1970年代

和田アキ子…最初の結婚相手との離婚理由とは?





「私がかわいい女じゃなかったということ」…
こう言って、「和田アキ子」さん(当時27歳)は、体を震わせながらポロポロと大粒の涙をこぼしました。
1977年6月25日午後6時半、和田さんは所属するホリプロの事務所で、元マネジャーで会社社長の小林甫氏との離婚を発表したのです。

名前:和田アキ子(わだアキこ)
生年月日:1950年4月10日(67歳)
職業:歌手、タレント
所属:株式会社ホリプロ
出身:大阪府大阪市天王寺区舟橋町
学歴:城星学園高等学校(中退)




Sponsored Links
 

和田さんが、仲人を務めたホリプロの堀威夫社長を訪ねたのは、その2時間前…
夫婦の間では離婚の結論が出ていたのですが、和田さんは堀社長を前にするとなかなか切り出せませんでした。

20分ほど逡巡した末、「やっぱり離婚します。申し訳ありません」と振り絞るように言ったのです。
1976年10月9日に結婚式を挙げてから、わずか8カ月半後の離婚でした。

和田さんがデビューしたのは1968年10月…
“和製R&Bの女王”として注目されていましたが、最初のシングル「星空の孤独」はまったく売れなかったのです。

小林氏がマネジャーとなったのは2曲目「どしゃぶりの雨の中で」から…
和田さんをスターにしたい小林氏はテレビ局や出版社を駆けずり回りました。

同曲はヒットチャート上位に食い込み、和田さんはスターダムにのし上がります。
しかし、小林氏がどんどん仕事を取ってくるので、和田さんは音を上げ、最後はケンカ別れしいました。

1970年、小林氏は和田さんのマネジャーを降り、ホリプロを退社…
このまま2人の縁は切れてしまうはずでしたが、そうならなかったのです。

和田さんがたびたび小林氏に電話をかけ、悩みを打ち明けるようになったからです。
こうして2人は急接近し、互いに結婚を意識するようになっていきます。

1971年8月、2人は堀社長を訪ね、結婚の許可を求めました。
しかし、そのときは堀社長からは時期尚早と説得されたのですが、その後も交際は続きました。

出会いから起算すると8年間付き合ったことになりますが、それがなぜ結婚後わずか8カ月半で破綻してしまったのでしょうか。
理由は和田さん自身が打ち明けていますが、夫婦生活がほとんどなかったから…
人一倍、子どもが欲しかった和田さんはすごく悩んでいたのです。

和田さんは以前、理想の男性の条件として仕事にプライドを持っている、5歳以上年上、胸毛・髪の毛・ヒゲが伸びていないの3つを挙げていました。
小林氏はそれにピッタリだったのです。

一方、小林氏は和田さんをどう見ていたのか?…
歌う姿にほれ込みながらも、次第に女性として見ることができなくなっていったのではないでしょうか。

かつては歓迎していなかった堀社長だが、結婚の最終段階ではキューピットの役割を果たしています。
和田さんがなかなか結婚に踏み切ろうとしない小林氏にイラ立ち、それを見かねた堀社長が間に立ち、2人に話し合いをさせたのです。

和田さんを愛せる自信を失いかけていた小林氏が、堀社長を前にして断崖を一気に飛び越えたのです。
しかし、それ土壇場のいっときの情熱にすぎなかったのです。

その後、和田さんはテレビカメラマンの飯塚浩司氏と再婚…
目立った危機もなく、幸せな家庭を築いています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 木佐彩子…石井一久との馴れ初めから結婚に至るまで
  2. 光GENJI…解散理由は不仲説ではなかったのか?!
  3. 小林麻美…夫・田辺昭知社長と結婚後の現在はモデルに復帰していた?!
  4. 清原和博…母が難病!病名はアルツハイマーだけじゃなかった!?
  5. 夏菜…フライデーされた元彼氏 (サッカー選手・実業家etc)を発表?!

関連記事

  1. 1970年代

    ディックミネ…則子(4人目の妻)との馴れ初めと結婚

    1978年12月5日、都内のホテルで、10月に…

  2. 1970年代

    唐十郎…「紅テント」→「実弾発射」を経た現在は?

    2012年4月より明治大学客員教授に就任してい…

  3. 1970年代

    池上季実子…映画「ハウス」でヌードを披露する?!

    「映像の魔術師」と称された大林宣彦監督の劇場用…

  4. 1970年代

    大島渚…映画「愛のコリーダ」の公開と裁判

    1936年に起きた阿部定事件(あべさだじけん)…

  5. 1970年代

    さだまさし…相方の吉田正美と「グレープ」を解散する

    さだまさしさんがバイオリン、と吉田正美(現・吉…

  6. 1970年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1976年度)

    1976年は第12回インスブルックオリンピック…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. misonoの旦那Nosukeの「精巣がんによる胚細胞腫瘍」…
  2. 北村匠海…父親が北村一輝っていうのは完全にガセ?!
  3. 小宮孝泰…病気説が出ている理由は何なのか?!
  4. 宮尾俊太郎を検索するとなぜ「真矢みき」の名前が挙がるのか?
  5. 飯田覚士…星野敬太郎の元妻・美紀と不倫関係がヤバい?!
  6. 飯田覚士…現在はボクシング塾を経宮している?!
  7. 石田たくみの実家「メロン農家」は茨城のここ!?
  8. 竹内まなぶの実家「スーパータケウチ」は茨城のここ!?
  9. 小園凌央の弟・隼輝は成城大学卒業後は芸能界デビューする?!
  10. 辻岡義堂の実家はこのお寺だった?!その理由とは…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    石橋蓮司と緑魔子…子供の名前が「阿礼」になった理由とは?
  2. 2000年代

    椎木里佳の慶應女子高校の偏差値が高すぎる件!
  3. 2000年代

    伊吹吾郎…アイヌ民族説をガチで考察してみた件
  4. 1960年代

    小森和子…若い頃の驚くべき男性遍歴と武勇伝?!
  5. 1980年代

    奥村雄大…座頭市での事故を経て現在は110キロの巨漢に?!
PAGE TOP