1970年代

森山良子…一人目の夫Aとの馴れ初めから離婚まで





1975年3月11日は、森山良子さん(当時27歳)と最初の夫A(当時28歳)が正式に離婚した日でもありました。
森山さんが静岡県浜松市のAの実家を飛び出してから4年近くがたっていました。

名前:森山良子(もりやまりょうこ)
生年月日:1948年1月18日(70歳)
職業:歌手、女優
出身:東京都
学歴:成城学園高等学校




Sponsored Links
 

2人の出会いは1969年4月…
浜松で開かれていた森山良子ショーで知り合いました。

当時、Aは上智大理工学部に在学中…
まもなく恋に落ち、1970年4月婚約したのです。

1971年1月にはハワイで結婚式を挙げるのですが、すぐには入籍しませんでした。
すでに、この時点で2人の間で齟齬(そご)が生まれていたのです。

同年5月20日、やっと婚姻届を提出…
森山さんの懐妊がわかったからでした。

けれども半月後の6月6日、森山さんは身の回りの物だけ持って浜松を出て東京・代々木の両親のもとへ帰ってしまいます。
そして12月5日、森山さんはひとりで女の子を産んだのでした。
この女の子こそ、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明さんと結婚した元ミュージシャンの森山奈歩さんです。

それにしても、なぜ森山さんは思い切った行動に出たのでしょうか?…
その理由は、いつまでも大人になりきれない夫に、森山さんが愛想を尽かしたからでした。
Aはあまりにもワガママで独占欲が強かったのです。

Aは、実家が地元・浜松で鉄工所を営む、いわゆる跡取り息子…
社長を務める父親は自らは軽自動車に乗りながら、息子にはスカイライン2000GT、トヨタ2000GT、フェアレディZなどスポーツカーを次々に買い与えていました。
典型的なボンボンだったのです。

離婚を求められてもAは頑として応じませんでした…
一方、森山さんの意志も固く、「一人娘に会いたい」というAの要求を拒み続けたのです。

間に人が立ち、ようやく話し合いの場が持たれたのは1974年7月末…
森山さんは「娘に会いたい」というAの要望を聞き入れて8月末、奈歩さんと一緒に浜松を訪れました。

初めて長女を抱き、Aのかたくなな気持ちもほぐれ、その後は離婚に向けた話し合いにも応じるようになっていきます。
その後、Aが腎臓を患い入院したこともあって、離婚成立は翌年3月まで延びましたが、その間は特にトラブルはなく、淡々と協議が進められていきました。

離婚から半年後の9月に、森山さんは音楽ディレクターのジェームス滝(本名:相良直嗣)さんと再婚します。
ジェームス滝さんと言えば、以前は滝良二の芸名で活動していた歌手で一時期、森山さんのマネジャーを務めていました。

結婚記者会見で森山さんは次のように語っています。
「前夫と別居していた4年間、人のことを好きになっちゃいけないと、無意識に自分を規制していた。でも、気持ちを抑えることができず、離婚が決まらないうちに再婚を考えるようになってしまった。離婚が決まった時は本当に感無量でした」と。

再婚した翌年の4月23日、森山さんは男の子を出産しました。
それこそ歌手として活躍する森山直太朗さんだったのです。

会見で「今度こそ死ぬまで一緒に頑張りたい」と語っていた森山さんでしたが、結局、ジェームス滝さんとも離婚…
男運にはあまり恵まれませんでした。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 高沢悠子…高校は「仙台北」それとも「仙台南」?!
  2. 間寛平…アメマ裁判でも笑いをとる?!
  3. たかまつなな…父親は創価学会ではない?!実家(高松家)の驚くべき家系
  4. 元祖・沖縄バラドル「早坂好恵」のデビューから現在まで
  5. 角盈男の息子(長男・次男)…現在は二人とも監督?!

関連記事

  1. 1970年代

    荒井注…ドリフ脱退理由は何だったのか?!

    ドリフでの呼び名は「ハゲ」や「ハゲ注」…ザ…

  2. 1970年代

    三船敏郎…介護は喜多川美佳でなく元妻・吉峰幸子がしていた?!

    多くの日本人に、「日本を代表する俳優といえば?…

  3. 1970年代

    岩城滉一のバイク・車好きは「クールス」時代の影響?!

    デビュー前は舘さんがリーダーの原宿・表参道を拠…

  4. 1970年代

    森進一…母(尚子)の死とストーカー裁判の判決とは?

    歌手としては名曲「おふくろさん」や「襟裳岬」な…

  5. 1970年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1975年度)

    第二次ベビーブームで、「シクラメンのかほり」(…

  6. 1970年代

    辰吉丈一郎…子供の頃に宇宙人に出会って強くなった?!

    第50代日本バンタム級、第18代・第24代WB…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    池上季実子…映画「ハウス」でヌードを披露する?!
  2. 2000年代

    かとうれいこ…活動休止の裏側と現在
  3. 1990年代

    マリアン…母親の事故死の原因とは何だったのか?!
  4. 1990年代

    新藤恵美…最近見ないと思ったら「PUB Vega」でママ業をやってた?!
  5. 1990年代

    泉ピン子と夫・武本憲重の隠し子問題の真相から現在の様子は?
PAGE TOP