1980年代

寺山修司はサイコパス?!明らかになった奇行の数々…





1960年代から70年代にかけて劇団主宰者、映画監督、歌人、競馬評論家など多方面で活躍し、時代の寵児だった「寺山修司」さん。
「アングラの教祖」と呼ばれた彼は、1980年に住居不法侵入で逮捕されているのです。

この点がネット上でも「サイコパス」と言われている一因なのですが、目的はのぞきだったのか、はたまた創作のための取材だったのか?…
今でもその真相はわかりません。

名前:寺山修司(てらやましゅうじ)
生年月日:1935年12月10日~1983年5月4日(享年47歳)
職業:歌人、劇作家
出生地:青森県弘前市
学歴:早稲田大学教育学部国文学科(現・国語国文学科)中退



Sponsored Links
 

1980年7月13日夜10時、東京都渋谷区のアパートの1階でテレビを見てくつろいでいたアパート所有者の長男Kさんが、建物と塀の間の路地状になった庭を、サンダル履きの男がうろついているのに気がつきます。
男はアパートの2階への階段を上ろうとしており、その2階の5部屋の254室には独身女性が入居していました。

Kさんは「またか」と思い、窓から裸足で飛び出し、怪しい男の腕をつかんだ「何をしているんだ!」 と問いただすと、男は「犬の散歩の途中だ」答えましたが、そんな犬はどこにもいません。

すぐにKさんの家族は110番に通報し、男は抵抗することもなく、すぐにやってきた渋谷署のパトカーに引き渡されました。
そして住居不法侵入で現行犯逮捕…
この男こそ、アパートから200メートルほどの近所に住んでいた寺山修司さん(当時44歳)だったのです。

寺山さんは2日後に釈放されましたが、略式起訴され、8000円の罰金刑を受けました。
実は寺山さんは起訴に至らなかったものの、同じアパートで5年前にも騒ぎを起こしていたのです。

その時の寺山さんは「甚平の上だけを着ていたが、パンツもはいておらず下半身丸出しの姿」でKさんの部屋をのぞいていたといいます。
この時も、逃げる寺山さんをKさんや近所の若者が取り押さえて警察に引き渡していました。

逮捕の報を受けて、取材した週刊誌には続々と寺山さんの奇行に関するエピソードが掲載されます…
別のアパートの大家によると「夏の夜、パンツ一丁で庭先に立っていて、追いかけたら逃げた」、近所に住むモデルの女性は「夜ホームパーティーをしているところを垣根越しにのぞかれていて大騒ぎになった」と語りました。

これらの「のぞき」の告発に対して寺山さんは「今回、アパートの敷地内に入ったのは『路地』という本の準備をしていてその取材中に間違えて入っただけ。のぞき目的ではない」、「下半身丸出し、パンツ一丁というのは事実無根」と弁明したのです。

その弁明に対して、“前衛芸術家の創作活動の一環”と理解を示する人もいましたが、やはり一般には通じませんでした。
それまで、寺山さんは1967年に設立したアングラ劇団「天井桟敷」代表として小劇場ブームを巻き起こし、映画監督としても1971年公開の「書を捨てよ、町へ出よう」でサンレモ映画祭グランプリを受賞するなど高い評価を得ていました。
また、寺山さんが出身地の青森弁で朴訥に芸術を語る口調をタモリさんがモノマネして話題にもなってもいたのです。

寺山さんはその後、メディアの露出がパタリと減り、翌年肝硬変を発症し、1983年に肝硬変とそれに併発した腹膜炎と敗血症で47歳の短い生涯を終えました。
「鬼才」の名を欲しいままにした前衛芸術家が晩年に起こした「サイコパス?」とも囁かれる不可解な事件だったのです。



ピックアップ記事

  1. 今井メロ…ラップ歌詞の真相は単なるヤラセ?!
  2. 丸山桂里奈…「発達障害の弟がいる」は完全にガセ?!実は…
  3. SMAP解散の真相と最新の動向とは?
  4. 島田裕三の実家「島田建設」は鈴木宗男の収賄に絡んでった本当?!
  5. 清原和博…父親・母親・祖父母の話にちょっと感動してしまう件

関連記事

  1. 1980年代

    田中裕子…沢田研二との出会いと馴れ初め

    1979年のNHK連続テレビ小説「マー姉ちゃん…

  2. 1980年代

    穂積隆信…「積木くずし」と試練の人生から現在まで

    本名は鈴木隆信さん…1982年に彼(穂積隆…

  3. 1980年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1981年度)

    大相撲の千代の富士貢さんが横綱昇進し、サッカー…

  4. 1980年代

    内田裕也と樹木希林…馴れ初めから「なぜ離婚しない」がわかる?!

    芸能界きっての不思議な夫婦…なおかつ別居夫…

  5. 1980年代

    井沢八郎と娘・工藤夕貴が絶縁状態となったワケとは?

    1964年のヒット曲「あゝ上野駅」の演歌歌手と…

  6. 1980年代

    渡辺正行…田中真弓との馴れ初めを振り返ってみた件

    お笑いタレントでコント赤信号のリーダー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 柳生博…息子(柳生真吾)が急死したワケとは?!
  2. あおい有紀(アナウンサー)が結婚しなかったワケとは?!
  3. 米野智人…嫁(貴美)と下北沢でカフェレストランをオープンする…
  4. 渡辺正行…田中真弓との馴れ初めを振り返ってみた件
  5. 秋本奈緒美…元旦那「日向大介」との馴れ初めと結婚記者会見
  6. 石川さゆり…娘の佐保里のために6億5000万円の土地を購入す…
  7. 薬師丸ひろ子…玉置浩二との馴れ初めと結婚に至るまでの経緯
  8. 折原真紀(女優)…夫・石川晴司と一緒にブティック経営をしてい…
  9. 井上芳雄…家族(父親・母親・妹)や妻(知念里奈)までクリスチ…
  10. 東郷かおる子…現在までの活動をWiki風に紹介してみた件
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1994年度)
  2. 2000年代

    桜金造…創価学会に相談ナシで都知事選に出馬?!
  3. 1970年代

    麻丘めぐみ…結婚・引退から離婚・カムバックまでの経緯
  4. 1990年代

    高見恭子…元夫(松原正裕)とのスピード離婚の理由とは?!
  5. 2000年代

    伊達ヒデユキ…女性にモテるためにスノードームを集めてた?!
PAGE TOP