1980年代

清水健太郎の何度もの逮捕と現在まで…





2009年は、薬物絡みで逮捕される芸能人が相次いだ年です…
小向美奈子さん、酒井法子さん、押尾学さんと続き、世間は芸能界の薬物汚染に呆れました。

そんな中、薬物絡みでの逮捕6回、ひき逃げなど、芸能界入り前の事件を含めると計8回の逮捕を繰り返した人がいます。
事件が起きる度に世間が思い浮かべるのは、清水健太郎さんです。

名前:清水健太郎(しみずけんたろう)
本名:園田巌(そのだいわお)
生年月日:1952年10月11日(65歳)
職業:歌手、俳優
所属:株式会社オフィスKS
出生地:福岡県小倉市



Sponsored Links
 

清水さんの最初の騒動は1983年5月19日のことでした。
午後5時ごろ、警視庁原宿署前には人だかりができていた120人もの報道陣に200人のヤジ馬…
釈放されて署から出てきたのは、場違いな白いスーツでピシッと決めた清水さんでした。

ヤジ馬の中にはサイン帳を手にした若い女性も多く、清水さんの姿を見るなり駆け寄ろうとして制止されたり、「頑張って」と黄色い声援を送っていました。
清水さんは差し出されたマイクに何も語ることなく、車の中に逃げ込んだのです。

当時の清水さんは30歳…
前月28日、原宿署は清水さんが住む千駄ケ谷のマンションを家宅捜査しました。
大麻で補導したモデルの少女が「清水から大麻を譲り受けた」という供述をしていたのです。

マンションからは約1グラム(たばこ1本分)の大麻が発見されました。
居合わせた清水さんは大麻所持の現行犯で逮捕されたのです。

清水さんは当時、スターでした。
大学在学中に若者向け人気番組「ぎんざNOW!」に出演したのをきっかけに、1976年には「失恋レストラン」で歌手デビュー…
持ち前のクールなルックスと甘い歌声がトップアイドルになったのです。

この曲と翌年の「帰らない」がヒットチャート1位になる大ヒット…
日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞し、紅白歌合戦にも出場しました。

短く刈ってきついパーマを当てた髪形も「健太郎カット」として当時大流行…
1983年当時は、ひところの人気は下火になっていたが、俳優活動に軸足を移し、「Gメン’82」の刑事役でレギュラー出演するなど、俳優として人気だったのです。

この時、清水さんは起訴猶予となり、3カ月間、沖縄の空手道場で謹慎したのち、俳優としてカムバックしました。
しかし3年後の1986年、また大麻所持で逮捕され、懲役1年、執行猶予4年の有罪判決を受けたのです。

次は1994年に大麻と覚醒剤で逮捕…
懲役1年6月の実刑判決を受けて、収監と逮捕とカムバックの繰り返しでした。

さすがにテレビ界からは避けられ、Vシネマ中心に活動…
風貌に貫禄と凄みの出た清水さんはヤクザ役がはまり役となったのです。
主演した1998年の「首領への道」シリーズが大ヒットし、「Vシネマの帝王」の異名を取るスターもて復活しました。

この座に安住すればよかったのですが、清水さんは2004年5月には覚醒剤でまた逮埔されてしまいます。
このとき2年4月の実刑…

2008年10月には車を運転中のひき逃げで逮捕…
懲役7月の実刑を受けます。

2010年に覚醒剤で実刑…
2013年に麻薬取締法違反でも逮捕(不起訴)されました。
初めはアイドルとして、2度目はVシネマの帝王として芸能界の頂点に上り詰めましたが、薬物と切っても切れない人生だったのです。

最近では2014年10月10日…
個人事務所の社長を務める18歳年下の女性と三度目の結婚を発表しました。
また約11年ぶりとなるアルバムCD「リスタート(再起動)」をリリースしています。



ピックアップ記事

  1. 長者番付からわかるスポーツ選手の年収(2001年度)
  2. 高岡早紀…布袋寅泰とのダブル不倫
  3. 熊谷真実とつかこうへいの結婚とスピード離婚
  4. すみれ…元の彼氏(中村玄也)が死んだ理由は何だったのか?!
  5. 松尾和子…転落死により息子と「再会」できず

関連記事

  1. 1980年代

    塩沢とき…舌癌や乳癌と戦い続けた日々

    キノコのような独特の巨大へアーと言えば、黒柳徹…

  2. 1980年代

    坂本九…飛行機事故の真相とその後

    昭和60年となる1985年8月12日18時24…

  3. 1980年代

    浦辺粂子…死因となった多臓器不全はガスコンロが原因?!

    生まれは明治35年…戦前から女優として活躍…

  4. 1980年代

    沖雅也…死因(自殺)の原因は「うつ病」だったのか?!

    1983年6月、東京は新宿の高層ビルで若手スタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. misonoの旦那Nosukeの「精巣がんによる胚細胞腫瘍」…
  2. 北村匠海…父親が北村一輝っていうのは完全にガセ?!
  3. 小宮孝泰…病気説が出ている理由は何なのか?!
  4. 宮尾俊太郎を検索するとなぜ「真矢みき」の名前が挙がるのか?
  5. 飯田覚士…星野敬太郎の元妻・美紀と不倫関係がヤバい?!
  6. 飯田覚士…現在はボクシング塾を経宮している?!
  7. 石田たくみの実家「メロン農家」は茨城のここ!?
  8. 竹内まなぶの実家「スーパータケウチ」は茨城のここ!?
  9. 小園凌央の弟・隼輝は成城大学卒業後は芸能界デビューする?!
  10. 辻岡義堂の実家はこのお寺だった?!その理由とは…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    君島一郎…勃発した骨肉の争いと君島グループの行方
  2. 1970年代

    小川ローザ…川合稔の事故死から現在まで
  3. 2000年代

    椎木里佳の慶應女子高校の偏差値が高すぎる件!
  4. 1990年代

    加納典明が写真集「きクぜ!2」で逮捕された真相は如何に?!
  5. 1990年代

    ドリアン助川…メンバー逮捕の後は三宅島でトマトを栽培してる?!
PAGE TOP