1980年代

三遊亭小圓遊(四代目)…食道静脈瘤破裂が原因で死去する

キザな口調と仕草で人気を博した四代目・「三遊亭小圓遊」(さんゆうていこえんゆう)さん。
そんな小圓遊さんは、1980年10月5日の19時44分に食道静脈瘤破裂により亡くなっています。

「40代、50代はまだひよこ」と言われる落語界では、当時、先に林家三平さんが54才で他界、さらに43歳で小圓遊さんと、二人の人気噺家を失った衝撃に業界は打ちひしがれたのです。

三遊亭小圓遊

名前:四代目・三遊亭小圓遊(さんゆうていこえんゆう)
本名:関根尚雄(せきねひさお)
生年月日:1937年8月3日~1980年10月5日(享年43歳)
職業:落語家
所属:落語芸術協会
出身:群馬県前橋市
学歴:東京都立文京高等学校(中退)




Sponsored Links
 

三遊亭小圓遊さんは1980年10月4日、山形県・村山市民会館での「爆笑名人会」に出演のため、上野駅に向かっていました。
駅の食堂で朝食をとり、電車に乗ってからも同行した林家木久蔵さんやコミックバンド・バラクーダーのメンバーと冗談を言っていたと言います。

そうして昼項に村山市に着き、市民会館へ入りました。

気分が悪い…

そう洩らしたのは、楽屋で談笑していた時です。

小圓遊さんのマネージャーも、

そのうちに嘔吐したんです。出演を辞退したらと思ったのですが、師匠(小圓遊さん)は「山形まで来て、出ないのはお客様に失礼だ」と高座に立ったんです。

とコメント。

舞台に出た小圓遊さんは、立ち高座で漫談ふうな一席を5分ほど短縮しながらも大いに笑わせて降りて来ました。
二度目の吐血はその直後…
しかも大量でした。

すぐに救急車で北村山公立病院に運ぶ一方、東京の小圓遊さん宅にも急変が知らされます。
藤子夫人は急きょ車で、5日朝には病院に駆けつけました。

長男の一正さん(当時高校一年生)と長女の一未さん(当時中学一年生)は、10月5日夕方6時半に電車を利用して病院に到着。
家族が揃うのを待っていたかのように、小圓遊さんは息を引き取りました。

病名は食道静脈りゅう破裂。
肝臓疾患で起こる病気で、薬による治療も手術も難しい病気でした。

小圓遊さんの本名は関根尚雄。
群馬県前橋の生まれです。

1955年4月、三遊亭圓遊さんの一門に入り、金遊の名前でデビュー。
1958年9月に二ツ目に昇進し、1968年10月には真打ちとなり小円遊を名乗りました。

25年のつき合いがあり、CMにも共演していた故・桂歌丸さんは肩を落として、こう語っています。

二人で巡業に出て、少ないギャラを分け合って苦労した仲なんです。兄弟を亡くした寂しさに襲われます。最近、酒の量が増えたので「体には注意しろ」と言ってたんですが、こんなことになって残念で仕方がない…

小圓遊さんはキザが売りものでしたが、五代目・三遊亭圓楽さんは、

金遊時代は後年のイメージでは考えられないほど、サラッとした奴だった。

とも語り、

真打ちに昇進する前ですが、僕が笑点で売り出すと、「名前が世に出て、あにさんがうらやましい。俺は古典では人気が出ないし、新作をやろうと思うんだけど」と相談に来たことがあるんです。僕は馬鹿を言うな、「古典でやっていける」と言ってたんです。

とコメントしました。

キザで売り出したのは、笑点がスタートして3年目にレギュラー入りしてからのこと。
当時、「星の王子様」や「正義の味方」で名前を売った円楽さんが、「キザもいいとこで勝負してみたら?」とアドバイスしたことがきっかけで、一躍、売れっ子噺家になったのです。

普段は洋服で高座に出る時に和服に着替える噺家が多い中で、小圓遊さんの場合は公私を和服で通した芸人でした。
しかし、亡くなる7~8年前から、突然サファリルック(1960~70年代にかけて流行したファッション)を着るようになります。

理由は藤子夫人が元デザイナーで、小圓遊さん曰く、

かみさんが変わったら、趣味も変わるんです。

ということ。
藤子夫人とは再婚でしたが愛妻家でした。

また、山形に発つ前々日の2日、「子どもが好きだから」と、一正さんと一未さんを連れて洋画の試写会に行っています。
これが愛妻と子供たちへの最後のサービスでもありました。

円楽さんは、

三平さんと小円遊は楽屋で笑わせる双壁だった。仲間にもよく思われたかったのでしょうね。小心者だったけど、仲間の評価なんか気にしない僕なんかと違って、二人こそ本当の噺家じゃないかと思う。本当に残念です。

と語り、突然の訃報に絶句したのでした。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 安藤優子…3度の不倫報道と略奪婚について
  2. 一色紗英…事件レベルと言われる交通違反の内容とは?!
  3. ザ・タイガース…解散理由の知られざる真相とは?
  4. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  5. 月亭八方…若い頃に円形脱毛症になったことがある?!

関連記事

  1. 1980年代

    千昌夫…離婚慰謝料は「50億円」?!

    大ヒット曲「北国の春」で有名な「千昌夫」さん。かつておしどり夫…

  2. 1980年代

    生方恵一…紅白での「ミソラ発言」で豪邸を建てる?!

    毎年、年末が近付くと話題になるのがNH…

  3. 1980年代

    松田聖子…コンサート中に暴漢に襲われ怪我をする?!

    大阪府枚方市にTSUTAYAの1号店「蔦屋書店…

  4. 1980年代

    清水国明は三度目の正直で離婚した?!

    アウトドア愛好者として有名な「清水国明」さん。…

  5. 1980年代

    ビートたけし…元マネージャーが大麻所持で逮捕される?!

    お笑いタレントで映画監督、俳優でもある「ビ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    ASKA…覚醒剤逮捕から2018年現在の活動まで
  2. 1980年代

    石原真理子…プッツン女優の過去から現在までを振り返る
  3. 1980年代

    SALLY(バンド)…解散した理由は「アイドル性」が原因だった?!
  4. 1990年代

    ヒデとロザンナ…ヒデの死因とロザンナの現在とは?!
  5. 1990年代

    松本孝美…夫・岡本圭史との馴れ初めと結婚式
PAGE TOP