1970年代

寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚




 

1974年11月15日、寺尾聰さん(当時27歳)と范文雀さん(当時26歳)の離婚会見が開かれました。
そのとき、結婚式で仲人を務めていた石原まき子さんは、気の進まない役回りをさせられていたのです。

なぜなら、この会見に同席する羽目になったからでした。

名前:寺尾聰(てらおあきら)
生年月日:1947年5月18日(72歳)
職業:シンガーソングライター、俳優
所属:寺尾音楽事務所(個人事務所)
出身:神奈川県横浜市保土ケ谷区(東京都目黒区育ち)
学歴:文化学院卒業




Sponsored Links
 

会見は寺尾さんが当時、所属していた石原プロモーション(東京都・調布市)で行われましたが、社長の石原裕次郎さんは「太陽にほえろ!」のロケがあるため来られません…
そこでまき子夫人が代理を務めることになったのです。

■黒部の太陽…石原裕次郎と三船敏郎の苦難

寺尾さんと范さんが結婚したのは前年6月でした。
それからわずか1年5カ月後のスピード離婚だったのです。

会見は夫婦別々に行われました。
まき子夫人に付き添われて、まず姿を現したのは寺尾さん…

石原夫妻を見て男としてああいう家庭をつくりたいと思った。僕なりに一生懸命、仕事をしたんだけど、朝から晩まで家にいない状態になってしまった。いい方向に進むつもりが、結果としてよくなかった

と語りました。

離婚の理由を沈痛な面持ちでこう話したのですが、それ以上の具体的な説明はなかったのです。
寺尾さんが退席してしばらくすると、范さんが登場します。

范さんは時に笑顔を見せながら記者の質問に答えましたが、

性格の不一致というか、最初から相いれない部分があったのかも

とけむに巻くような説明に終始しました。
そのため、なぜ2人が別れるのか、会見場にいる誰にもわからなかったのです。

付き添ったまき子夫人も「私たちの世代とは考え方が違うようです」と首をかしげるばかりでした。
実際、本人たちにも明確な理由はわかっていなかったようで、あえていえば、どうしてもこの人と添い遂げたいという愛情が双方に欠けていたようだったのです。

2人の馴れ初めは、1971年1~3月放送のドラマ「2丁目3番地」(日本テレビ系)での共演…
ただし、すぐに交際に発展したわけではありません。

それぞれに恋人がいたからです。
寺尾さんはジュディ・オングさん、范さんは萩原健一さんと付き合っていました。

ジュディ・オングさんとは卵巣腫瘍の治療を受けてからギクシャクするようになり破局…

范さんは萩原さんと別れた後、石橋正次さんと親密になったのですが、長くは続きませんでした。
そうして傷心の2人がが結びついたというわけなのです。

マスコミからまったくマークされておらず、彼らが婚姻届を出して共同生活を始めても、しばらくはキャッチされませんでした。
結婚から2カ月以上たって、やっと情報が漏れて1973年9月、3カ目遅れの結婚式が開かれたのです。

仲人は石原夫妻…
ここで近い将来の暗雲を予感させる出来事がありました。

記者が裕次郎さんに「仲人は何回目ですか?」と聞いた時のこと…
裕次郎さんが「15組だっけ、16組だったかな」と自信なげに答えると、横にいたまき子夫人が「18組でしょ」と訂正します。

「うち2組が離婚だから」と弁解する裕次郎さんに、姉さん女房のまき子夫人が「縁起でもないことを言わないでよ」とたしなめたのですが、結局、寺尾さんと范さんは3番目の離婚組となってしまったのです。

その後、寺尾さんは星野真弓さんと再婚…
一方、芸能界に復帰した范さんは独身を通し、2002年11月に悪性リンパ腫のため、54歳の若さでこの世を去りました。





Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 崎山つばさ…父親が作詞・作曲した曲をアルバム収録する!
  2. イワイガワ・ジョニ男のタモリがキレた話に仰天!
  3. 阿部桃子…交際相手K氏は「古塩勝彦」でホームズ不動産販売代表?!
  4. 遠野舞子…4歳年下の旦那とは離婚しているのか?!
  5. 初代・林家三平は死に際に「謎の輪っか」を握っていた?!

関連記事

  1. 1970年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1976年度)

    モントリオール五輪開催され、「およげ!…

  2. 1970年代

    松任谷由実…夫・松任谷正隆との結婚までの馴れ初め

    ユーミンの愛称でポップミュージック界の…

  3. 1970年代

    克美しげる…事件の真相と出所後の生き様とは?!

    テレビアニメ「8マン(エイトマン)」の主題歌や…

  4. 1970年代

    吉永小百合…岡田太郎との結婚式の舞台裏

    昭和48年(1973年)はオイルショッ…

  5. 1970年代

    コメットさんのヒロイン九重佑三子の赤裸々告白

    「週刊ポスト」が当時24歳だった「九重…

  6. 1970年代

    さだまさし…相方の吉田正美と「グレープ」を解散する

    さだまさしさんがバイオリン、と吉田正美(現・吉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    川崎敬三…ヤラセ事件で番組降板の真相とは何だったのか?
  2. 1990年代

    渡辺徹…若い頃に病気(糖尿病)になって郁恵にダイエットさせられた?!
  3. 2000年代

    きつね(芸人)の大津がニューハーフと付き合ったワケとは?!
  4. 1970年代

    松本 ちえこ…妊娠騒動で「清水国明」の名前が出る?!
  5. 2010年代

    前田けゑ…遺産相続が理由で年収は6000万円に?!
PAGE TOP