1970年代

南沙織と篠山紀信…馴れ初めから結婚に至るまでの経緯を暴露?!





沖縄が本土に復帰した1972年の前年に、母親と上京…
その3カ月後に出したデビューシングル「17才」が54万枚の大ヒットとなり、「南沙織」さんは一躍トップアイドルに駆け上がりました。

名前:南沙織(みなみさおり)
本名:篠山明美(しのやまさおり)
生年月日:1954年7月2日(63歳)
職業:アイドル歌手
レーベル:ソニー・ミュージックエンタテインメント
出身:沖縄県
学歴」上智大学




Sponsored Links
 

南さんの活動期間はわずか7年でした。
人気が萎えたわけでもないのに、1978年10月7日のサヨナラコンサートを最後に引退してしまったのです。

理由は「学業に専念するため」…
その年、南さんは上智天学に進学していました。

しかし、それだけではなかったのです。
写真家の「篠山紀信」さんと結婚を前提とした交際が始まっていたからでした。

後に篠山さんが語ったところによると、 付き合い出したのは南さんの引退後だといいます。
ただし、具体的な行動はとらなかったにしても、その前から2人がすでに相思相愛の関係にあったのは間違いないでしょう。

デビュー翌年から篠山さんは南さんのレコードのジャケット写真を撮るようになって、シングル20枚とアルバム25枚を手がけました。
会うたび2人の気持ちは接近していったのです。
その間、篠山さんはモデルだった前夫人とも離婚しています。

南さんが引退すると交際は一気に進み、サヨナラ公演の2週間後には欧州で落ち合っています。
この密会は女性誌にキャッチされました。

また、南さんは帰国するとすぐに篠山さんの自宅で同居を始めます…
そこから上智大にも通っていたのでした。

こうして水面下では結婚の準備が着々と進行…
そして1979年6月4日、2人は極秘のうちに式を挙げます。
篠山は38歳、南が24歳のときでした。

場所は東京・芝にあるレストラン内の教会…
この場所は新婦のたっての希望でした。
南はデビュー直後にこの教会で撮影をしており、「式を挙げるならここ」と決めていたのです。

当日、参列したのは2人の他に立会人夫婦、双方の家族、知人など総勢30人…
マスコミはおろか芸能関係者の姿もありませんでした。
それらに近い人は篠山さんが記念撮影を依頼したカメラマン仲間の沢渡朔(さわたりはじめ)さん一人だけだったのです。

それにしてもなぜ、事前に情報が漏れなかったのか?…
出席者に箝口令(かんこうれい)を敷いただけでなく、細部にまで慎重を期していました。

式場を予約したのはその2カ月前…
篠山さんの女性マネジャーと知人の男性の名前が使われ、本当の新郎新婦の名前は伏せられました。
レストラン側も篠山さんと南さんと知ったのは当日の朝だったといいます。

公にしなかったのは南さんが、シンシア(Cynthia 月の女神、蟹座の守護神の意)の洗礼名を持つ敬虔なカトリック信者で、結婚式を神聖なものと考えており、芸能マスコミに荒らされたくなかったからではないかと言われています。

ちなみに南さんは両親ともに日本人…
ただ、母親の再婚相手(義父)がフィリピン人であったことでハーフであると誤解されている人も多いかと思います。

さて、結婚式を行った翌年2月には長男が誕生…
逆算すると、式の当日にはすでに南のお腹には新しい命が宿っていたことになります。

妊娠2ヶ月目に入った頃でデキ婚でもあったのです…
また二男は俳優でタレントでもある篠山輝信さんになります。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 賀来賢人と賀来千香子の関係図を書くとこんな感じになった件
  2. 藪恵壹…娘(夏那子)の韓国アイドルデビュー応援する?!
  3. 内藤裕子アナウンサー…現在は事故・NHKを退局を経て「カレー大学院」?!
  4. 中井美穂と古田敦也の馴れ初めと結婚まで
  5. 安枝瞳とピコ太郎(古坂大魔王)の馴れ初めは「カツアゲ」?!

関連記事

  1. 1970年代

    和田アキ子…最初の結婚相手との離婚理由とは?

    「私がかわいい女じゃなかったということ」……

  2. 1970年代

    小川ローザ…川合稔の事故死から現在まで

    1969年放送の丸善石油のCM「60H!モーレ…

  3. 1970年代

    ディックミネ…則子(4人目の妻)との馴れ初めと結婚

    1978年12月5日、都内のホテルで、10月に…

  4. 1970年代

    ちあきなおみ…現在も夫・郷鍈治(ごうえいじ)との死別により活動休止

    圧倒的な歌唱力で幅広い楽曲を歌いこなした「ちあ…

  5. 1970年代

    せんだみつお…ゲームのようにはいかない人生と現在

    1970年代に一世風靡したコメディアンの一人が…

  6. 1970年代

    中島知子は天然痘にかかった日本最後の被害者?!

    2005年頃から女性占い師との同棲で何かと話題…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 和泉元彌…子供の学校をまとめると2019年はこうなる?!
  2. 石黒賢…父親でテニスプレーヤー「石黒修」がデビューのきっかけ…
  3. 浅村栄斗(楽天)…結婚相手と噂される彼女は「淡輪ゆき」だった…
  4. 春日俊彰(オードリー)…結婚相手とされる彼女Kのインスタを発…
  5. 安倍里葎子…橋幸夫との「今夜は離さない」を30年振りに歌う
  6. 芋洗坂係長…門司で店主を務める「二代目 清美食堂」は○○の発…
  7. 平尾昌晃…拳銃不法所持で逮捕された真相とは?!
  8. ドリーミングの寺田千代・嘉代は1963年1月8日生まれ?
  9. 神田松之丞…嫁が「食パン」ってどういうことなの?
  10. 橋幸夫…軍刀(サーベル)を持った男に切りつけられる?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    上原さくら…元旦那と泥沼離婚を経て現在は「東海大」の大学生?!
  2. 2000年代

    片付けのこんまり(近藤麻理恵)…年齢や出身高校は絶対に秘密?!
  3. 1970年代

    浅田美代子と吉田拓郎…馴れ初めと森下愛子との関係とは?
  4. 1970年代

    石田純一…元妻といしだ壱成との関係がちょっといい話?!
  5. 2000年代

    峯田和伸(銀杏BOYZ)が実家「峯田電器」を継がなかった理由とは?
PAGE TOP