1980年代

丸山由美(江上由美)…夫・貴也とバレーボール選手らしい結婚式を挙げる?!




 

元・バレーボール選手の「丸山由美」さん。
1984年のロサンゼルスオリンピックで銅メダルに輝き、さらにこの年には日本リーグ105試合出場を達成し、日本リーグ出場記録を更新しています。

そんな丸山由美さん、プライベートでは4歳年下で日立のコーチをしていた丸山貴也さんと結婚しています。
果たして、2人の結婚式とはどのようなものだったのでしょうか。

名前:丸山由美(まるやまゆみ)
旧姓:江上由美(えがみゆみ)
生年月日:1957年11月30日(61歳)
職業:バレーボール指導者
出身:東京都
学歴:松蔭高等学校

丸山由美(旧姓:江上由美)さんと言えば、1984年のロサンゼルスオリンピックでは、日本に銅メダルをもたらした全日本チームのキャプテンです。
しかし、オリンピック終了後は惜しまれながら現役を引退し、コーチになっていました。

その現役引退パーティーの時に、意気投合したのが、4歳年下のコーチの丸山貴也(まるやまたかなり)さんです。
以後、二人は付き合いが始まり、見事に結婚までゴールインしました。

結婚式の日は1986年3月15日、新婦の由美さん(当時28歳)は、高島田(たかしまだ)に綿帽子(わたぼうし)、白無垢(しろむく)の打掛(うちかけ)という純日本風の結婚式を挙げました。

ただ、由美さんの身長は175センチもあり、カツラをつけると185センチ。
「一番薄いものを選んだ」という、底が3~4センチの草履(ぞうり)を履くと、190センチ近い花嫁になりました。

新郎の丸山さん(当時24歳)は、紋付(もんつき)の羽織り袴で同じく純日本風。
179センチの長身でしたが、この日ばかりは、花嫁に身長で差をつけられ、由美さんを見上げる形になりました。

由美さんはその後、披露宴では赤を基調とした色打掛(いろうちかけ)、お色直しには、目のさめるようなピンクのイブニングドレスを着て、コートとは全く違う女らしさを見せつけたのです。
一方の丸山さんも今度は白のモーニングで、由美さんをエスコートしていました。

ちなみにホテルの衣装部では、 色打掛も白ムクも、規定サイズよりが50センチも長いものを特別注文で作って貸し出したそうです。
それほど、当時としては珍しい高身長カップルだったのです。

この日の出席者は、先輩、友人、恩師などなど。
披露宴では絶対に泣かないと心に決めていた由美さんでしたが、友人のスピーチや、彼女と共に2本柱と言われた三屋裕子(みつやゆうこ)さん(当時:学習院大学の助手)が歌う「乾杯」を聴いた時には、思わず涙ぐんでしまいました。

とても幸せそう。丸山さんは年下という感じがなくて、彼女も頼りきってますからね。私も焦らなければいけないけど、ここまでくれば悟りの境地です。

こう語っていた由美さんより1つ年上の三屋さん。
拳式で由美さんが持っていた花束を投げると、「今度は私の番よ!」とバレーボール選手の身体能力を大いに活かして受け取ったという場面もありました。

インタビューに答えた2人は、「子供は何人欲しいか?」と聞かれて、丸山さんが、「男の子ばかり3人だね」と答えると、由美さんが、「女2人と男1人がいいわ」とコメントしています。
お互いに「ユミ」、「マル」と呼び合っていることも明かしました。

その後、2人の間にが由美さんの思惑が的中したのか、娘2人が生まれています。
特に1991年12月23日に生まれた次女の丸山紗季さんは、両親と姉の影響を受けてバレーボールを始め、現在は富山県黒部市を本拠地とする女子バレーボールクラブチーム「KUROBEアクアフェアリーズ」に所属しています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 竹内まなぶの実家「スーパータケウチ」は茨城のここ!?
  2. 清原和博…父親・母親・祖父母の話にちょっと感動してしまう件
  3. 勝新太郎…「影武者」降板の原因は何だったのか?!
  4. 大野愛友佳…グループ脱退理由はこの3つだったの?!
  5. ちあきなおみ…現在も夫・郷鍈治(ごうえいじ)との死別により活動休止

関連記事

  1. 1980年代

    岡田有希子…遺書から明らかになった自殺の真相とは?!

    1986年4月、18歳の人気アイドルの「岡田有…

  2. 1980年代

    沖雅也…死因(自殺)の原因は「うつ病」だったのか?!

    1983年6月、東京は新宿の高層ビルで若手スタ…

  3. 1980年代

    永井真理子は現在もずっとミュージシャンとして活動中!

    1980年代後半から1990年代前半にかけて活…

  4. 1980年代

    東野英治郎…30年の別居の末に息子の承諾なしに再婚する!?

    「人生楽あれば苦あり」…独特の高笑いの黄門…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 草刈正雄…嫁・大塚悦子との馴れ初めから結婚までを振り返る
  2. 水谷豊…伊藤蘭との馴れ初めと結婚式の様子を振り返る
  3. 宮崎緑…夫・椿康雄との結婚から離婚までを振り返る
  4. ナオミ・グレース…夫・松下進と福生市に住み続ける理由とは?
  5. ヒロシ&キーボー…キーボー逮捕の原因「介護疲れ」って本当なの…
  6. 田原俊彦…昔、紅白出場をドタキャンしたことがある?!
  7. 森進一と森昌子…息子が生まれる前年の年末・年始
  8. 高樹澪…元夫・田中博信との結婚秘話や馴れ初めとは?
  9. 森進一…緑内障を患い失明の危機に陥ったことがあった?!
  10. 諸星和己…若い頃に胸骨骨折の状態でコンサートに出たことがある…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1960年代

    山本富士子が映画に出なくなった理由に衝撃?!
  2. 1990年代

    森脇和成…「消えた」と言われながらも舞台で活躍していた?!
  3. 1990年代

    吉村明宏…現在の活動と干された理由を振り返ってみる?!
  4. 1990年代

    渡瀬恒彦…伊豆の12億のペンションに雷が落ちる?!
  5. 2000年代

    金村義明…息子がキャディを始めたワケとは一体?!
PAGE TOP