1980年代

五社英雄(映画監督)はなぜ刺青を入れたのか?




 

1980年、フジテレビの花形プロデューサーが逮捕されました。
その人物こそ、この事件の当事者で、後に「巨匠」と呼ばれる存在になった「五社英雄」さんだったのです。
今回はそんな五社さんの知られざる一面に関するお話です。

名前:五社英雄(ごしゃひでお)
生年月日:1929年2月26日~1992年8月30日(享年63歳)
職業:映画監督、脚本家、演出家
出生地:東京府北豊島郡滝野川町大字西ヶ原(現・東京都北区西ヶ原)
学歴:明治大学商学部



Sponsored Links
 

1980年7月2日夜、フジテレビ社員であった五社英雄さん(当時51歳)が、警視庁捜査4課と板橋署に銃刀法違反で逮捕されました。
別の恐喝未遂事件で逮捕された五社さんの友人が、「五社宅でピストルを見た」との証言から始まった捜査が原因でした。

五社さんの自宅からはコルト45口径、ホプキンスアレンの32口径とエアガン1丁が発見されます。
その朝、五社さんは同僚に「オモチャの拳銃を持っているが、警察が調べに来ている。問題になるのかなぁ」とこぼしていましたが、オモチャではなく実物でした。
晩のニュースで逮捕を知った同僚は驚愕したと言います。

五社さんは角刈りに着流(きなが)し、雪駄履きというヤクザ風のスタイルを好んだ人物でした。
拳銃の入手先については色々と臆測が飛びましたが、1丁は戦後の混乱期に五社さんの兄が入手したものだったのです。

残りの2丁は番組取材で渡米した際に自身が購入したものでした。
趣味の刀剣類のコレクションの延長だったと言います。

五社さんは予科練(海軍飛行予科練習生の旧略)を経て明治大学を卒業後、ニッポン放送に入社、1934年にフジテレビに移籍しました。

「トップ屋」(1960年~1961年)や「三匹の侍」(1963年~1965年)などの人気ドラマの演出を手がけ、その後は映画部長や報道部長などを務めると共に、映画版の「三匹の侍」(1964年)を皮切りに同社出資の映画「雲霧仁左心衛門」(1978年)も監督した初のテレビ出身の映画監督でもあったのです。

五社さんはこの件で罰金刑を受け、フジテレビは依願退職となりました。
職を追われた五社さんは新宿ゴールデン街に飲み屋を開く予定で店も借りましたが、東映の岡田茂社長(当時)から「死ぬ気になって映画を撮ってみないか?」と声がかかります。

そんな五社さんが再スタートのために出した企画が、映画「鬼龍院花子の生涯」(1982年)でした。
大竹しのぶさんの代役で抜擢された新進女優、夏目雅子さんの好演と、映画化にあたって加えられた「なめたらいかんぜよ」という夏目さんのセリフが受け、流行語にもなりました。
映画自体も11億円の配給収を上げ、大ヒットしたのです。

五社さんはその後も、「陽暉楼」(1983年)、「櫂」(1985年)、「極道の妻たち」(1986年)、「吉原炎上」(1987年)と大衆に支持されヒットを連発…
フジテレビ退社後に12作を監督しました。

そんな五社さんが一生を終えたのは1992年8月30日。
まだ63歳でした。
3年ほど前から患っていた食道がんと、併発した急性腎不全が原因だったのです。

訃報の際、背中一面に鬼と武者が対峙する「羅生門」の入れ墨があったと報じられました。
長女・五社巴さんの著書「さよならだけが人生さ」によると、父親の五社さんは54歳の頃、軽度のうつ状態になり、死の話ばかりする五社さんが、知人に「死にとらわれているのなら、死ぬ覚悟で彫り物をしたらどうか?」と勧められたからだと言います。

コワモテの風貌と豪快な遊びぶりでも知られたが、実は人一倍繊細な人でもあったのです。
五社さんの遺言で、大が掛かりな告別式や葬式は行われず、ごく少数の身内のみで川越市の東陽寺で通夜と密葬が執り行われました。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 三船敏郎…介護は喜多川美佳でなく元妻・吉峰幸子がしていた?!
  2. 清原和博の元彼女(愛人)はリッツクラブの雇われママ?!
  3. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
  4. 渡哲也…ゴリラの撮影中に全治1カ月半の重傷を負う?!
  5. 初代・引田天功の死因と生前の女性問題が衝撃?!

関連記事

  1. 1980年代

    三宅裕司…スタッフの不祥事で「イカ天」打ち切り

    劇団「スーパー・エキセントリック・シア…

  2. 1980年代

    清水健太郎の何度もの逮捕と現在まで…

    2009年は、薬物絡みで逮捕される芸能…

  3. 1980年代

    堤大二郎…ロケ中の自動車事故の真相とは?

    時代劇の名脇役として知られる「堤大二郎…

  4. 1980年代

    和泉雅子…南極から北極に向けての冒険を振り返る

    愛称は「珍獣ハンター・イモト」ことイモ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  2. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  3. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  4. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  5. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  6. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  7. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  8. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
  9. 竹中直人と美保純が過去に熱愛宣言をしていた件
  10. 木の実ナナの妹・木の実まこの結婚秘話とは?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    伊丹十三…死因の真相は本当に写真週刊誌が原因だったのか?!
  2. 2000年代

    ヤスタケ(スニーカー芸人)…カジサック(キンコン)のドッキリで炎上被害?!
  3. 2000年代

    清原和博と長渕剛 殴り合い喧嘩の理由は覚醒剤絡み?!
  4. 2000年代

    高橋健一(元キンコメ)の痴漢は冤罪ではないのか?
  5. 1980年代

    宮崎美子…上川伸廣との結婚と偶然が生んだ馴れ初めとは?!
PAGE TOP