1960年代

赤木圭一郎…ゴーカート事故死の原因が何だったのか?!

1961年、映画俳優として売り出し中だった「赤木圭一郎」さんが撮影所内で事故死するという事件が起きたことがあります。
21歳という若さでした。

「トニー」という愛称で親しまれ、石原裕次郎さんや小林旭さんら並ぶ日活映画の看板スターの突然の死は、映画ファンに衝撃を与えたのです。

名前:赤木圭一郎(あかぎけいいちろう)
本名:赤塚親弘(あかつかちかひろ)
生年月日:1939年5月8日~1961年2月21日(享年:21歳)
職業:映画俳優
出身:神奈川県藤沢市鵠沼
学歴:成城大学(在学中に他界)




Sponsored Links
 

1961年2月14日、東京都調布市の日活撮影所でアクション映画「激流に生きる男」の撮影が行われていました。
正午すぎ、主演の赤木圭一郎さんが撮影所に現れます。

ちょうどこの日、赤木さんが欲しがっていたレース用ゴーカートの見本が撮影所に届けられていました。
赤木さんは、正午の約束で取材に来た雑誌記者に挨拶をしたのち「ちょっと待っててという言葉を残し、ゴーカートに向かいます。

業者による運転方法の説明を聞き、彼は白いヘルメットとサングラスを着け、おもちゃを与えられた子供のような無邪気な笑顔で乗り込みました。
ゴーカートを発進させた赤木さんは、別の映画の撮影を終え、昼食に向かう宍戸錠さんや二谷英明さんらの横を手を振りながら、ノロノロ運転で走り抜けます。
その直後、十字路な曲がろうとしましたが、なぜかスピードを上げて曲がり切れずに大道具倉庫の鉄扉に轟音を立てて激突したのでした。

現場のすぐ近くに居合わせ見学していた映画館主は、右足を突っ張らせて必死にカートを操ろうとする赤木さんの姿を見ています。
ブレーキとアクセルの踏み間違えと思われる事故でした。

赤木さんはゴーカートから投げ出され、頭から血を流して倒れていたのです。
顔の右半力が潰れ、口からは吐血もしていました。
映画館主らが抱え起こしましたが、館主の背広もまたたく間に血で染まります…
撮影所内は大騒ぎになりました。

赤木さんは、間もなく近くにある慈恵医大付属第3病院に担ぎ込まれますが、意識はなく頭蓋骨骨折と右眼下骨折などの重傷…
19時50分から緊急手術を受けましたが、後頭部の頭蓋骨は手がつけられない状態でした。

その後の容体は一進一退…
一時的に回復の兆しも表れましたが、結局、2月21日朝、肺炎と頭蓋内出血で、息を引き取ったのです。
21歳と9ヶ月の生涯でした。

撮影中だった映画「激流に生きる男」は、もともと石原裕次郎さんが主演する予定だったのですが、裕次郎さんはスキーで骨折したため、主演が赤木さんに代わるという経緯をたどっていました。
再び主役を失ったこの映画は、当時新人だったの高橋英樹さんを主演に抜擢し、翌年公開されます。

このスターの死は、様々な臆測や推理を呼びました。
事故原因についても、何者かがゴーカートのブレーキに仕掛けを施した殺害説…
売れっ子故の多忙や疲労が原因の自殺説も飛び交ったのです。

死後も人気は衰えず、プロマイドは売れ続けました。
いつしか、1955年に24歳の若さで亡くなったアメリカの人気俳優と重ね合わせて、「和製ジェームズ・ディーン」と呼ばれるようにもなったのです。

鎌倉市の長勝寺には、この夭折した伝説のスターの記念碑が建てられ、訪れるファンが未だに絶えません…
お墓は静岡県富士宮市の大石寺典礼院L-2区881号にあります。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. いしだあゆみ…萩原健一との結婚から離婚まで
  2. 南野陽子…結婚まで考えた石井竜也(カールスモーキー石井)との衝撃破局
  3. 高橋健一(元キンコメ)の痴漢は冤罪ではないのか?
  4. 中山美穂の元旦那(辻仁成)は中性化している?!
  5. 指原莉乃…AKB総選挙に隠された投票数の意味とは?!

関連記事

  1. 1960年代

    神田正輝の父母、兄弟の意外な真相とは!?

    あの石原裕次郎さんにレストランで声をかけられたことがきっかけで石原プロ…

  2. 1960年代

    浅香光代の子供の父親・政治家Sは佐藤栄作で確定?!

    今では珍しい剣劇女優…浅香光代さん(89歳)。さて、そんな浅香光代…

  3. 1960年代

    八千草薫…結婚式で語られた夫の言葉

    1957年7月、映画監督の谷口千吉さんと女優の八千草薫さんの結婚式が開…

  4. 1960年代

    市川雷蔵…死因「肝臓がん」は妻にも知らされず

    看護師が喉に吸引器を差し込み痰(たん)を除去すると、「市川雷蔵」さんは…

  5. 1960年代

    中村錦之助(萬屋錦之助)と有馬稲子の離婚報道

    愛称は萬錦(よろきん)…歌舞伎役者の中村錦之助さん(当時32歳・後…

  6. 1960年代

    黒部の太陽…石原裕次郎と三船敏郎の苦難

    1968年公開の黒四ダム建設を題材にした石原プロと三船プ口製作の大作映…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 十朱幸代…小坂一也と離婚の原因は「松坂慶子」にあった?!
  2. 上原美優…遺書の内容は亡くなった母へ宛てたものだった?!
  3. 小林さやか(ビリギャル)の高校が名古屋の「愛知淑徳学園」で確…
  4. 高倉健…養女の名前「河野貴」(芸名:貴倉良子)が明らかになる…
  5. 白石小百合…退社理由は香水販売だけでなく「紺野あさ美」など同…
  6. 寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚
  7. 如月琉(37歳)…高校は「弘前高校」と発覚!本名は卒業アルバ…
  8. 及川奈央…現在は舞台女優として活躍中?!
  9. 本田美奈子…白血病が発覚するも移植する猶予もなく他界
  10. 栗城史多…登山家から批判された理由とは何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    吉沢京子…結婚から離婚の真相とは?
  2. 2000年代

    有沢比呂子の演技(相棒にも出演)が見納め
  3. 2000年代

    Chocomoo(チョコムー)…wiki的にプロフィールを紹介!
  4. 1980年代

    間寛平…アメマ裁判でも笑いをとる?!
  5. 1990年代

    三田村邦彦…中山麻理との泥沼離婚の裏側とは?!
PAGE TOP