばちゃまの若き日の武勇伝でした。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. ビートたけし…愛人Aと間に生まれた子供に関して
  2. 丸山桂里奈…「発達障害の弟がいる」は完全にガセ?!実は…
  3. いしだ壱成…薬物逮捕の理由はヒッピー文化が関係してた?!
  4. 向井亜紀…代理出産における東京高裁と最高裁の裁判結果
  5. 高岡早紀…布袋寅泰とのダブル不倫をフライデーされる?!

関連記事

  1. 1960年代

    荒木一郎…「ハレンチ歌手」として逮捕されたことがある?!

    実はカードマジックに精通しており、俳優…

  2. 1960年代

    平尾昌晃…拳銃不法所持で逮捕された真相とは?!

    社団法人日本作曲家協会・常務理事や社団…

  3. 1960年代

    山本富士子が映画に出なくなった理由に衝撃?!

    映画「彼岸花」や黒い十人の女」、「私は…

  4. 1960年代

    大屋政子…帝人社長との結婚は略奪婚だった?!

    派手なピンクのミニスカートと甲高い声で…

  5. 1960年代

    グループサウンズ「オックス」の失神パフォーマンスとは何だったのか?

    1960年代後半、若者たちを熱狂の渦に巻き込んだグループサウンズ……

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    八代英太…転落事故と畠山みどりの関係とは一体?!
  2. 1980年代

    黒田勇樹…引退理由は舞台降板で現在の活動は何してるの?
  3. 2000年代

    小林麻耶…夫(國光吟)の職業は「ヒーリング整体師」だった件
  4. 1980年代

    長渕剛…筋トレや生活習慣を見直した理由は「溶連菌」だった?!
  5. 2000年代

    立花淳一…現在は大阪でカラオケ教室を開催しているらしい件
PAGE TOP