1970年代

池上季実子…映画「ハウス」でヌードを披露する?!





「映像の魔術師」と称された大林宣彦監督の劇場用映画作品デビュー作「HOUSE ハウス」が公開されたのは1977年7月のことでした。
同作品は国内商業映画の製作現場で外部の監督が起用されたことに加え、清純派路線で売り出していた「池上季実子」さん(当時18歳)が大胆なヌードを披露し、イメチェンを図ったことでも話題を集めたのです。

名前:池上季実子(いけがみきみこ)
本名:臼井季実子
生年月日:1959年1月16日
職業:女優
所属:オスカープロモーション
出身:京都府京都市
学歴:堀越高等学校卒業




Sponsored Links
 

当時、国内で映画を撮るには、製作会社に入社後、助監督から叩き上げで監督になるというのが常識でした。
8ミリ映画の監督がいきなりプロとして商業映画を撮るのは考えられないことだったのです。

しかし、当時の映画界は一般家庭へのテレビ普及のあおりを受け、不振が続いていました。
そこで目をつけられたのがチャールズ・ブロンソンの「マンダム」をはじめ、1000本を超えるCF作品をヒットさせていた大林監督(当時39歳)だったのです。

製作にあたり、1975年にヒットした「ジョーズ」のような映画を撮って欲しいと頼まれた大林監督に、アイデアを出したのは当時12歳だった娘の千茱萸(ちぐみ)さんでした。

「パパ。この鏡の中の私が、私を食べてしまうと面白いわね」という娘の言葉にヒントを得た監督は、ピアノや柱時計が次々と少女たちを食べていくホラー・コメディーを作りあげたのです。

食べられる少女役は池上さんの他、大場久美子さん、神保美喜さんら総勢7人のハウスガールズで、大林監督の下、体当たりで演技をこなしました。
大場さんなどリハーサル中に怖くなって本気で泣き出す場面もあったといいますが、しかし、監督はすかさずカメラを回していました。

8代目・坂東三津五郎さんの孫娘でドラマ「愛と誠」(1974年・東京12チャンネル=現テレビ東京)の主役を演じた池上さんも、入浴シーンで豊満な肢体を披露…

当初はヌードに抵抗を感じていた池上さんでしたが、監督と話し合った結果、「裸を売り物にする映画じゃない」、「イメージを変えたい」と承諾したのです。
それでも撮影前夜は興奮して眠れず、自分の裸を鏡に映し、「とうとう私の体、みんなに見せるんだな」と感じたといいます。

撮影現場では監督とカメラだけにして欲しいという女優も多いのですが、池上さんはスタッフが勢ぞろいする中、堂々と演技をこなしました。
撮影後は「ただ無我夢中だったとしか言えないわ。映画に出て私は何か変わったと思うの。…はっきり言えないけど、女優になりたいんです」とコメントしています。

また、それまでカーテンの中で行っていた衣装の着替えをカーテンなしでパッパッパとするようになったともいいます。

公開は1977年7月30日…
監督は完成前から深夜放送でラジオドラマ版の生放送を行うなどプロモーションを行っており、「HOUSE ハウス」は公開と同時に大ヒットとなりました。

その後、大林監督は尾道3部作などを撮り、地位を不動のものとします。
これに引きずられる形で、自主映画やCF界から次々と商業映画監督が誕生しました。

「HOUSE ハウス」出演で一皮むけた池上さんは1984年、「陽暉楼」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞し、最近でも月曜名作劇場 「十津川警部シリーズ」(TBS系)や「科捜研の女」(テレビ朝日)など現在も人気女優として活躍しています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 田代まさし…4回の逮捕と現在の活動とは?
  2. misonoの旦那Nosukeの「精巣がんによる胚細胞腫瘍」ってどんな病気?
  3. 葉月里緒菜の現在から真田広之との不倫までを振り返ってみた件
  4. 真行寺君枝…金策のためにヘアヌード写真集を出す?!
  5. 市川海老蔵…暴行事件の真相とその後の影響

関連記事

  1. 1970年代

    吉永小百合…岡田太郎との結婚式の舞台裏

    昭和48年(1973年)はオイルショック(石油…

  2. 1970年代

    岡田奈々に起きた監禁事件の真相とは?

    本名は矢井弘子…人気絶頂のアイドル岡田奈々…

  3. 1970年代

    手塚治虫…ブラックジャック実写版にキレた?!

    「漫画の神様」と評されていた漫画家「手塚治虫」…

  4. 1970年代

    吉田拓郎の冤罪事件「女子大生暴行致傷」の背景とは?

    様々な世代で人気があり、シンガーソングライター…

  5. 1970年代

    千葉真一と野際陽子…馴れ初めと離婚理由は何だったのか?

    ハリウッドでサニー千葉の名で活躍する「千葉真一…

  6. 1970年代

    今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで

    日本のボサ・ノヴァバンド…女性1人に男性4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 紫吹淳…実家は金持ちで父親は三洋電機はガセ?!
  2. 江口ともみ…事故の原因はどこにあったのか?
  3. 小鳩くるみ…43歳で結婚して現在は夫婦二人で暮らしている?!…
  4. 野々村直通監督…あの問題発言の後に本当に腹を切っていた?!
  5. ひでこコルトン…大学卒業から結婚・再婚を経て現在に至る
  6. 剣武輝希…秩父の温泉「宮本家」は1日6組限定の超老舗!?
  7. 小川真澄(元パンプキン)…現在はアイドルユニットをプロデュー…
  8. お箸マニア・三井和典(みついがずすけ)は四季彩堂のブランド青…
  9. 福井優子…観覧車通信の日本支局長が観覧車にハマった意外なきっ…
  10. 唐沢奈々江…銀座クラブ「Nanae」の場所と料金が衝撃?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    森咲智美…年齢25歳グラビアアイドルと中村昌也の馴れ初めとは?
  2. 1990年代

    鈴木蘭々…ラジオ開局した兄の逮捕で芸能界を干されたの?!
  3. 2000年代

    秋吉久美子の息子(遊)の転落死から…
  4. 1960年代

    山本富士子が映画に出なくなった理由に衝撃?!
  5. 2000年代

    紫吹淳…実家は金持ちで父親は三洋電機はガセ?!
PAGE TOP