1990年代

景山民夫…死因と幸福の科学での活動とは?!





放送作家・エッセイストであり、直木賞作家でもある「景山民夫」さんが焼死…
このニュースが飛び込んできたのは、1998年1月27日未明のことでした。

名前:景山民夫(かげやまたみお)
生年月日:1947年3月20日~1998年1月27日(享年50歳)
職業:小説家、放送作家、エッセイスト
出身:東京都千代田区神田
学歴:武蔵野美術短大デザイン学科




Sponsored Links
 

出火元は東京都世田谷区にあった景山さんの自宅3階の仕事場です。
景山さんは駆けつけたレスキュー隊員によってすぐ病院に運ばれましたが、一酸化炭素中毒を起こしており、そのまま帰らぬ人となりました。
事故現場で発見された景山さんは、なぜかパンツ1枚という奇妙な姿で部屋に倒れていたといいます。

景山さんは放送作家として「タモリ倶楽部」、「11PM」、「クイズダービー」といった人気番組を手がけ、後に彼自身もタレントとして活動…
さらに、1988年には小説「遠い海から来たCOO」で直木賞を受賞するなど、メディアの最前線でマルチに活躍した文化人でした。

その一方で、1991年ごろから宗教法人「幸福の科学」に入信し、教祖の大川隆法氏を「神の心が具体的な形を持って現れたのが大川隆法先生、エル・カンターレなんです」と公言し、心酔していたことでも知られています。

当時、幸福の科学に対しては写真週刊誌「フライデー」が毎週のように批判キャンペーンを展開しており、幸福の科学側もこれに対抗して、訴訟や抗議活動を活発化させていました。

同年9月には幸福の科学が全国被害者の会を結成…
景山さんは会長に就任し、同会の副会長となった女優の小川知子さんらとともに抗議デモの先頭に立ち、出版物に火をつけて燃やす焚晝パフォーマンスなどで話題になったこともあります。

景山さんはそれ以前から超能力やUFO、ノストラダムスといったオカルト的な題材を好んで取り上げていました。
さらに、幸福の科学に入信です。

ますます精神世界への傾向を強めていたわけで、テレビ業界や文壇の知人たちとは微妙な距離ができつつあったことは否めないでしょう。
そんな状況の中で突然の焼死…

事故時にパンツ一枚ということもあって、景山さんの遺体が運ばれた警視庁成城署に詰め掛けたマスコミの間では、当然のように様々な臆測が飛び交いました。

「事故説」や「自殺説」に加えて、「何者かによる放火」といった説もささやかれ、翌日に景山さん焼死のニュースを伝えたメディアも「不審火」、「書斎だけ炎上」、「通報の夫人は軽症」と歯切れが悪かったのです。

しかし、結論を言えばやはり火事は事故の可能特極めて高いと言えるでしょう。
景山さんは出火の数時間前にはハワイに住む友人に旅行の予定を伝えていました。

また、出版社の編集者を出迎えるために、わざわざスーツに着替えていたほどのダンディズムの持ち主でもあり、パンツ一枚という姿で自殺することも考えづらかったのです。

最終的に警察の現場検証から「プラモデル作りに使う接着剤などから気化したシンナーにたばこの火が引火したことが出火の原因。パンツ一枚だったのも潔癖性の性格から、プラモ作り時の習慣だった」という結論になりました。

そして、事故から4日後、幸福の科学は「霊界の景山から『私の人生も完全燃焼でした』という内容のメッセージが届いた」と機関誌で発表しています。

亡くなった時点で収録済みの番組もあり、長年審査員を務めた「料理の鉄人」では、景山さんを追悼するテロップが流されました。
また、朝日放送の「探偵!ナイトスクープ」でも、収録日時を表示して放送していました。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 佐藤かよ…男性化したことでテレビ出演が減っているって本当?!
  2. 一柳亜矢子アナウンサー…バツ2から3度目の結婚相手Tまでの経緯
  3. 山田邦子…「事務所独立」騒動の原因は一体何だったのか?!
  4. 真木蔵人…息子ノアの母親クリスへのDVから傷害容疑逮捕まで
  5. 野々村竜太郎の家族(主に母親)って一体どうなってるの?

関連記事

  1. 1990年代

    千葉すず…生中継で放送禁止用語の内容とは「メダル○○○○」?!

    女子自由形のエースとして、日本の競泳界に貢献し…

  2. 1990年代

    元祖・沖縄バラドル「早坂好恵」のデビューから現在まで

    女優の新垣結衣さんや仲間由紀恵さん……

  3. 1990年代

    有賀さつき…山崎直樹社長の不倫の結末とは如何に?!

    「女子アナブーム」を築き上げたとされ、…

  4. 1990年代

    神田正輝…岩に肩をぶつけて全治2ヵ月のケガを負う?!

    「太陽にほえろ!」や「朝だ!生です旅サ…

  5. 1990年代

    ヒロミ(B21)におきた花火事故の経緯がこれだ!

    1986年にミスターちんさん、デビット…

  6. 1990年代

    梅宮アンナと羽賀研二が別れた理由を2017年に再調査してみた件

    梅宮アンナさんと言えば40代とは思えない美貌の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 鳳啓助…元嫁(鏡子)に勝手に離婚届を出されていた?!
  2. シャネルズ…なぜ2か月間も活動停止したのか?!
  3. 島田洋七…目薬と水虫薬を間違えて失明の危機に陥ったことがある…
  4. 左とん平…過去に賭博容疑で逮捕されたことがあった?!
  5. 大和田伸也…妻・五大路子との馴れ初めから結婚まで
  6. 池田満寿夫と佐藤陽子(バイオリニスト)の馴れ初めとは?!
  7. 和田アキ子…自然気胸を患って入院したことがある?!
  8. 三遊亭小圓遊(四代目)…食道静脈瘤破裂が原因で死去する
  9. 石橋貴明と野坂昭如は本番中にガチで喧嘩をしたことがある?!
  10. BOØWY(ボウイ)…解散宣言をした理由は何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    篠ひろ子…自殺未遂の原因は何だったのか?!
  2. 1990年代

    GAO(歌手)…性別・年齢の謎と2019年現在の活動
  3. 2000年代

    中村七之助の逮捕に松本潤や市川海老蔵が関係していた?!
  4. 1980年代

    朝潮太郎…嫁の芋縄恵と1億円の豪華結婚式・披露宴を挙げる?!
  5. 1970年代

    都はるみ…交際13年の末の結婚と離婚
PAGE TOP