2000年代

松村邦洋がマラソン中に心肺停止で倒れた原因とは?




 

モノマネタレントとしてもお馴染み。
また、いじられキャラとして、苦境に立たされた時の絶妙なリアクションが人気の「松村邦洋」さん。

そんな松村さんが一時期、生命の危機に陥ったことがありました。
それは2009年に行われた第3回東京マラソンで、急性心筋梗塞で倒れて心肺停止というシャレにならない事態になったのです。

名前:松村邦洋(まつむらくにひろ)
生年月日:1967年8月11日(51歳)
職業:お笑いタレント・ものまねタレント
所属:太田プロダクション
出身:山口県熊毛郡田布施町
学歴:九州産業大学(中退)



Sponsored Links
 

一時、松村邦洋さんは体重が142キロもありました。
医者に警告を受けてダイエットを決意し、食事療法とウォーキングなどで99キロまで減量に成功します。

そうして2007年にはテレビ番組の企画で、オーストラリアのゴールドコーストマラソンに出場することになりました。
この時はプロのトレーナーの指導で練習を重ねて、制限時間オーバーながら9時間9分で無事完走したのです。

その後も挑戦を続け、2008年にて伴走(走者のそばについて一緒に走ること)で東京マラソンに出場したのです。

この時は制限時間切れでリタイアとなったものの、35キロ地点までレースを続けました。
同年に再出場したゴールドコーストマラソンでは制限時間内に無事完走という快挙を成し遂げたのです。

2009年、松村さんは当時41歳。
すっかりマラソン熱に取りつかれ、「今度こそ!完走」と東京マラソンに再出場しました。

しかし、先手必勝という気持ちから、前半から速いペースで飛ばし過ぎてしまい、10キロを過ぎる頃から走り方が急におかしくなります。

同じく出場していた安倍首相夫人の昭恵さんに「松ちゃん」と声をかけらてれも辛そうな顔を見せるだけでした。

ドクターランナー(いざという時の救護のためにランナーとして参加している医師)が異常に気づいて伴走を始めます。

そうして、スタートから2時間半後の11時35分、11.7キロ地点でストレッチをしようと中央分離帯の柵に手をかけました。
しかし、松村さんはそのまま崩れるように倒れ落ちたのです。

その瞬間、ドクターランナーが携帯していたマスクで人工呼吸。
ボランティアの救命士が駆けつけ、2回にわたってAEDで電気ショック、一時は停止していた心臓が再び動き始めました。

10分後に救急車が到着して病院に搬送。
ICUでカテーテルによる治療などを受け、松村さんは意識を取り戻しました。

現場で対応したドクターランナーは「声援に応えて頑張り過ぎ、オーバーペースになったことが倒れた原因だと思います」と語ったのです。

4月3日には無事に退院。
石原都知事(当時)に「あんなデブは出ない方がいいんだ本当に人騷がせだよ」と言われましたが、退院わずか3時間半後に会見を開き、麻生元首相、ビートたけしさんなど怒涛のモノマネを披露し、完全復帰をアピールしました。

その後、松村さんはライブの出ばやしを「六甲おろし」から、桑江知子さんの「私のハートはストップモーション」に変えて笑いを取ることになります。

また、この松村さんの騒動はテレビ局の番組作りにも飛び火しました。
日本テレビの一大イベント「24時間テレビ愛は地球を救う!チャリティーマラソン」では“走り”とはほど遠いイメージのランナーが起用されることも多く、2009年は東国原宮崎県知事(当時)や、みのもんたさんらが候補として挙がっていました。

しかし、万が一にも大事に至ることのないようにとのことで、結局お笑いタレントのイモトアヤコさんになったのです。
現場では「松村の呪いだ!」という声もあがったと言います。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 栞菜智世(本名:生田若菜)の大学はフェリス!?
  2. 荻野目慶子…不倫相の映画監督が自殺して大スキャンダルに?!
  3. ローラに似ていると言われた水沢アリーの現在
  4. 大島渚…映画「愛のコリーダ」の公開と裁判結果について
  5. 加賀まりこ…子供の死因は「前置胎盤」だった?!

関連記事

  1. 2000年代

    潮田玲子のポエムを全文見たけどやっぱり痛いわ…

    2017年8月7日、元バドミントン選手で今はキ…

  2. 2000年代

    大成安代アナウンサー…元夫と離婚した理由は何だったのか?

    NHKアナウンサーの「大成安代」アナウ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 草刈正雄…嫁・大塚悦子との馴れ初めから結婚までを振り返る
  2. 水谷豊…伊藤蘭との馴れ初めと結婚式の様子を振り返る
  3. 宮崎緑…夫・椿康雄との結婚から離婚までを振り返る
  4. ナオミ・グレース…夫・松下進と福生市に住み続ける理由とは?
  5. ヒロシ&キーボー…キーボー逮捕の原因「介護疲れ」って本当なの…
  6. 田原俊彦…昔、紅白出場をドタキャンしたことがある?!
  7. 森進一と森昌子…息子が生まれる前年の年末・年始
  8. 高樹澪…元夫・田中博信との結婚秘話や馴れ初めとは?
  9. 森進一…緑内障を患い失明の危機に陥ったことがあった?!
  10. 諸星和己…若い頃に胸骨骨折の状態でコンサートに出たことがある…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    佐久間良子…元夫・平幹二朗との離婚劇の裏側とは?!
  2. 2000年代

    清原和博と長渕剛 殴り合い喧嘩の理由は覚醒剤絡み?!
  3. 2000年代

    葵わかな…高校は「日出学園」ではなく「二階堂高校」だった?!
  4. 2000年代

    式守与之吉…休場の原因となった「ギラン・バレー症候群」とは?!
  5. 2000年代

    萩原流行…バイク事故死の真相と疑問が残った警察の見解
PAGE TOP