1970年代

弘田三枝子…不倫相手の妻に刺されても懲りずに不倫





1977年1月25日午前6時を少し回ったばかりのこと…
まだ薄暗い中、うつろな目をした一人の女性が港区の麻布警察署の正門前に現れ、当直の警官に「今、人を刺してきました」と言ったきり、その場に倒れ込みました。

女性はジャズギタリストS(当時34歳)の妻、A子(同29歳)…
刺した相手は人気歌手の「弘田三枝子」さん(同29歳)だったのです。

名前:弘田三枝子(ひろたみえこ)
本名:高木三枝子
生年月日:1947年2月5日(70歳)
職業:歌手
レーベル:東芝音楽工業、日本コロムビア、キングレコード
出身:東京都世田谷区池尻




Sponsored Links

A子が果物ナイフを持って弘田さんの住むマンションに行ったのは午前4時20分…
その時の気温は0度でした。

寒さに震えながら物陰で40分以上も待ち続け、5時過ぎにSと一緒にタクシーから降りてきた弘田さんの背中を果物ナイフで3回、立て続けに刺したのです。
傷の深さは1~1.5センチほど…
刃先がもう少し深く入っていれば、腎臓に達する恐れもありましたが、幸い急所は外れて、数日の入院で済んだのでした。

弘田さんとSが仕事を通じて知り合ったのは1975年1月…
次第に男女の仲になっていき、その年の夏頃から、はしばしば家を空けるようになりました。
同年のクリスマスも自宅に戻らず弘田さんの家に泊まっていたのです。

当時、A子は妊娠5カ月、5歳になる長女もいました。
我慢の糸が切れたA子は弘田さんの家に電話をかけ「夫と別れて!」と叫んだのです。

その時、弘田さんは「きちんと別れます」と答えたのですが、男と女の関係は摩訶不思議…
これがきっかけで、逆にSさんと弘田さんは、より親密になっていったのです。

1976年5月、A子は2人目の子供を産みましたが、夫はますます家に帰らなくなります…
ジャズグループを結成し、弘田さんのバックバンドを務めるなど2人の関係は深まるばかりでした。

1977年1月7日、Sは「必ず妻と離婚する」と話して弘田さんにプロポーズ…
そうした動きを察したA子は意を決し、同月15日、夫の不倫相手と直談判に及ぼうとするが、弘田さんは拒否され、10日後、ついに凶行に及んだというわけです。

A子は逮捕から21日後の2月15日、保釈となり、略式裁判で罰金刑が科せられました。
弁護士から軽い処分で済みそうだと聞いた弘田さんはほっとした表情を見せたといいます。
A子への罪の意識とこの問題が尾を引き、いつまでもマスコミに取り上げられるのを恐れていたのです。

その後、Sとの仲を清算した弘田さんは渡米…
芸能界も一時的に引退しました。

これで不倫に懲りたはずだったのに、アメリカでもまた妻子持ちの男性と恋仲になります…
1978年1月、弘田さんは航空会社の営業部長ㄒ氏(日本人)と知り合います。

同年5月プロポーズを受けますが、当時、T氏には4番目の妻と3人の子どもがいました。
しかし、正式に離婚が成立しないまま、9月に挙式…
すでに弘田さんのお腹には愛の結晶が宿っていたのです。

T氏は営業で売り上げ全米卜ップをとるほどのヤリ手でしたが、一方でかなりのプレーボーイと評判だった人物…
それが理由だったのか、1979年2月に娘が生まれて間もなく、弘田さんはこのT氏と別れて、日本に戻ってきました。

そうして、弘田さんは芸能界にカムバック…
それからは、二度と結婚することはありませんでした。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 森本毅郎…「8日で4人と密会」のスキャンダルにも動じず
  2. 沢田雅美…干された原因は橋田壽賀子?それとも赤松秀樹?
  3. 山村美智子(元ひょうきん族アナ)の番組降板事件
  4. 五社英雄(映画監督)はなぜ刺青を入れたのか?
  5. 内藤裕子アナウンサー…現在は事故・NHKを退局を経て「カレー大学院」?!

関連記事

  1. 1970年代

    ゴールデンハーフ…エバ・マリア・ルナの現在とは?

    全員がハーフ(という設定)の女性アイドルグルー…

  2. 1970年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1978年度)

    ディスコブームが到来し、ピンク・レディーの「U…

  3. 1970年代

    山本直純…無免許運転スキャンダルで1年8ヶ月の謹慎

    クラシックの作曲で指揮に加え「男はつらいよ」シ…

  4. 1970年代

    津川雅彦の娘・誘拐事件の結末と犯人T

    間もなく8月15日…この日は日本人なら誰もが知…

  5. 1970年代

    平尾昌晃…幼妻(小沢深雪)との結婚から離婚まで

    布施明さんの「霧の摩周湖」や小柳ルミ子さん「瀬…

  6. 1970年代

    今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで

    日本のボサ・ノヴァバンド…女性1人に男性4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 池田一真(しずる)の結婚相手は彼女と言われていた「大久保愛海…
  2. 賀来賢人と賀来千香子の関係図を書くとこんな感じになった件
  3. 牧瀬里穂…旦那・NIGOとの馴れ初めから結婚まで
  4. 可愛かずみ…プロ野球選手・川崎憲次郎のマンションで自殺する!…
  5. 松野大介…現在の活動と中山秀征との関係は?!
  6. 加賀まりこ…子供の死因は「前置胎盤」だった?!
  7. 伊丹十三…死因の真相は本当に写真週刊誌が原因だったのか?!
  8. 宅麻伸…賀来千香子との結婚で愛人(元カノ)の存在が発覚する?…
  9. 日高富明(TOMMY)…自殺(転落死)の真相とは?!
  10. 三宅健…モデルのプリシラをWiki風にプロフィール紹介してみ…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    葛城ユキ…事故の経緯と現在
  2. 1990年代

    真行寺君枝…金策のためにヘアヌード写真集を出す?!
  3. 2000年代

    スミス楓…彼氏は誰?浜田雅功に抱かれたって本当なの?!
  4. 1980年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1982年度)
  5. 1970年代

    小川ローザ…川合稔の事故死から現在まで
PAGE TOP