1970年代

池上季実子…映画「ハウス」でヌードを披露する?!





「映像の魔術師」と称された大林宣彦監督の劇場用映画作品デビュー作「HOUSE ハウス」が公開されたのは1977年7月のことでした。
同作品は国内商業映画の製作現場で外部の監督が起用されたことに加え、清純派路線で売り出していた「池上季実子」さん(当時18歳)が大胆なヌードを披露し、イメチェンを図ったことでも話題を集めたのです。

名前:池上季実子(いけがみきみこ)
本名:臼井季実子
生年月日:1959年1月16日
職業:女優
所属:オスカープロモーション
出身:京都府京都市
学歴:堀越高等学校卒業




Sponsored Links
 

当時、国内で映画を撮るには、製作会社に入社後、助監督から叩き上げで監督になるというのが常識でした。
8ミリ映画の監督がいきなりプロとして商業映画を撮るのは考えられないことだったのです。

しかし、当時の映画界は一般家庭へのテレビ普及のあおりを受け、不振が続いていました。
そこで目をつけられたのがチャールズ・ブロンソンの「マンダム」をはじめ、1000本を超えるCF作品をヒットさせていた大林監督(当時39歳)だったのです。

製作にあたり、1975年にヒットした「ジョーズ」のような映画を撮って欲しいと頼まれた大林監督に、アイデアを出したのは当時12歳だった娘の千茱萸(ちぐみ)さんでした。

「パパ。この鏡の中の私が、私を食べてしまうと面白いわね」という娘の言葉にヒントを得た監督は、ピアノや柱時計が次々と少女たちを食べていくホラー・コメディーを作りあげたのです。

食べられる少女役は池上さんの他、大場久美子さん、神保美喜さんら総勢7人のハウスガールズで、大林監督の下、体当たりで演技をこなしました。
大場さんなどリハーサル中に怖くなって本気で泣き出す場面もあったといいますが、しかし、監督はすかさずカメラを回していました。

8代目・坂東三津五郎さんの孫娘でドラマ「愛と誠」(1974年・東京12チャンネル=現テレビ東京)の主役を演じた池上さんも、入浴シーンで豊満な肢体を披露…

当初はヌードに抵抗を感じていた池上さんでしたが、監督と話し合った結果、「裸を売り物にする映画じゃない」、「イメージを変えたい」と承諾したのです。
それでも撮影前夜は興奮して眠れず、自分の裸を鏡に映し、「とうとう私の体、みんなに見せるんだな」と感じたといいます。

撮影現場では監督とカメラだけにして欲しいという女優も多いのですが、池上さんはスタッフが勢ぞろいする中、堂々と演技をこなしました。
撮影後は「ただ無我夢中だったとしか言えないわ。映画に出て私は何か変わったと思うの。…はっきり言えないけど、女優になりたいんです」とコメントしています。

また、それまでカーテンの中で行っていた衣装の着替えをカーテンなしでパッパッパとするようになったともいいます。

公開は1977年7月30日…
監督は完成前から深夜放送でラジオドラマ版の生放送を行うなどプロモーションを行っており、「HOUSE ハウス」は公開と同時に大ヒットとなりました。

その後、大林監督は尾道3部作などを撮り、地位を不動のものとします。
これに引きずられる形で、自主映画やCF界から次々と商業映画監督が誕生しました。

「HOUSE ハウス」出演で一皮むけた池上さんは1984年、「陽暉楼」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞し、最近でも月曜名作劇場 「十津川警部シリーズ」(TBS系)や「科捜研の女」(テレビ朝日)など現在も人気女優として活躍しています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 東てる美…娘の悲劇が本当に悲し過ぎる件
  2. 沖雅也…死因(自殺)の原因は「うつ病」だったのか?!
  3. 近藤真彦…母の遺骨盗難事件の真相や犯人は?!
  4. ワタリ119…プロフィールや消防署の場所について調べてみた
  5. 酒井法子…支えてくれた故・富永保雄の「トミナガ工業」に訴えられる?!

関連記事

  1. 1970年代

    大橋巨泉…パイプカット宣言の裏側には何があったのか?!

    「ボクは子孫をつくらないことにしました」……

  2. 1970年代

    風吹ジュン…若い頃におきた「拉致監禁騒ぎ」とは?

    ユニチカの初代マスコットガールから歌手…

  3. 1970年代

    和田アキ子…過去に起きた「楽屋泥棒撃退事件」とは?!

    愛称は“ゴッド姉さん”やは“アッコさん…

  4. 1970年代

    伊藤咲子…城みちるとの恋愛騒動と別れ秘話

    1979年3月16日の昼下がり、東京・溜池にあ…

  5. 1970年代

    吉田拓郎の冤罪事件「女子大生暴行致傷」の背景とは?

    様々な世代で人気があり、シンガーソング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 草刈正雄…嫁・大塚悦子との馴れ初めから結婚までを振り返る
  2. 水谷豊…伊藤蘭との馴れ初めと結婚式の様子を振り返る
  3. 宮崎緑…夫・椿康雄との結婚から離婚までを振り返る
  4. ナオミ・グレース…夫・松下進と福生市に住み続ける理由とは?
  5. ヒロシ&キーボー…キーボー逮捕の原因「介護疲れ」って本当なの…
  6. 田原俊彦…昔、紅白出場をドタキャンしたことがある?!
  7. 森進一と森昌子…息子が生まれる前年の年末・年始
  8. 高樹澪…元夫・田中博信との結婚秘話や馴れ初めとは?
  9. 森進一…緑内障を患い失明の危機に陥ったことがあった?!
  10. 諸星和己…若い頃に胸骨骨折の状態でコンサートに出たことがある…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    石野真子…芦屋の実家が全焼する?!
  2. 1980年代

    牧野美千子…子供二人を育てた佃煮店・諏訪商店の女将
  3. 1980年代

    寺山修司はサイコパス?!明らかになった奇行の数々…
  4. 1990年代

    脚本家・ジェームス三木…女性関係を元妻に暴露され泥沼離婚
  5. 1960年代

    島倉千代子…爆発物事件が起きて本当に「人生いろいろ」だった件
PAGE TOP