1970年代

大信田礼子…都倉俊一との馴れ初めから結婚・離婚まで

1978年1月14日…
シンガーソングライターで作曲家の「都倉俊一」さん(当時29歳)は、渋谷区役所広尾支所を訪れて離婚届を提出しました。

妻の「大信田礼子」さん(当時29歳)が家を出て3ヶ月半…
離婚に向けた話し合いはドロ沼化する様相でしたが、前日あっさり決着し、2人は離婚届に署名捺印したのです。

名前:大信田礼子(おおしだれいこ)
生年月日:1948年9月15日(69歳)
職業:女優、歌手
出身:京都府京都市
学歴:駒沢学園女子高校




Sponsored Links
 

1973年、都倉さんが作曲した「同棲時代」を大信田さんが歌い、2人は急接近…
噂が出た時、宣伝用のロマンスとみる向きもあったのですが、恋を成就させ、同年8月、婚約を発表したのです。

結婚式は1974年1月、都倉さんの父が大使を務めるハンガリーのブダペストで行われました。
レセプションには各国の大使や政府高官が数多く列席…
感激で目を腫らした大信田さんは一人一人に覚えたてのドイツ語で、「ダンケ・シェーン(ありがとう)」と挨拶したのです。

実は大信田さんが結婚を意識した相手は都倉さんが最初ではありませんでした。
1969年1月には阪神タイガース在籍の江夏豊投手と婚約していたのです。

大信田さんの大ファンだった江夏さんが猛アタックしたのです。
しかし、この恋は長くは続来ませんでした。

同年、シーズンが始まると、江夏さんは左肩痛で絶不調…
在阪のマスコミは「乱調は大信田との恋が原因」と書きたて、ファンは「色ボケ」と江夏さんをこき下ろしたのです。
5月下旬、2人は話し合った末、婚約を解消しました。

それから4年後、都倉さんからプロポーズされた大信田さんは最初、躊躇していたのです。
理由は江夏さんとの破局のトラウマだけではありませんでした。

音楽界の貴公子と呼ばれていた都倉さんは女性にモテたのです。
しかし、手帳に女性の電話番号がいっぱい書いてあるからイヤだと大信田さんが結婚を断ると、都倉さんはその場で手帳を破って暖炉に投げ入れました。
それに感激して、大信田さんは思わずOKしたのです。

こうして結婚し芸能界を引退した大信田さんでしたが、間もなく後悔し始めます…
都倉さんが女性にモテるというのが原因ではありませんでした。

お坊ちゃんの都倉さんは人の気持ちの機微がわからず、相手が傷つくことを平気で口にして亀裂が深まっていったからです…
たとえば1976年夏、大信田さんの知り合いが自宅に遊びに来た時のことでした。

帰り際に、都倉さんはその女性に向かって「もう二度と来ないで」と言ったのです。
自宅では大信田さんと2人だけでいたいという本音をそのまま漏らしてしまったのでした。

そうしたことが重なり1977年9月末…
大信田さんはついに渋谷の自宅を飛び出したのです。

都倉さんはまだ修復がきくと思っていたのですが、大信田さんの決意は変わりませんでした。
双方が弁護士を立て、離婚に向けた話し合いがスタートしたのです。

当初、慰謝料の開きが大きく、弁護士同士ではなかなか進展しなかったのです。
そこで大信田さんは都倉さんと2人だけで会うことを提案してその日に全て解決しました。

慰謝料は3000万円…
当時の都倉さんはピンク・レディーのヒット曲のほとんどを手がけていました。
日本一の売れっ子作曲家が支払う額としては少ないような気もしますが、大信田さんはなんとかして早く別れたかったのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 日野皓正…娘の逮捕は無視でも中学生にビンタ指導はする人物?!
  2. 三宅アナ…息子はナイナイのマネージャーになっていた件
  3. 岡村孝子…石井浩郎との馴れ初めから離婚まで
  4. 長野美郷…結婚相手の一般男性は「ゴールドマンサックス」のあの人?
  5. 「加勢大周」は都内でバーテンダー・「新加勢大周」はパーソナルジム

関連記事

  1. 1970年代

    中条きよし…隠し子騒動に「うそ」は言えない?!

    端正な顔立ちで女性に絶大な人気を誇っていた「中条きよし」さん(当時31…

  2. 1970年代

    伊藤咲子…城みちるとの恋愛騒動と別れ秘話

    1979年3月16日の昼下がり、東京・溜池にあるレコード会社の一室で会…

  3. 1970年代

    イワイガワ・ジョニ男のタモリがキレた話に仰天!

    浅井企画所属のお笑いコンビ「イワイガワ」の岩井ジョニ男さんをご存知でし…

  4. 1970年代

    大谷直子…離婚と病気を乗り越えた人生

    女優の大谷直子さん(当時28歳)と俳優の清水紘治(当時34歳)が婚約会…

  5. 1970年代

    弘田三枝子…不倫相手の妻に刺されても懲りずに不倫

    1977年1月25日午前6時を少し回ったばかりのこと…まだ薄暗い中…

  6. 1970年代

    千葉真一と野際陽子…馴れ初めと離婚理由は何だったのか?

    ハリウッドでサニー千葉の名で活躍する「千葉真一」さん。姑や女上司を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 林由美香…急逝の原因は何だったのか?!
  2. 安藤美姫…コーチで恋人とされたニコライ・モロゾフとの関係
  3. 長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1982年度)
  4. 和田勉…セクハラ騒動を起こして表舞台から消えていた?!
  5. 長者番付からわかる芸能人の年収(1980年度)
  6. 長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1978年度)
  7. 長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1977年度)
  8. たこ八郎…死因とあき竹城の最後の言葉
  9. 小森和子…若い頃の驚くべき男性遍歴と武勇伝?!
  10. 菊池桃子…元旦那「西川哲」との馴れ初めから離婚まで
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    吉村明宏…現在の活動と干された理由を振り返ってみる?!
  2. 2000年代

    清原和博の元彼女(愛人)はリッツクラブの雇われママ!
  3. 2000年代

    森咲智美…年齢25歳グラビアアイドルと中村昌也の馴れ初めとは?
  4. 1970年代

    小川ローザ…川合稔の事故死から現在まで
  5. 1960年代

    八千草薫…結婚式で語られた夫の言葉
PAGE TOP